WhatsAppバックアップが復元できない時の対処法

WhatsAppバックアップが復元できない場合、どうすればいいですか?この記事はWhatsAppバックアップが復元できない時の対策をまとめてご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月10日

WhatsAppを知っていますよね。WhatsAppは大人気なチャットアプリで、現在の利用者は世界中で10億人を超えます。

すごく使いやすいアプリですが、最近WhatsAppバックアップ機能が時々利用できないということをよく耳にします。WhatsAppのバックアップ機能を利用しても復元することができなくなってしまいます。こちらの原因はいくつかあります。例えば、ネットワークの接続とか、アプリやスマホのバージョンとかです。さぞこの件でたくさんの方が困っているのでしょう。

今日はWhatsAppのバックアップが復元できない時の解決方法を詳しく皆さんに紹介していきたいと思います。

一、iPhone/Androidの場合

1、iPhone/Androidスマホを再起動する

スマホを再起動するを通じ、バックグラウンドで実行されているアプリが全部閉じられるほかに、デバイスが自動的に更新されます。

スマホを再起動する方法:

1.具体的な携帯をオフにする手順はスマホによって異なりますが、一般的には電源ボタンを長く押す/音量ボタン(アップかダウン)と電源ボタンを同時に長く押すことです。

2.数秒後、電源ボタンを押し続けて再起動します

2、WhatsAppを再起動する

アプリを画面から閉じても、実はまだバックグラウンドでアクティブしています。もし、この状態が長く続けると、時々アプリの反応が遅くなってアカウントと同期できない可能性があります。なので、WhatsAppのバックアップ 機能が同期できないなら、再起動する必要があるかもしれません。

WhatsAppを再起動する方法:

ホームボタンをダブルクリックし、バックグラウンドに開いているアクティブプログラムが表示されます。WhatsAppを上にスワイプしてから再起動してください。

写真元: apeaksoft.com - WhatsAppを再起動する

写真元: apeaksoft.com – WhatsAppを再起動する

3、WhatsApp及びスマホバージョンを最新版に更新する

WhatsApp及びスマホバージョンを最新版に更新されたら、バックアップとか、バグが修正されたり、役に立つ新機能が提供されたりする可能性があります。まず、WhatsApp及びスマホバージョンをチェックし、最新版ではないなら更新してください。

WhatsAppの更新方法:

1.アプリストアを開き、右上にご自身のアカウントが表示されます。それをタップしてください。

2.それで、画面の下方、更新するアプリが全部リストされます。WhatsAppがあれば、右側の「更新」タップしてください。

スマホバージョンの更新方法:

これもスマホによって異なります。一般的には、ホーム画面より「設定」を開き、「一般」をタップし、「ソフトウェア・アップデート」ををタップし、「更新」を選択します。

4、ネットワーク接続を確認する

ネットワークの接続が不安定でしたらWhatsAppバックアップ の故障が出てくる可能性もありますね。

操作方法:

1.ホーム画面より「設定」を開いてから、「一般」をタップしてください。

2.画面の下方にある「リセット」をタップします。

3.それで、「ネットワーク設定をリセット」をタップしてみてください。

二、iPhoneの場合

iCloudを再ログインする

iPhoneがiCloudアカウント情報との関連付けが失敗するのが原因で、iCloudアカウントも利用できなくなってしまいます。このような状況が発生したら、もう一度iCloudをログインしてみてください。下記の対処法をご参考ください。

1.ホーム画面より「設定」を開き、一番上にあるアカウント名をタップしてください。

2.それで、ページの下方「サインアウト」をクリックしてください。

3.もう一度サインインできます。

iCloudを再ログインする

iCloudを再ログインする

三、Androidの場合

PhoneRescue for Androidを利用する

Androidのデータ復元なら、専門家のデータ復元ツール—「PhoneRescue for Android」をおすすめします。Apple認定開発者によって作られたこの復元ツールは世界最新復元技術を採用して、Androidデバイスからなくなったファイルを簡単にスキャンして復旧できます。

PhoneRescue for Androidはいろいろな優れた点があります:

  • 簡単:3ステップだけで紛失したデータを復元
  • 全般:Androidスマホやタブレット全般に対応
  • 全面:メッセージ、画像、トーク履歴などの多種なるデータの復元に注力
  • 柔軟性:二つのスキャンモードがあり、端末がルート化されているかいないかにかかわらず、最適なソリューションを提供

以下で、具体的な操作手順を教えます。

Step 1:PhoneRescue for Androidをインストール&起動します

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2:お使いのスマホをパソコンに接続して、復元したいファイルを選択して、ここでは「WhatsApp」を選択して、「次へ」をクリックします。

復元したいファイルを選択

復元したいファイルを選択

Step 3:できるだけ復元するため、Androidデバイスをルート化する必要があります。

デバイスをルート化

デバイスをルート化

ルート化しない場合、Androidデバイス上の既存しているデータだけを表示&バックアップできます。

デバイスのルートに不明な点がございましたら、こちらのガイドをご参考ください:AndroidデバイスをRoot化する>

Step 4:スキャン結果画面で、「WhatsApp」を選択します。そして、右下のデバイスかパソコンに移す選択肢を選択します。

「WhatsApp」を選択

「WhatsApp」を選択

Step 5:このような画面が表示されたら、成功に復元するようになります。

復元完了

- PhoneRescue for Androidは有料ソフトですが、なくなったデータをスキャン&プレビュするのが無料です。Androidからデータを復元する際、PhoneRescue for Androidでそのデータをスキャンして復元できるかを確認してから購入することを強くおすすめします。

- 現在、PhoneRescue for AndroidはGoogle、SAMAUNG、SONY、htc、HUAWEI、LG、MOTOROLAを含めて、すべてのブランドのAndroidデバイスに対応しています。

まとめ

機能していないWhatsAppバックアップを修正する方法はたくさんあります。今回紹介した方法、ご参考にしてください。自分の必要によって、適当な方法を選択して使ってみてください。もしこの記事がお役に立ってれば、TwitterやFacebookにシェアしてくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン