ファイル&バックアップをブラウズしてコンテンツを管理

Android操作システムと違って、iOSデバイス上のファイルが表示されません。ただiPod shuffle、iPod nano、iPod classicだけはUSBメモリとしてデバイスから閲覧することができます。iPad、Pod touchユーザーにとって本当に面倒です。もちろん、iOSユーザーはデバイスを脱獄したら実現できます。ただし、ほとんどのユーザーにとってはいい選 択肢だと思われていません。幸いことに、AnyTransは大きな便利性をもたらしています。デバイス上のあらゆるファイルやフォルダ、およびコンピュー タ上のすべてのバックアップを認識できます。しかも、既存のファイルを編集し、接続したデバイスをバックアップすることができます。

iOSファイルシステムを閲覧・編集する方法

ステップ1: AnyTransをオンにし、デバイスを差し込んで、「ファイルシステム」フォルダを選びます。

「システム」オプションを選択

一般的に言えば、システム、ストーレジ、及びJBシステムという三つのオプションがあります。しかしながら、お使いのデバイスが脱獄していない場合、「JBシステム」オプションが表示されません。

ステップ2: 一つまたは複数のファイルやフォルダを取って削除したり、コンピュータに転送したりします。そのほか、コンピュータから新しいファイルやフォルダを追加できます。しかも、特定な項目の名前を変更することをサポートします。

デバイス上のコンテンツを管理

ファイルシステムに、新しいファイルやフォルダを作成・追加する以外は、他の何もしないほうがいいと思います。必要なファイルを誤って削除する恐れがあります。また、脱獄デバイスに対して、AnyTransはより自由なアクションを提供します。たとえば、二つ同様なアイコンを避けるために、アプリのアイコンを変更できることなとです。

iOSデバイスをUSBドライブとして使用する方法

ステップ1:AnyTransを起動すると、「ファイルシステム」フォルダをクリックして、「ストレージ」アイコンを選択します。

「ストレージ」アイコンを選択

ステップ2:このインターフェイスに入ると、ファイルやフォルダを作成、追加、編集、削除、エクスポートする可能です。たった対応するアイコンをクリックするだけです。

iデバイスをUSBとして利用

すべてのiPhone、iPadバックアップファイルを管理する方法

ステップ1: AnyTransを開くときデバイスを接続します。そして、デバイスのすべての情報をロードした後、「バックアップ」をタップして続きます。

「バックアップ」を選択

ステップ2: 対応するバックアップを選択して詳細な情報をロードし、必要な項目を見出してコンピュータに選択的に転送します。

詳細な転送情報をロード

コンピュータ上のすべてのバックアップをロードした後、AnyTransの左隅にリストされています。そして、それらを更新・削除できます。 ログをタップして現在のデバイスをバックアップ可能です。

このガイドまたはAnyTransについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ