PhoneCleanが何種類のジャンクフェイルを削除

役に立たないジャンクファイルを見つけるには、この新しいバージョンのPhoneCleanはiOSのファイルシステムにより深く行かせます。新しく追加された機能はアプリケーションのクラッシュログ、ダウンロードした一時ファイル、写真のキャッシュ、およびユーザーのストレージファイルを含むフォルダをスキャンするのです。これらのジャンクは何だか、なぜそれらをデバイスから削除する必要があるかという問題を解決するには、読み続けてください。

削除されたジャンクフェイルの種類 1

アプリケーションのキャッシュ

画像、スナップショット、ビデオ/オーディオメディア情報などのキャッシュとオフラインファイルは一時的にアクセスをスピードアップするには作成されました。長い時間を経って、それらは1GB以上のスペースを占有することもあります。アプリケーションを起動するたびに、これらのデータをロードするように長い時間を待たなければなりません。

アプリのクッキー

アプリのクッキーは通常、プログラムデータサブフォルダに格納されているIDタグという小さなテキストファイルです。アプリケーションを使用するときに作成されたクッキーで、プログラム内であなたの動きを追跡して、中断したところからの再開に役立ち、ご登録、ログイン、テーマ選択、設定、および他のカスタマイズ機能を覚えます。

アプリの一時ファイル

複雑な計算やデータ処理によって、iOSのアプリは一旦統計上の目的を果たしたら、ほとんど再び使用されない一時ファイルを生成します。これらの一回限りのデータはアプリを終了するとすぐに削除されるべきです。

アプリケーションのクラッシュログ

アプリがフリーズまたは定期的にクラッシュされている場合は、Appleはすべての問題を診断するにはお使いのiOSデバイスに対応するクラッシュログを生成することがあります。クラッシュログは、アプリがクラッシュする直前に何を実行していたかという情報を含めています。ほとんどの場合では、これらの冗長システム使用状況レポートとアプリのクラッシュログは無用です。

ダウンロードした一時ファイル

故障したか、予期せずに終了したiTunesの同期/ダウンロードで、一時的または破損したメディアファイルを生成することもあります。それらはお使いのiPhone上のその他の一部であり、iTunes経由で表示できます。iOS4以降のデバイスを使用すれば、iTunesの古い同期方法で、状況はより深刻になる可能性があります。

写真のキャッシュ

いくつかの第三者アプリはカメラフィルム、フォト、フォトライブラリのデータにアクセスし、使用するとき、それらは写真の画像だけでなく、他の情報も記録するキャッシュファイルを作成します。

ユーザーのストレージファイル

以前には、iデバイスのディスク使用量を探索できるiPhoneのファイルブラウザまたはブラウザソフトウェアを使用したことがあれば、お使いのiPhoneやiPadにいくつかのファイルが格納されているかもしれません。あなたがそれらを無視する場合なら、PhoneCleanは、不要なファイルを選択し、削除することができるようにそれらを示します。

iTunesのラジオキャッシュ

かなりのキャッシュファイルを見つけるまで、iTunesのラジオは素晴らしいレクリエーションセンターであると考えられます。最近再生したアルバムやポッドキャスト用のテキストや画像ファイルを含めるiTunesのラジオのキャッシュを、「心の平和」のように、PhoneCleanは巧妙に削除します。

このガイドまたはPhoneCleanについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ