開発ジャンクをクリーンアップする方法

開発ジャンクファイルは、開発者が実行中のプログラムのエラーを診断するために、用意されているアプリのインストールやデバッグプロセス中に生成されます。それらのほとんどは、Mac上で多くのスペースを占有しています。アプリ内の無駄なファイルをクリアすることで、MacCleanはMacの空き領域を増やすことができます。次のチュートリアルにしたがって、アプリ内にある無駄なファイルをクリアしてより多くのスペースを再利用しましょう。

ステップ1:開発ジャンクを選択してスキャンを開始

コンピュータでMacCleanを起動 > 灰色のスイッチをクリックして、「開発ジャンク」を選択 > 開発ジャンクファイルをスキャンし始めるために、「スキャンを開始」ボタンをクリックします:

開発ジャンクをスキャンし始める

この期間中に、インターネットジャンクのスキャンを終了したいなら、MacCleanの底にある「スキャン停止」ボタンをクリックします。また、「スキップ」ボタンをクリックすると、特定のジャンクのスキャンを省略することができます。

開発ジャンクをスキャンする

ステップ2:ジャンクファイルを事前チェック

スキャンが終了すると、MacCleanはジャンクファイルの概要サイズを提供します。ジャンクのサイズをクリックすると、ジャンクファイルの各部分がリストで表示されます:

ファイルを事前チェックする

すべての項目を削除/維持するには、「すべての項目を選択」/「すべての選択を解除」をチェックに入れてください。また、任意の単一の項目をチェックすることもできます。左側のパネルをクリックすると、クリーンアップ画面に戻ります:

特定のファイルにチェックを入れる

ステップ3:クリーンアップを開始

事前チェックが完了したら、「クリーンアップ」ボタンをクリックします。右側の「やり直す」ボタンをクリックすると、クリーンアップしないままでホーム画面に戻ります:

ジャンクファイルを削除する
このガイドまたはMacCleanについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ