iCloudの2ステップ確認をオフにする方法

Apple IDの2ステップ/2ファクタ認証を無効・オフにする方法

セキュリティとユーザーのプライバシーを保護するために、Appleは強力なパスワードと2ステップ/2ファクタ確認を含め、多数のセキュリティ強化対策を提供しています。2ファクタ認証がオンになっていると、アップルの制限でサードパーティー製のソフトウェアでiCloudアカウントにログインできないことがあります。従って、必要に応じて一時的に2ファクタ認証をオフにする必要があります。この記事では2ファクタ認証を無効・オフにする方法を紹介します。

Apple IDの2ファクタ認証を無効・オフにするには、どのようにすればいいですか?

Apple IDのファクタ認証を無効・オフにするには、下記の手順に従ってください:

Step 1:Apple IDとパスワードを使ってiCloud.comにサインインします。その後、画面には次のスクリーンショットのように、確認コードを入力するように指示されます。

確認コードを入力する

確認コードを入力する

同時に、iDevice(iPhone、iPad、iPod touch)の画面には「Apple IDサインインが要求されました」のようなウィンドウが表示され、「許可する」ボタンをタップすると、デバイスの画面にはApple ID確認コードが表示されたら、iCloud.comに入力してください。他に、「このブラウザを信頼しますか」という警告が表示される時、「信頼」をタップしてください。

Apple IDサインインを許可する

Apple IDサインインを許可する確認コード

Step 2:サインインしたら、iCloud中のすべてのコンテンツが表示されます。次は、ホームページの「設定」をクリックしてください。または、Apple IDのユーザ名>「iCloud設定」をクリックしてください。

「設定」をクリックする

「設定」をクリックする

Step 3:「管理」をクリックしてください。

管理をクリックする

管理をクリックする

Step 4:それから、別のサイト(appleid.apple.com)に移動し、ログインするために、パスワードを入力して、Apple IDの確認コードを確認してください。

Step 5:次は、管理ページに入ります。「セキュリティ」の「編集」ボタンをクリックしてください。

「編集」をクリックする

「編集」をクリックする

Step 6:「2ファクタ認証を無効にする」をクリックしてください。

「2ファクタ認証を無効にする」をクリックする

「2ファクタ認証を無効にする」をクリックする

Step 7:次は、セキュリティ質問と答えを選択します。「続ける」をクリックして、ご誕生日とレスキューメールアドレスを確認してください。

セキュリティ質問と答えを選択する

セキュリティ質問と答えを選択する

上記の手順をすべて実行したら、Apple IDの2ファクタ認証を無効・オフになっています。

このガイドについての問い合わせ