iPhoneがPC(パソコン)に認識できない時の解決策

iPhoneがPC(パソコン)に認識できない時に、iTunesやFinder等の機能を使えなくなり、困りますね。この問題の発生原因とその解決方法を今回の記事で徹底的説明します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年11月25日

iPhoneの日常での使用では時々デバイスをパソコンに接続しなければならない操作をやることがあります。例えば、iTunesを利用してデータをバックアップしたり、デバイスからパソコンに伝送したいファイルがあったりとかの場合、USBケーブルでデバイスとパソコンを接続する必要があります。これは普段はよくやっている操作ですが、時々パソコンがデバイスを認識できないリスクもあります。

USBケーブルやポートが壊れましたとか、または、パソコンにデバイスを起動するソフトが不具合になりましたことがこの問題が発生する原因ともなります。幸いなことに、いくつかの解決方法はあります。これからはこの問題を簡単に解決できる方法を紹介します。そのガイドに従い、最終的にこの問題を完璧に解決できます。

Part 1. ベーシックな方法でiPhoneをパソコンに認識できるように

パソコンがデバイスを認識できない場合、下記の方法を試してみてください。

Tip 1.iPhoneとパソコンを再起動しましょう

デバイスやパソコンに問題がありましたら、最も使われる且つ一番シンプルな方法はデバイスとパソコンの再起動でしょう。まずでこの方法で試してみればいかがですか。大した問題がなければ、再起動して問題がなくなるかもしれません。
データロスを避けるために、パソコンにあるデータを保存してからパソコンも再起動してください。iOS端末もデータを保存してから再起動してください。

iPhoneの機種により再起動の方法がやや違います。iPhone 8とその以前の機種: 機体のサイドとトップにあるボタンを同時に長押しして再起動します。iPhone X 以降の機種: 機体のサイドボタンと音量ボタンを同時に長押ししてデバイスを閉じ、サイドにあるボタンを長押しして起動します。

パソコンの再起動

スタートメニューで「再起動」ボタンをクリックすればいいです。

Tip 2. USBケーブルをチェック

パソコンがiPhoneを認識できない問題はハードウェアにある可能性もあります。したがって、まずはUSBケーブルとパソコンのUSBポートの調子を検査する必要があります。USBケーブルの調子を確認するため、別のUSBケーブルでパソコンに接続してみてください。もちろんApple社のオリジナルUSBケーブルを使用するのもポイントです。別のUSB設備をパソコンにあるUSBポートに挿入し、USBポートが機能しているかどうかを確認してください。

Tip 3. パソコンに接続の許可を与える

パソコンにデバイスを接続する際、デバイスに接続の許可を取らなければなりません。初めての接続の場合、iPhoneはこのパソコンに接続の許可を与えるかどうかという提示画面が出てきます。この時は「許可する」を選択してください。

Part 2.より優れた方法でこの問題を解決

もし上記のベーシック方法を全部試してみても問題が解決できない場合、より優れた解決対策をこれから説明します。具体的な方法は以下の通りです。

方法1、iTunesを更新

iTunesのバージョンが古くなると、特定の機能が無効になるかもしれません。こういう場合、iOS端末をアップデートやリカバリーしたら、エラー9006が発生するかもしれません。ですから、iTunesを最新バージョンに更新すことは重要です。iTunesの更新は数分間で完了できるので、難しくはありません。手順は以下になります。

パソコンのシステムによってiTunesの更新方法がやや違います。

iOSシステムを使っている場合、更新の手順は以下になります。

Step 1、アップルストアーを起動し、画面の一番上にある「Update」を選択してください。

Step 2、最新バージョンをダウンロードし、インストールしてください。

Windowsシステムを使っている場合、更新の手順は以下になります。

Step 1、iTunesを起動してください。

Step 2、「Help」をクリックし、「Check for Updates」を選択してください。

Step 3、最新バージョンをダウンロードし、インストールしてください。

方法2、Windows/Mac のシステムを更新

iTunesの更新だけでは不十分です。もしパソコン自体の操作システムが古くなったら、更新後のiTunesを使えなくなるかもしれません。ですから、パソコンの操作システムも常に最新版にしてください。Windowsであれ、Macであれ、パソコンの最新版の操作システムをダウロードやインストールは簡単にできます。手順は以下になります。

Windows PCの場合

Step 1、スタートメニューから「設定」をクリックして「更新と安全」項目を選択してください。

Step 2、右パネルのチェックアップをクリックして最新版のシステムを確認してインストールします。 更新完了後はパソコンを再起動する必要があるかもしれません。

Macの場合

Step 1、Appleロゴをクリックして「About This Mac」に選択してください。

Step 2、 「Software Update」ボタンを選択し、macOSの更新をインストールします。

すると、Macの操作システムは更新しました。

方法3、AnyFixを使って問題を解決

もし以上の方法でも解決できない場合、もしくはもっと簡単で便利な方法が求めていましたら、システム復元ソフトを使ってこの問題を解決する方法もあります。ここで必要となるのはAnyFix という修復ソフトです。AnyFixはiOS専門の復元ツールで、130以上のiPhoneの問題を修復できます。 また、それ以外に200超えの iTunesエラーも修復できます。

Step1、まずはパソコンAnyFixをインストールし立ち上げます。USBケーブルでデバイスをパソコンに接続します。「システム修復」という項目をクリックします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2.USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続 > 「システム修復」機能を選択します。

「システム修復」機能を選択

「システム修復」機能を選択

Step 3.お使いのiPhoneの不具合を確認し、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 4.iPhoneの場合によって修復モードを選択します。ここでは「標準モード」を例にします。

修復モードを選択

修復モードを選択

Step 5.ファームウェアのダウンロード画面に入ります。お使いのiPhoneの情報を確認し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードが始まります。少し時間がかかりますので、少々お待ち下さい。

ファームウェアをダウンロード

ファームウェアをダウンロード

Step 6.ファームウェアダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。それで、iPhone修復が開始します。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 7.このプロセスは少し時間がかかります、デバイスを抜けないで少々お待ち下さい。修復中、iPhoneを自動的に再起動しますので、パスコード入力必要もあります。

パスコード入力

パスコード入力

Step 8.しばらくすると、修復が完了しました。すぐiPhoneをみて確認してください。

修復が完了

修復が完了

まとめ

今回はパソコンに iPhoneが認識できない問題の発生原因とその解決方法を詳しく説明しました。もしこの問題に遭遇した場合、上記の方法を試してみればいかがでしょうか。また、クリックすること簡単に問題を解決したい時は復元ツールに頼ることはお勧めします。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン