どちらの PhoneRescueの復元モードを選択すべき

前述したように、PhoneRescue は iOS ユーザーに三つの復元モードを提供します。あなたに適したモードを了解させるために、以下のいくつかの状況が一覧表示されます。それらの違いをはっきりと知って、正しい復元モードを選択するのに役立ちます願っています。

「iOS デバイスからリカバリー」モードを選択する場合は?

- 連絡先、メッセージなどのデータは、偶然に削除されたが、データが上書きされていない(お使いのデバイスにメッセージの送信、電話に答えるような任意の操作をする必要がない。)

- データを失った後、前のiTunesバックアップファイルには必要な情報が含まれていない

- データを失う前に、iTunesでデバイスにバックアップしていない

- iOSデバイスの画面が壊れたが、お使いのパソコンはまだそれを認識できる

- パソコンに、古いデバイスから以前の一部またはすべてのデータを抽出

- DFUモードで復元したいと考えていたが、お使いのデバイスは、iPhone 4S/5/5S/5C、新しいiPad、iPad 2/3/4、Restina ディスプレイを含むiPad Mini、iPad Air、およびiPod touch 1/2/5です。

「iTunesからリカバリー」モードを選択する場合は?

- iOSデバイスは紛失されるか、または周りがないが、お使いのデバイスには、iTunesのバックアップを所有

- iTunesのバックアップを持っていて、他のデータも消去することがないバックアップから有用なデータまたはファイルを抽出

- iOS デバイスはパソコンまたはiTunesと障害に接続

- iTunesのバックアップからファイルをプレビューし、選択的に復元

- iTunes経由でiTunesのバックアップを失敗に復元

- 連絡先、カレンダーなどのデータは、すでにiOSデバイス上で上書きされた(データを損失した後にお使いのデバイスの操作を行う。)

- iOSデバイスからリカバリーのモードまたはDFUモード(DFU)は失敗したが、お使いのデバイスは、バックアップを持つ

「iCloudからリカバリー」モードを選択する場合は?

- お使いのiデバイスが紛失されるか、手元にない場合は以前のデータを復元

- iTunesやローカルコンピュータにiデバイスデータをバックアップしたことがなく、また、「iOSデバイスからリカバリー」モードは復元したいデータを見つけないが、もうiCloudにバックアップしたことがある

- 他の二つの復元モード(「iOSデバイスからリカバリー」と「iTunesからリカバリー」)はデータが探せないが、iCloudにバックアップしたことがある

- iTunesやiデバイスより、もっとiCloudバックアップからデータを復元することが好き

DFUモードを選択する場合は?

- 黒い画面の iOS のデバイス

- iTunes の暗号化されたバックアップ・パスワードを忘れた

- Appleデバイス用のパワーオン・パスワードを忘れた

- アプリのクラッシュはお使いのデバイスが動作することを拒否させたが、デバイスはまだパソコンによって識別させる

- お使いのパソコンが少ないハードディスク容量を占有することを望み、またはパソコンに十分なディスク容量がない

- iOSデバイスをスキャンするには時間が少ないことを望む

- iPhone 4/3G/3GS、iPad1、iPod touch 3/4から以前のデータを徹底的に取得したい

ボトムライン

上記の声明によると、お使いのiOS デバイスの復旧のために正しい復元モードに切り替えたほうがいいと思います。そして、今はご自分のデータ損失状況に基づいて適合なモードを選択できます。

このガイドまたはPhoneRescueについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ