iPhone XでRAMメモリを簡単に解放できる方法

今回の記事はiPhone Xで行うRAMメモリの解放方法を詳しく解説します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年11月25日

iPhone X自体は3GBのRAMメモリがあります。このRAMメモリの容量は一般的なアプリとサービスを完璧に動かせます。1GBしか持ってない初代モデルのようにメモリ容量の問題を起こすはずがありません。ところが、もし手元のiPhone Xだんだんスピードダウンしていると感じましたら、iPhone XのRAMメモリを解放する必要があり、バックグラウンドで開いているアプリを強制的にオフしなければなりません。これらのアプリはRAMメモリを無駄に浪費しています。そこで、今回の記事は、どうやってiPhone XのRAMメモリの解放することを徹底的に解説します。

簡単な方法でRAMメモリを解放

RAMメモリを解放できる一番簡単な方法はデバイスを強制再起動することです。しかし、これは開いている全てのアプリを閉じてしまいます。また、強制再起動は時間をかかる作業です。従って、もし時短で手間かからない方法を探していますと、下記の方法をぜひ試してみれば、いかがでしょうか。

Step 1、iPhoneの「設定」をクリックし、「アクセシビリティ」を開き、「タッチ」の中に「AssistiveTouch」をオンにしてください。画面に灰色のキューブが表示します。

「AssistiveTouch」をオンにする

「AssistiveTouch」をオンにする

Step 2、「設定」に戻り、「一般」をタッチして「スライドで電源オフ」を表示する画面が出てきます。

Step 3、「AssistiveTouch」にクリックし、「ホームボタン」を画面が黒から白に変化するまで長押ししてください。そして「設定」に戻り、RAMメモリは解放されましたはずです。

「AssistiveTouch」にクリック

「AssistiveTouch」にクリック

iPhoneXのRAMメモリを解放する際、起動中のアプリは全て再開されてホームページに導かされます。

iPhoneXにエラーが生じた時の修復方法

iPhoneXをデザインする時、Apple社はすでにRAM容量を改善したにもかかわらず、長年使用し続けたら、iPhoneXはだんだん遅くなっていきます。これは大した欠点とは言えないが、使用者にとってちょっと困らせる問題ではあります。

上記の方法は、普段長く使い続けているデバイスのRAMメモリの解放によく効く方法ですが、パーフェクトではなりません。上記方法通りでやりましたら、Appleのロゴにスタックするリスクがあります。これはまた嫌なエラーですが、よく発生するエラーでもあります。従って、これからは万が一このエラーが発生する時、最適の解決ツールを紹介します。ここで必要となるのはAnyFixという修復ソフトです。

操作手順

まずはパソコンAnyFixをダウンロードし立ち上げます。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1、iPhone Xとパソコンに接続して「システム修復」を選択します。

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

Step 2、画面の指示を従い、「iPhone上50+の問題」を選択し、「今すぐ修復」ボタンを押してください。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

Step 3、ここでは復元モードを選択できます。データ紛失のリスクがゼロの「標準モード」をおすすめします。

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

Step 4、iPhone Xをリカバリモードにし、フレームウエアファイルのダウンロード指示が出てきます。ダウンロード完了しましたら、「今すぐ修復」をクリックしてください。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 5、暫く待っていてください。復元手続きが完了したら、iPhoneは元に戻ります。

修復完了

修復完了

AnyFixという復元ソフトを使えば、数分間で様々なiOSデバイスの問題を修復できます。もしデバイスが何らかのエラーが発生しましたら、AnyFixで修復してもみてください。

まとめ

iPhone Xにホームボタンがないため、RAMメモリの解放に少し手間をかけます。今回の文章ではそのメモリの解放方法を詳しく紹介しました。また、解放すう操作によって発生可能なエラーに対する対策もついでに説明しました。書いて通りに操作すればいいでしょう。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン