古い&大容量ファイルをクリーンアップする方法

MacCleanの古い&大容量ファイルファインダー機能は、大量なスペースを消耗している、または長い間に使っていないファイルを見つけるために作成されます。それらのファイルをMacで残るか削除するかを自分で選択することができます。次のチュートリアルにしたがってMac上のファイルを管理できます。

ステップ1、MacCleanを起動

MacCleanを起動します>上の「ユーティリティ」をクリックします>「古い&大容量ファイル」を選択します:

古い&大容量ファイルを選択

ステップ2、必要なフォルダを選択

定期的に古い/大容量のファイルをチェックするためには、既定のフォルダを選択することができます>スキャンしたいフォルダを選択します>「ファイルをスキャン」をクリックします:

既定のフォルダを選択

また、カスタムフォルダを選択して、手動でMac上のフォルダを下のエリアにドラッグ&追加することができます:

カスタムフォルダ

ステップ3、削除したいファイルをプレビュー

スキャンが終わったら、MacCleanは選択したフォルダからファイルを表示します>ファイルタイプ(左側)でまたは右上側の名前/日付/サイズでファイルを管理することができます:

ファイルを管理

左側でファイルのサイズと日付の条件を手動的に選択できます。MacCleanでは10 M以上のファイルを大容量ファイルとデフォルトで設定されます。

ファイルのサイズと日時を選択

ステップ4、削除を開始

プレビューが終わったら、「クリーンアップ」をクリックしてクリーンニングを開始させます。

もしMacCleanがお役に立てれば、操作結果のウィンドウで友達とMacCleanを共有しましょう:

選択したファイルを削除
このガイドまたはMacCleanについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ