システムジャンクファイルをクリーンアップする方法

一般的には、システムジャンクファイルは、長期間の使用後に冗長で役に立たないシステムジャンクキャッシュファイルやシステムログファイルを指します。お使いのMacの起動に通常より長い時間がかかる場合は、多分古いキャッシュがたくさん溜まっています。これらのキャッシュは、Macの性能を遅くさせるだけでなく、Macが異常に実行することも可能となります。MacCleanさえあれば、絶対に役に立ちます。安全かつ高速でMacをスピードアップさせるために、次のチュートリアルを読んでください。

ステップ1:システムジャンクを選択してスキャンを開始

コンピュータでMacCleanを起動 > 灰色のスイッチをクリックして、「システムジャンク」を選択 > システムジャンクファイルをスキャンし始めるために、「スキャンを開始」ボタンをクリックします:

システムジャンクをスキャンし始める

この期間中に、インターネットジャンクのスキャンを終了したいなら、MacCleanの底にある「スキャン停止」ボタンをクリックします。また、「スキップ」ボタンをクリックすると、特定のジャンクのスキャンを省略することができます。

システムジャンクをスキャンする

ステップ2:ジャンクファイルを事前チェック

スキャンが終了すると、MacCleanはジャンクファイルの概要サイズを提供します。ジャンクのサイズをクリックすると、ジャンクファイルの各部分がリストで表示されます:

ファイルを事前チェックする

すべての項目を削除/維持するには、「すべての項目を選択」/「すべての選択を解除」をチェックに入れてください。また、任意の単一の項目をチェックすることもできます。左側のパネルをクリックすると、クリーンアップ画面に戻ります:

特定のファイルにチェックを入れる

ステップ3:クリーンアップを開始

事前チェックが完了したら、「クリーンアップ」ボタンをクリックします。右側の「やり直す」ボタンをクリックすると、クリーンアップしないままでホーム画面に戻ります:

ジャンクファイルを削除する
このガイドまたはMacCleanについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ