iCloudバックアップをエクスポートすることで失われるデータを復元

お使いのデバイスが手元になてくても、PhoneRescueは便利な方法ももたらしてくれます。もし情報がバックアップされれば、iTunesやiCloudバックアップリカバリーは都合がいいです。iTunesバックアップからリカバリーしたければ、iTunesバックアップから復元するについてのガイドに従ってください。ただし、コンピュータにバックアップがないか、iCloudバックアップ復元が好きだ場合、iCloudバックアップからリカバリーというモードは一番な選択肢です。いつでも、どのコンピュータでも、さらにiTunesバックアップがなくても、Apple IDだけで、デバイス上のデータをプレビュー・選択的に復元することができます。

インターネットが接続されるか、復元したいデータがiCloudにバックアップするかどうか、ご確認ください。

ステップ1:iCloudからリカバリーを選択して始める

PhoneRescueを起動して、右下隅に「iCloudバックアップ」ボタンをタップします。そして、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

icloudバックアップからリカバリー

ステップ2:具体的なiCloudバックアップを選択して進む

iCloudアカウントをサインインしてから、すべてのiCloudバックアップはバックアップデータとサイズが表示されます。適切なバックアップを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

icloudからバックアップ

もしiCloudバックアップをコンピュータに保存したければ、このバックアップ右の「ダウンロード」ボタンをクリックすることで、それをダウンロードできます。ただし、インターネット接続が良好ではない場合、このバックアップ全体をダウンロードしないほうがいいと思います。

ステップ3:対応する項目を選択してダウンロード・スキャン

ダウンロードしたい対応する項目を選択して、「ダウンロード」ボタンをクリックして、そして、「スキャンを開始」ボタンをクリックして続きます。また、右上隅の「出力設定」をタップすることで、個人設定もできます。

項目をダウンロードしてスキャン

バックアップをもうダウンロードした場合、iCloudアカウントを入力して、このボタンは「スキャンを開始」が表示されます。

icloudバックアップをスキャン

ステップ4:iCloudバックアップから詳細なバックアップデータをプレビュー

PhoneRescueはスキャン処理を完了すると、項目によって、その結果は一つ一つが表示されます。この時、具体的な項目をクリックして詳細な情報をプレビューします。そして、異なる色とマークでiCloudバックアップからの存在している情報と削除された情報が表示されることが見えます。下の「削除されたデータのみを表示」ボタンをタップして、削除された情報のみが表示されることができます。

icloudバックアップから詳細な情報をプレビュー

ステップ5:iCloudバックアップからデータを復元

iCloudバックアップからデータを復元するには、ここには、二つの復元方法があります:直にtext情報をクリップボードにコピーするか、(この情報をクリック>Ctrl + Cをタップ>Ctrl + Vをタップ)、「リカバリー」ボタンをタップします。ただし、その中で、連絡先、通話履歴、メッセージ、カレンダー、Safariブックマークのみ直にコピー・取り付けることができます。

このガイドまたはPhoneRescueについて質問があれば、お問い合わせください。 質問を聞き

このガイドについてのお問い合わせ