iデバイスの間でコンテンツをマージ

AnyTransは対象デバイス上のデータを上書きせずに、iデバイスの間での音楽、プレイリスト、ムービー、着信音、ボイスメモ、テレビ番組、ミュージックビデオ、ホームビデオ、iTunes U、メモ、メッセージ、連絡先、カレンダー、通話履歴とAppなどコンテンツをマージすることができるようになります。このマージ機能を使用することで、AnyTransは自動に複数のデータをスキップして、オリジナルデバイスと対象デバイスのデータをマージします。

マージ機能を使用する前に、インターネット接続(コンピュータとデバイスの両方)の安定性をチェックしてください。

ステップ1:AnyTransを起動した後、コンピュータに二つのiデバイスを接続してください。次に、下のようなメインインターフェイスが表示されます。

AnyTransのメインインターフェイス

iデバイスのiOSバージョンはiOS 6以降であることをご確認ください。iOS 6が実行しているiPod Touchの場合、再起動してからマージするデータを見つけます。

ステップ2: 一つのiデバイスをオリジナルデバイスとして、「デバイスをマージ」ボタンをクリックすると、マージ機能の管理インターフェイスに入ります。

マージボタン

iPod TouchのiOSバージョンは6または7であれば、iMessageをマージしかできません。もし、iOSバージョンは8であれば、text messageとiMessage両方をマージすることができます。

ステップ3:マージしたいデータを自由に選択してください。後で、クローンプロセスが始まります。

マージプロセスが始まる

iデバイス(オリジナルデバイスと対象デバイス)のiOSバージョンはiOS 8.3であれば、いくつかのAPPとデータがマージされることができません。

このガイドまたはAnyTransについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ