PhoneRescueがサポートしている復元モード

PhoneRescueはiOSデバイスユーザーに三つの復元モードを用意しています:「iOSデバイスからリカバリー」、「iTunesからリカバリー」、「iCloudからリカバリー」。これらの驚くほどモードは紛失されたデータを取り戻すことができます。実際には、iOSデバイスからの復元と違っているモードがあります。それはDFUモードで、素晴らしい機能でデータを十分に取得する技術的なモードですが、iPhone 4S/5/5S/5C、新しいiPad、iPad 2/3/4、Restina ディスプレイを含むiPad Mini、iPad Air、およびiPod touch 1/2/5をサポートしていません。つまり、iOSデバイスの所有者としてのあなたは、iOS デバイス、iTunes・iCloudバックアップから復元を実行できます。

iOS デバイスからリカバリー

iOSデバイスから復旧したい場合は、USB ケーブルでお使いのデバイスをコンピューターに接続してください。それが接続された後、PhoneRescueはiOSデバイスを認識し、以下のように表示します。次に、iPhone、iPadやiPod touch(お使いのデバイスに基づく)から左側にあるボタンを選択して復元します。このモードで以前のデータを復旧するための詳細な情報を取得するには、パート2 iOSデバイスからデータを直接に取得する方法

iOSデバイスが正常に接続されていることを確認します。PhoneRescueがお使いのデバイスを読み取ることができない場合は、よくある質問ページの関連部分をご参照ください >

iTunesからリカバリー

iTunesの復元は選択的にスキャンし、プレビューすることをサポートしていなく、および現在のデバイス上のすべてのデータが消去されますので、このデータリカバリツールはこれらの問題を解決するための便利な解決策を提供します。 「iTunesからリカバリー」モードを通じて、取り出したいアイテムを選択でき、そしてデバイス上の他のデータが拭かれません。このモードを使用するには、メインインターフェイス上の 「iTunesからリカバリー」ボタンをシンプルでタップします。以下のインタフェースをご確認ください。

PhoneRescueはパソコン上の異なる時間と日付を持つすべてのバックアップを識別します。

iCloudからリカバリー

「iCloudからリカバリー」はもう一つの便利な復元モードです。特に、お使いのデバイスは手元にないか、コンピュータにバックアップもない時。もちろん、この復元モードを操作する前に、iCloudでバックアップしたことがあることを確認してください。「iTunesからリカバリー」と比べて、スキャン前にダウンロードが必要することはこれだけの相違点です。また、バックアップ全体をローカルコンピュータにダウンロードすることもできます。

iCloudからリカバリー

インタネットが接続されるか、入力するApple IDとパスワードが正しいかどうかを確認ください。

「DFUモード」で復元

iPhone 4/3G/3GS、iPad1、iPod touch 3/4のユーザーであれば、DFUモードは以前のデータを完全に取得できます。さらに、お使いのパソコンの少ないハードディスクの記憶容量を占有し、デバイスをスキャンするために非常に多くの時間を節約できます。このモードで起動するには、「iOSデバイスからリカバリー」を選択した後、 下の「DFUモード」ボタンをタップしてください。

それはすぐにこのモードに入るために視覚化なガイドが表示されます。しかも、インストールしていない場合は、対応するファイルをダウンロードすることを注意します。

このガイドまたはPhoneRescueについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ