iPhoneの画面が真っ暗になった時の原因と対処法を解説!

ここではiPhoneの画面が真っ黒になった時の対策方法を紹介します。ぜひご参考ください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月16日

iPhoneは人気なスマホブランドですが、時々故障が発生したりシステムがうまくいかない時もあります。特に画面が急に真っ黒になってしまって、スクリーンやホームボタンを何度も操作しても何の反応も出てきません。iPhoneを使わなくなりますとすごく困りますよね。そこで、本記事ではiPhoneの画面が真っ黒になった原因と対処法について解説し、具体的なやり方も説明していきます。お困りの方にお役に立てば幸いです。

iPhoneの画面が真っ黒になった原因のまとめ

iPhoneの画面が急に真っ黒になると、焦って心配するのは当たり前ですが、心配する前にその問題を解決することは重要です。真っ黒になった原因を調べて、やってみるべきの対処法をすればiPhoneを無事に修復できるだろう。ここではiPhoneの画面が真っ黒になった原因を4つまとめました。

1、バッテリが切れている

バッテリの充電切れが原因でiPhoneの画面が真っ黒になる可能性があります。iPhoneを使う時、気づかず一気にバッテリを使いきりて電源がゼロになってしまうことがあります。その時は、充電してみましょう。もし長く充電してもiPhoneが反応しないなら、ほかの原因だと考えられます。

2、ディスプレーケーブルが外れている

iPhoneの内側には画面と本体を接続するケーブルがあります。そのケーブルが外れていると、画面が真っ黒になる場合があります。ディスプレーケーブルが外れているのが原因かどうかは、自分で判断しにくいですが、iPhoneの画面が真っ黒になる前に落下させたり襲撃を受けたりすることがあるかどうかを確認してみましょう。もしディスプレーケーブルが外れているのが原因だと、修理してもらうことが必要です。

3、iPhoneが水没している

Phoneが水没していると、基盤が損傷する可能性が高くて、Phoneの画面が反映できない場合はあります。iPhoneが水没しているのが原因かどうかは水にしたことがあるかどうかを確認してみましょう。ちなみに、お風呂に入りながらiPhoneを使うと、お風呂の水蒸気が水没になる可能性もあります。iPhoneが水没していると、修理してもらう必要があります。

4、システムの不具合

iPhoneはすごく人気のブランドですが、長く使うとシステムの不具合で画面が真っ黒になることもあります。もしくはiPhoneをアップデートする際に、不具合が出てきて画面が真っ黒になる可能性もあると考えます。システムの不具合でiPhoneの画面が真っ黒になるなら、修理に出せなくても自分で修復できるかもしれません。

iPhoneの画面が真っ黒になった時の対処法3つ

方法1、強制的に再起動する

バッテリ切れたりアップデートする段階で電源が切れたりすると、画面が真っ黒になる場合はあります。その時はiPhoneを強制的に再起動してみましょう。強制的に再起動する正しい方法は以下となります。機種によってやり方がやや異なります。

iPhone8以上の機種:

①音量を上げるボタンを一度押してください。

②音量を下げるボタンも一度押してください。

③スリープボタンを長押します。iPhoneのリンゴロゴが出る前にはなさないでください。

写真元:icracked.jp

写真元:icracked.jp

iPhone7以下の機種:

①音量を下げるボタンとスリープボタンを同時に長押します。

②iPhoneのリンゴロゴが出る前にはなさないでください。

写真元:icracked.jp

写真元:icracked.jp

方法2、専門ツールAnyFixを利用する

もしシステム内部の不具合でiPhoneの画面が真っ黒になると、専門ツールを依頼すれば問題をスムーズに解決できるかもしれません。

ここでお勧めしたいのはAnyFixというiOSシステム向けの修復専門ツールです。AnyFixは、さまざまな高度なテクノロジーを採用し、パソコン苦手の方でもただ簡単なクリックすることでシステム問題を確実に解決できます。AnyFixは130種以上のシステム問題を解決するために開発されますので、iPhoneの画面が真っ黒になった問題も確実に解決できます。

これからはAnyFixで修復するやり方を紹介します。

①準備

まずはパソコンにAnyFixをダウンロードして起動します。そして、iPhoneをケーブルでパソコンに接続してください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

②分析

接続完了後、「システム修復」を選択し、「今すぐ修復」のボタンをクリックします。

次には3つのモード画面が出てきます。AnyFixには標準モード、高級モード及び最高級モードが用意されます。AnyFixにはスマホの現状によって最適なモードをお勧めします。モード選択完了後、AnyFixはシステム問題を分析します。

ただし、もし異常なシステム問題がある場合、AnyFixから修復に必要なファイルをダウンロードする必要があります。

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

ファームウェアのダウンロード

ファームウェアのダウンロード

③修復

システム問題を分析完了後、AnyFixは問題を修復します。修復完了後、デバイスは再起動して、再度iPhoneを使うことができます。

修復完了

修復完了

方法3、Apple のサポートにお問い合わせする

上記の原因にまとめた通り、電源切れとシステム不具合以外の原因による外部故障は、修理してもらう必要があります。もし修理に出せたくない場合は、Appleのサポートにお問い合わせすることで問題を解決できるかもしれません。Apple のサポートチームから正しい解決方法を聞いてみましょう。

まとめ

この記事はiPhoneの画面が真っ暗になった時の原因と対処法を紹介しました。iPhoneの画面が急に真っ暗になった原因は通常4つあります。具体的にはどの原因で真っ暗になったのか自分で判断してください。画面が真っ暗になった時の対処法について、こちらは3つ紹介しました。専門ツールAnyFixを利用すれば、ただクリックすることで自分で問題を解決可能です。もし外部損傷による原因だと、修理してもらう必要があります。

この記事がお好きになれば、お友達やご家族にシェアでお願いします。ありがとうございます。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン