PCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

Googleドキュメントを活用するために、本記事を参考にしてください。

最終更新日:2018年08月29日

PCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方

PCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方

GoogleドキュメントはGoogle の文書・表計算・プレゼンテーション作成無料なアプリケーションです。Google ドキュメント アプリを使うと、Android 搭載スマートフォンやタブレットでドキュメントの作成や編集ができるほか、他のユーザーと共同編集することもできます。

本記事はGoogleドキュメントを活用するために基本的な操作を説明します。ご参考になれば幸いです。

PCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方

Part1:ドキュメントを作成する

方法一 docs.google.comで[新しいドキュメントを作成] します。

Googleドキュメントを作成する

Googleドキュメントを作成する

方法二:docs.google.com/create から新規ドキュメントを作成できます。

Part2:編集と書式設定を行う/アイテムの挿入する

編集画面の上で機能ボタンをクリックして現れたプルダウンメニューで操作を行います。

編集と書式設定を行う/アイテムの挿入する

編集と書式設定を行う/アイテムの挿入する

Part3:印刷とページ設定を変更する

ファイル > 「ページを設定…」/「印刷」を選択してください。

印刷とページ設定を変更する

印刷とページ設定を変更する

Part4:ファイルを公開する

ファイル > 「ウェブに公開…」をクリック > 公開リングを作成します。

ファイルを公開する

ファイルを公開する

Part5:ファイルを共有する

右上の「共有」ボタンをクリック > 「相手のメードレス」を入力/「共有可能なリングを取得」をクリックして詳細な設定を行います。

ファイルを共有する

ファイルを共有する

複数なクラウドストレージを一体に管理できる無料ソフト-AnyTrans for Cloud

Googleドキュメントで編集出来たファイルはGoogle Driveに保存出来ますね。

ここではGoogle Driveを始め、Dropbox/OneDrive/iCloudDrive/pCloud/Facebook/Yandex/Google Photo/Amazon S3等のアカウントを一体に管理できる無料ツールAnyTrans for Cloudを紹介します。

AnyTrans for CloudはWeb版とアプリ版の両種類がありますが、とても便利で、クラウドの間でお互いにデータも移行できます。

今回はAnyTrans for Cloudを利用してGoogle Driveから他のクラウドにデータを転送する方法を簡単に説明します。

まずはAnyTrans for Cloudを新規で登録してください。

そしてホーム画面で「クラウドを追加」ボタンをクリックしてGoogle Driveを追加してください。(同じ方法でdropboxを追加してください)

Google Driveを追加できたら、左側で「Google Driveのアイコン」が自動的に現れます。このアイコンをクリックして管理画面に入ります。

転送したいコンテンツを選択 > 右上の「クラウドへ同期」ボタンをクリックしてください。

Google Driveから他のクラウドにデータを転送する方法

Google Driveから他のクラウドにデータを転送する方法

最後に

以上はPCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方です。いかがでしたか?

そしてここで紹介した複数なクラウドストレージを管理できる無料ソフト-AnyTrans for Cloudを新規で登録しましょうか?

もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると幸いです。

ホーム AnyTrans ® for Cloud PCでGoogle ドキュメントの基本的な使い方
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for Cloud

複数のクラウドを1 ヶ所で簡単・安全・スマートに管理できるツール

無料登録はこちら登録でプレミアムプランを無料ゲット30秒で登録完了!