DFUモードが失われたデータを復元

DFUモードでiOSデバイスを直接にスキャンするには、コンピュータディスクのより少ない記憶空間を占め、それは証明された時間を節約するスキャン処理です。この復元モードにより、連絡先、メッセージ、メモ、カメラロール、プレイリスト、音楽、アプリのドキュメントなど削除されたデータが徹底的に取得されます。その上に、その可視化ガイドでは、そのモードにシンプルかつ明確な入り口を提供します。操作方法をご心配ないでください。今まで、それは、iPhone 4/3G/3GS、iPad1、iPod touch 3/4からデータを取得することをサポートしています。

iOSデバイスを使用されることを予防してください。お使いのデバイス上の任意の操作はデータを上書きし、復元不能になります。

ステップ1: iOSデバイスに接続して開始

お使いのパソコンにPhoneRescueを登録>パソコンにiOS デバイスを接続>左側の「iOSデバイスからリカバリー」モードを選択してください。

iOSデバイスドライバをインストールしていない場合、このソフトは、まずそれをインストールすることを注意します。

ステップ2:「DFUモード」を選択してアクセス

サポートファイルが必要な場合、PhoneRescueは対応する項目をダウンロードするために思い出させる。その後、述べた可視化なウィザードに従ってください。それについてはまだ分からない場合は、以下の手順のようにしてください。

お使いのデバイスに既存のウィンドウで「開始」をクリック>「電源」と「ホーム」ボタンを同時に10 秒間押す>10 秒後に「電源」ボタンをリリースし、「ホーム」ボタンはそのままに他の 15 秒を押し続けます。

ステップ 3: 項目を選択的にスキャン

DFUモードを成功に入力した後、他のインターフェイスがポップアップし、選択的にスキャンするための項目を選ぶことを思い出させます。ちょうど今、対象項目を選択し、その後、「スキャンを開始」ボタンをタップして検索を開始します。

ステップ4:データを自由に事前チェック

スキャン処理が完了すると、結果は個人データ、メディアデータとアプリケーションデータの分類のカテゴリで表示されます。関連する種類を単にクリックして詳細な情報をプレビューします。その後、削除されたファイルだけを示して、「削除されたデータのみを表示」オプションを選んで、(動画を除く)情報を確認します。

ステップ5:ミスしたデータを復元

削除と既存の項目について、PhoneRescueは別の色で区別しています。今、目標の項目をチェックし、「リカバリー」ボタンを押してデータを取得できます。復元プロセスをスピードアップするには、詳細な情報を閲覧しながら、テキストのファイル復元のためにクリップボードに直接、情報を複製することができます。

このガイドまたはPhoneRescueについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ