Dropboxでアプロードできない場合の対策

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

本記事は Dropboxでアプロードできない場合の対策を書きます。役に立てば幸いです。

最終更新日:2018年08月29日

Dropboxでアプロードできない場合の対策

Dropboxでアプロードできない場合の対策

Dropboxにパソコンのファイルをアップロードしたいですが、大変手数をかかってアップロードは失敗しまいましたか?特に大きいなサイズのファイルをアップロードする場合、途中のファイルは99%完了したなのに、そこで全て破棄されてまた最初からやり直しになったこともよくあります。

なら、Dropboxにデータのアップロードを順調に行うために、本記事を見逃さないでください。

 Dropboxでアプロードできない場合の対策

対策一:多くのファイルを一括でアップロードではなく、幾つかの部分に分けて転送します。

Dropbox.com からアップロードする各ファイルやフォルダのサイズは 20 GB 以下にする必要があります。

対策二:Dropboxをログアウトしてもう一度サインインします。パソコンも再起動してください。

世界中99%の不具合は再起動によって解決出来ます。(´▽`)

対策三: Dropbox [ダウンロード速度]を変更します。

時々Dropboxはアップデートできないではなくてただ転送スピードが遅すぎます。

Dropbox [基本設定…]を選択 > [バンド幅](Windows と Linux)をクリックMac の場合は、[ネットワーク]をクリック > [バンド幅]の[設定を変更…]をクリック > [ダウンロード速度]または[アップロード速度]の[制限速度]の横にあるボタンでバンド幅設定を手動で変更してください。任意の速度を入力します。

最速にしたい場合は、[制限しない]の横にあるボタンをクリックしてください。

対策四 AnyTrans for Cloudを利用します。

AnyTrans for Cloudは複数なクラウドストレージを同時にサインインでき管理できる無料ソフトです。

AnyTrans for CloudはDropbox以外、Google Drive/OneDrive/iCloud Drive/pCloud/Facebook/Yandex/Google Photo/Amazon S3等のアカウントを一括で管理出来ます。

これらのクラウドの間でお互いにデータを移行することとクラウドとパソコンの間でデータを移行することもできます。

Dropboxでアップデートできない場合、AnyTrans for Cloudを新規で登録して試してましょう。

AnyTrans for Cloudにサインイン > ホーム画面の左側で「クラウドを追加」ボタンをクリック > 「Dropboxを追加」を選択 > ポップアップしたボックスでDropboxのアカウントとパスワードを入力 > ログインします。

ログインできたら、ホーム画面の左側でDropboxのアイコンが自動的に現れます。

AnyTrans for CloudでDropboxを追加する

AnyTrans for CloudでDropboxを追加する

そのアイコンをクリック > Dropboxの管理画面に入り > 右上で「データをアップロード」ボタンをクリック > ポップアップしたボックスでアップロードしたいファイルを選択 > 「開く」をクリックすると、データのアップロードが始まります。

AnyTrans for CloudでDropboxへデータをアップロード

AnyTrans for CloudでDropboxへデータをアップロード

最後に

以上はDropboxでアップロードができない場合の対策です。いかがでしたか?

そしてここで推薦したツール-AnyTrans for Cloudは無料で利用出来ますが、Dropboxが不具合が起こるときAnyTrans for Cloudを新規で登録してみましょう。

もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると幸いです。

ホーム AnyTrans ® for Cloud Dropboxでアプロードできない場合の対策
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for Cloud

複数のクラウドを1 ヶ所で簡単・安全・スマートに管理できるツール

無料登録はこちら登録でプレミアムプランを無料ゲット30秒で登録完了!