Apple IDかパスワードを忘れた場合に「iPhoneを探す」をオフにする方法

Apple IDのパスワードが忘れたら、どのように「iPhoneを探す」をオフにできますか?今回の記事はその方法を紹介しますから、どうぞご参考にしてください。

ばくてい 最終更新日: 2021年05月26日

私は、よく「iPhoneを探す」を使い、きちんとどこかに忘れたiPhoneを見つけられます。本来ならば、「iPhoneを探す」というのは盗難防止のため携帯電話に付いている機能何ですよ。その機能がオンになっていると、万が一iPhoneを無くしてしまった時でも、遠隔でデータを消化したり、ロックをかけたりすることができます。我々に安心させる存在だと言っても過言ではありません。

では、どんな場面に「iPhoneを探す」との機能をオフにしますか。それに、オフにする時Apple IDとパスワードが必要なのです、もしその何れかを忘れたら、どうすればいいのですか。

Part 1.「iPhoneを探す」をオフにしなきゃいけない場面

「iPhoneを探す」という機能は我々にとって安心の存在だと考えられますが、オフにしなければいけない時もあります。一言で言えば、本当にiPhoneを手放したい人はオフにする必要があるですね。それでは、具体例を以下に列挙します。

⑴ 修理・交換に出す時

修理や交換に出す時は、「iPhoneを探す」をオフにしないといけません。オンのままで修理に出す場合は受付してくれません。修理に出す場合、よく初期化されるかなと思います。

⑵ 初期化する時

設定は維持で、データのみを初期化する場合は、「iPhoneを探す」をオフにしなくても初期化できます。しかし、iPhoneの中身の全てを初期化する場合は、「iPhoneを探すをオフにしてください」というアラートが出ます。オフにしないと、初期化に進まないです。

⑶ 下取りをする時

下取りをする時に、「iPhoneを探す」がきちんとオフになっているか、よくご確認ください。そうしないと、向こうが受付できず送り返されてしまう場合があります。

⑷ 他人に譲る時

iPhoneを他人に譲る時は、必ず初期化をします。では、⑵と同じ理由で、初期化する前に、「iPhoneを探すをオフにしてください」のアラートが出ます。このステップを踏まないと、初期化ができません。

Part 2.Apple IDかパスワードを忘れた時に、「iPhoneを探す」をオフにする三つの方法

「iPhoneを探す」をオフにする時は、自分のiPhoneで操作する時に、Apple IDのパスワードを入力しなければなりません。もし、手元にiPhoneがない場合、他人のiPhoneもしくはパソコンで操作することもできますが、Apple ID及びパスワード両方が必要です。本章では、パスワードかApple IDを忘れた時に、「iPhoneを探す」をオフにする方法を解説します。

⑴ パスワードを忘れた時の方法

パスワードをお忘れの場合は、以下の手順でパスワードをリセットしましょう。

①iPhoneから「Apple IDアカウント管理ページ」へアクセスし、画面の下「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」を押してください。

写真元: au.com

写真元: au.com

②空欄にApple IDを入力し、「続ける」をタップしてください。

写真元: au.com

写真元: au.com

③「パスワードをリセット」を選択し、次「パスワードのリセット方法を選択」に着きます。本手順では「メールを受け取る」を例に選択します。

写真元: au.com

写真元: au.com

④ 「パスワードリセットメールを送信しました」画面で「完了」をタップします。

写真元: au.com

写真元: au.com

⑤iPhoneで届いたメール本文内の「今すぐリセット」をタップします。

写真元: au.com

写真元: au.com

⑥新しパスワードを2回入力してから、パスワードの再設定が完了です。

写真元: au.com

写真元: au.com

⑵ Apple IDを忘れた時、手元にiPhoneがある場合

この場合はiPhoneで確認することが可能なので、ご心配なく、方法はすごく簡単です。

①設定を開き、一番上のアカウント名をタップします。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

②「iTunesとApp Store」をタップし、一番上にご自身のApple IDが表示されます。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

⑶ Apple IDを忘れた時、手元にiPhoneがない場合

パスワード忘れてApple IDが分かれば、指示通りパスワードを再設定すればいいのですが、Apple IDまで忘れて手元にもiPhoneがない場合だと、Appleサポートセンターのウェブサイトにお問い合わせをするしかありませんね。では、手順を以下に紹介します。

①ウェブサイトへアクセスしたら、「Apple IDについてどのような問題がありますか」の画面より、「Apple IDのパスワードを忘れた」をタップします。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

②「どのサポート方法をご希望ですか」の画面より、三つの中で何れかを選択してください。本手順では「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選択します。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

③「お電話を差し上げます」の画面になってから、向こうに電話をかけてくれます。通常として、アドバイザーは「漢字でフルネーム」、「郵便番号」など登録情報を基づいてあなたのApple IDを探してみます。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

④もし、先ほどの情報で未だに探せなかった場合、自分でApple IDを探すためのリンクを送ってくれます。その時に、よく使っているメールアドレスが必要とします。指示通り情報を入力すれば完了です。

写真元: begin-simfree.com

写真元: begin-simfree.com

まとめ

Apple IDかパスワードを忘れた時に、「iPhoneを探す」をオフにすることができません。本記事ではパスワード忘れ、手元にiPhoneがある場合Apple ID忘れ、手元にiPhoneがない場合Apple ID忘れ、三つの場面を踏まえて方法を解説しましたが、探す過程が確かに面倒くさいですね。電子商品の使いが苦手な方々に、ぜひAnyUnlock – アクティベーションロック解除ソフトを使ってみてください。初心者でも簡単にできますので、お勧めです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。