Androidのスマホ本体からアプリをSDカードに移す方法を解説

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Androidスマートフォン本体の容量不足を解消するためにアプリをSDカードに移動させたいと思っている方は多いと思います。移動は難しくありませんが、色々とリスクを伴うことも覚えておきましょう。この記事では、リスクを交えながらアプリを移動させる方法をご説明します。

最終更新日:2019年10月28日

Androidスマートフォン本体の容量が不足してきて、写真や動画は写したがそれでも足りない場合、残るはアプリのみになるかと思います。とはいえ、その方法がわからないという方のために、その方法をご説明していきます。リスクもはらんでいますので、しっかりと理解して実行してください。

Androidスマートフォン本体からSDカードにアプリを移動させるリスク

スマートフォン本体に保存されているデータ容量が少なくなることで、写真などを保存することができるようになることはメリットとしてあるのですが、安易にアプリのSD移動を行わない方がいい場合もあります。

基本的に、Androidスマートフォン本体で動作させることを念頭において、アプリは開発されています。

ところがそのアプリをSDカードに移動させることで、開発者サイドでは想定していなかったことが起こりうるということです。

ですので、しっかりとリスクを理解した上で、納得して行うようにしましょう。

ではどのようなリスクがあるのか、ご説明します。

移動させたアプリの動作が遅くなる

Androidスマートフォン本体より、SDカードの方が、処理能力が低いため、動作が遅くなります。SDカードへの移動前はサクサク動いていたのに、突然動きが重くなった…!という場合は、これが原因です。これはSDカードの処理能力の問題なので、どうしようもありません。

ウィジェットが使用できなくなる可能性がある

お天気情報や時計、ニュースなどをアプリを開かなくてもホーム画面で確認できるようにする便利なウィジェットですが、アプリがSDカードになればこれが機能しなくなる可能性があります。あくまで「可能性がある」ということなので、動く場合もあると思いますが、基本的には動かなくなると思っておいたほうがいいでしょう。

もしウィジェットを活用されている方は、ウィジェット連携しないアプリのみをSDカードに移動させるか、そもそも移動させないという方法を取るしかありません。

アプリのデータが消える場合がある

Androidスマートフォン本体からSDカードヘデータを移動させるわけですから、この処理の途中で何か予期せぬことが起こった場合は、最悪データが消えてしまうことが考えられます。予期せぬこととは、SDカードに移動したつもりがうまく移動できていなかったり、移動の途中で読み取りに失敗していたりと様々なことが考えられます。

データを動かすということは、そのようなリスクをはらんでいるということを理解しておきましょう。

アプリを移動させる前にバックアップを取ること

Androidスマートフォン本体からSDカードにアプリを動かす前に、バックアップをしっかり取っておきましょう。

そうすることで、最悪アプリが消えてしまったり、動作がおかしくなったとしても、SDカードへの移動前の状態に戻すことができます。
念には念を。

何回も行なっているからといって過信せず、バックアップはしっかり取っておきましょう。

Androidスマートフォン本体からアプリをSDカードに移動させる手順

では実際に、Androidスマートフォン本体からSDカードにアプリを動していきましょう。この処理には時間がかかることがありますので、時間的に余裕があるときに行うようにしてください。

アプリの移動中に他の操作をしたり、充電がなくなったりすると、アプリが起動できなくなる可能性が格段に上がってしまいます。

では手順をご説明します。

・『設定』をタップ

写真元:appli-world.jp - 『設定』をタップ

写真元:appli-world.jp – 『設定』をタップ

・『アプリケーション』から『アプリケーションを管理』をタップ

写真元:appli-world.jp - 『アプリケーションを管理』をタップ

写真元:appli-world.jp – 『アプリケーションを管理』をタップ

・表示されたアプリ一覧から移動させたいアプリをタップ

写真元:appli-world.jp - 移動させたいアプリをタップ

写真元:appli-world.jp – 移動させたいアプリをタップ

・アプリデータの情報の中からストレージの『変更』をタップ

写真元:appli-world.jp - ストレージの『変更』をタップ

写真元:appli-world.jp – ストレージの『変更』をタップ

ここで『SDカードに移動』ボタンをタップすれば、SDカードへアプリが移動されます。これでアプリの移動は完了ですので、ここまで終わったら、実際に移動させたアプリが正常に動作するかを、必ず確認してください。

前述の通り、アプリの移動によって予期せぬ問題が発生して正常に移動できていない可能性があります。もし問題があれば、バックアップを復元するようにしてください。

移動できないアプリもある

AndroidスマートフォンからSDカードヘ移動は、全てのアプリが対応しているわけではありません。こればかりは、アプリ側の開発者によるため、上述の手順で移動できない場合は、その可能性もあります。アプリ自体が移動可能かどうかを確認するようにしましょう。

動作がおかしい場合はスマートフォンを再起動してみる

移動はうまくいったのに何故かアプリの動きがおかしいという場合、もしかしたら再起動によって回復するかもしれません。一旦スマートフォンを再起動することで、読み込む場所の再構築などが本体の中で行われるため、リフレッシュして読み込める場合があるのです。これでもダメならバックアップの復元しかありません。

結論:リスクを理解した上でアプリの移動を行う

アプリ移動の手順は難しいものではありません。

しかし、アプリの開発者は本体からSDカードからアプリを移動させることを想定していません。そのため、色々と問題が発生する可能性を理解して、リスクを承知で行うようにしてください。

もしうまくいけば、スマートフォン本体の容量も節約できます。

容量不足でお困りの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for Android

Android端末のデータ転送・管理・バックアップはここで全部できる!

今すぐ無料おためし