「iPhoneを探す」をオフにすることについて

本記事では、「iPhoneを探す」をオフにしなきゃいけない場面などについてを解説します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月10日

私は、よく「iPhoneを探す」を使い、きちんとどこかに忘れたiPhoneを見つけられます。本来ならば、「iPhoneを探す」というのは盗難防止のため携帯電話に付いている機能何ですよ。その機能がオンになっていると、万が一iPhoneを無くしてしまった時でも、遠隔でデータを消去したり、ロックをかけたりすることができます。我々に安心させる存在だと言っても過言ではありません。

では、どんな場面に「iPhoneを探す」をオフにする必要がありますか。今回はそれについてご紹介しますから、参考にしてください。

「iPhoneを探す」をオフにしなきゃいけない場面

「iPhoneを探す」という機能はiPhoneユーザーにとって安心の存在だと考えられますが、オフにしなければいけない時もあります。一言で言えば、本当にiPhoneを手放したい人はオフにする必要があるですね。それでは、具体例を以下に列挙します。

⑴ 修理・交換に出す時

修理や交換に出す時は、「iPhoneを探す」をオフにしないといけません。オンのままで修理に出す場合は受付してくれません。修理に出す場合、よく初期化されるかなと思います。

⑵ 初期化する時

設定は維持で、データのみを初期化する場合は、「iPhoneを探す」をオフにしなくても初期化できます。しかし、iPhoneの中身の全てを初期化する場合は、「iPhoneを探すをオフにしてください」というアラートが出ます。オフにしないと、初期化に進まないです。

iPhoneのパスコードを忘れたら初期化したい時の方法

⑶ 下取りをする時

下取りをする時に、「iPhoneを探す」がきちんとオフになっているか、よくご確認ください。そうしないと、向こうが受付できず送り返されてしまう場合があります。

⑷ 他人に譲る時

iPhoneを他人に譲る時は、必ず初期化をします。では、⑵と同じ理由で、初期化する前に、「iPhoneを探すをオフにしてください」のアラートが出ます。このステップを踏まないと、初期化ができません。

追加Tip

アクティベーションロックを解除する場合

ここで最もお勧めしたのはAnyUnlock です。AnyUnlock – アクティベーションロック解除の成功率が高くて、7年の豊富な経験を持っている専業チームより開発されます。また、AnyUnlock はアクティベーションロック解除を十分に活用するために、利用ガイドが用意されて、ただ簡単なステップでアクティベーションロックを効率的に解除できます。

注目ポイント:

  • 効率 – パスワードやApple IDなしでアクティベーションロックをすぐバイパス可能。
  • 簡単 – 専門知識が不要で、お使いのiPhone/iPad/iPod touchを数クリックで解除。
  • 信頼 – 7年の豊富な経験を持つ専業チーム&100,000以上のユーザーを支援。
  • 完全 – アクティベーションロックの解除、iPhone/iPad/iPod touchを探すの無効、iOSデバイスの診断、Apple IDを探すためのワンストップソリューション。

これからはAnyUnlockをダウンロードして起動して、AnyUnlockの利用方法を紹介します。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

1、デバイスをパソコンに接続します。そして、「アクティベーションロックをバイパス」>「スタート」をクリックします。

「スタート」をクリック

「スタート」をクリック

2、次に、画面に脱獄ツールをダウンロードします。「脱獄開始」ボタンをクリックして、脱獄プロセスに入ります。

「脱獄開始」をクリック

「脱獄開始」をクリック

3、脱獄ツールが正常にダウンロードされたら、デバイスモデルを選択して、画面に表示されるステップに従ってデバイスをDFUモードにします。

DFUモードにする

DFUモードにする

4、デバイスの脱獄が完了すると、解除のステップに進みます。デバイスの情報を確認して、「今すぐ開始」をクリックします。そして、AnyUnlockはロックを解除するプロセスに進みます。

「今すぐ開始」をクリック

「今すぐ開始」をクリック

5、バイパス処理が完了すると、以下のようなインターフェイスが表示されます。最後は「完成」をクリックします。

成功画面が出た

成功画面が出た

まとめ

以上は「iPhoneを探す」をオフにしなきゃいけない場面についてを紹介しました。

もしこの記事がお役に立てれば、TwitterやFacebookで友達にシェアしてくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン