ユーザージャンクファイルをクリーンアップする方法

お使いのMac上でアプリケーションを使用して、またはiTunesでiPhoneの写真を同期する時、ユーザーキャッシュファイル、ユーザーログファイルとiOS写真キャッシュのようなジャンクファイルが同時に生成されます。これらのファイルは、お使いのMac上で大量のスペースを取ります。それらのファイルをMacから削除すると、使用可能な空き容量を大きく取得することができます。安全にユーザージャンクファイルを削除するために、以下のガイドを参照してください。

ステップ1:ユーザージャンクを選択してスキャンを開始

コンピュータでMacCleanを起動 > 灰色のスイッチをクリックして、「ユーザージャンク」を選択 > ユーザージャンクファイルをスキャンし始めるために、「スキャンを開始」ボタンをクリックします:

ユーザージャンクをスキャンし始める

この期間中に、インターネットジャンクのスキャンを終了したいなら、MacCleanの底にある「スキャン停止」ボタンをクリックします。また、「スキップ」ボタンをクリックすると、特定のジャンクのスキャンを省略することができます。

ユーザージャンクをスキャンする

ステップ2:ジャンクファイルを事前チェック

スキャンが終了すると、MacCleanはジャンクファイルの概要サイズを提供します。ジャンクのサイズをクリックすると、ジャンクファイルの各部分がリストで表示されます:

スキャンを終了する

すべての項目を削除/維持するには、「すべての項目を選択」/「すべての選択を解除」をチェックに入れてください。また、任意の単一の項目をチェックすることもできます。左側のパネルをクリックすると、クリーンアップ画面に戻ります:

特定のファイルにチェックを外す

iOS写真キャッシュは、iOSデバイスから/に写真を同期する時、高速同期処理を行うための写真のサムネイルのようなキャッシュファイルローカルコピーです。しかし、同期処理が終わった後、それらは無効になります。MacCleanは元の写真を保持するままに、それらの無駄なコピーをクリアします。

ステップ3:クリーンアップを開始

事前チェックが完了したら、「クリーンアップ」ボタンをクリックします。右側の「やり直す」ボタンをクリックすると、クリーンアップしないままでホーム画面に戻ります:

ジャンクファイルを削除する
このガイドまたはMacCleanについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ