iPhoneのマップアプリが使えない場合の解決方法

iPhoneのマップアプリが使えない場合、さぞ利用者の方々に大きな迷惑をおかけるでしょう!本記事では、この件について7つの対処法を整理し、皆様に一々解説しようと思っております。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月22日

iPhoneには自動的にマップ機能が搭載されております。マップアプリを利用し、現在地を表示してくれたり、目的地へ行ける路線を検索してくれたりする機能が完備しております。そのため、スマホのマップ機能が使えないなら、日常生活にすごく不便をもたらすと考えられております。では、このような問題が発生したら、どうすればいいのでしょうか。まず、この件に導く原因を明らかにしなければなりません。通常、この原因は主に2つに分けられます。つは、アプリにエラーが出てしまいます。もう1つはスマホ本体やシステムに何か故障が出てしまいます。本記事では、この2つの状況に踏まえて、解決方法を詳しく皆様に紹介していきます。

1.アプリ側

1.1 マップアプリを再起動する

iPhoneのマップアプリが使えない場合、何か不具合が生じるに違いません。まずは、アプリを再起動してみてください。iPhoneX以降のスマホの操作方法は、下から上へスワイプし、バックグラウンドで起動しているマップアプリを上に向かってスワイプして終了させます。それで、ホーム画面に戻し、再びアプリを開いてください。

1.2 マップアプリを最新版にアップデートする

上記の方法を使ってもまだ改善できない場合、マップアプリのバージョンをチェックし、最新版にアップデートしてみてください。

1.「App Store」を開き、右上のユーザーアイコンをタップします。

2.「利用可能なアップデート」のリストから「マップ」を探します。「マップ」が更新できる場合、後ろの「アップデート」をタップします。

2.スマホ側

2.1 iPhoneを再起動する

マップアプリの原因ではないなら、スマホ側の問題ではないかをいちいち排除してください。まず、定番のやり方として、iPhoneを再起動してください。この方法でバックグラウンドのアプリやスマホ内部の一時的なエラーを簡単に解消できます。

2.2   モバイル通信やWi-Fiに接続されているか

マップが正常に使っている場合、必ず地図データをダウンロードします。そのため、安定しているネット環境が非常に大事です。地下街やトンネルなど電波があまり良くない場所だと、マップを開いても全く反応がない状況は当たり前です。この問題を改善しようとするなら、広くて人が少ないところに行って、もう一度マップアプリを起動してみてください。

2.3 位置情報サービスが有効になっているか

位置情報サービスだけが有効になっていて、GPS機能が使えないです。そうしないと、マップが現在地を特定することができません。設定方法は以下で、ご参考ください。

1.ホーム画面より「設定」を開き、「プライバシー」をタップします。

2.一番上にあるのは「位置情報サービス」です。それがオンになっているかどうかをチェックしてください。(オフになった場合はオンにしてください。)

「位置情報サービス」をオンにする

「位置情報サービス」をオンにする

2.4 iPhoneの「ネットワーク」と「位置情報」をリセットする

この方法でスマホのデータは削除されていないので、ご安心ください。

1.ホーム画面より「設定」を開き、「一般」をタップします。

2.一番下ヘスワイプし、「リセット」を選んで、「ネットワーク設定をリセット」と「位置情報とプライバシーをリセット」項目をタップします。

「リセット」に入る

「リセット」に入る

3.それで、再びiPhoneをWifiに接続してから、マップアプリを起動します。

2.5 専門アプリAnyFixを使ってiPhoneを修復する

もし、上記の方法をすべて使っても、iPhoneのマップが依然として使えない場合、さぞiPhoneのシステムの何処かに故障が出てしまう可能性が高いです。そのため、専門技術を借りてみてください。

AnyFixはAppleデバイスを復活するツールとして、130種類以上のiOS、iPadOS、tvOS不具合の修復に対応でき、200種類以上のiTunesエラーも修復でき、Appleを正常な状態に復元します。そして、このアプリを使おうとする方法は、特に専門知識などは不要で、初心者でも数クリックだけで問題を修復できます。

・iPhoneは使用できない

充電できない

起動できない

タッチスクリーンが機能しない

再起動を繰り返す

AnyFixは以上などの多くのデバイスの不具合修復をサポートしています。では、操作方法は下記の通りです。ご参考ください。

まずは、AnyFixをパソコンにダウンロードしましょう

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

1.AnyFixをパソコンにダウンロードし、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

2.「システム修復」を選択し、「iPhone上50+の問題」を選んだら、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

3.iPhoneを修復する場合、3つのモードがあります。本章では「標準モード」を例に紹介していきます。

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

4.ファームウェアのダウンロード画面が表示されたら、「ダウンロード」をタップします。このステップには、少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

ファームウェアのダウンロード

ファームウェアのダウンロード

5.修復中、iPhoneが自動的に再起動しますので、指示の通りにパスワードを入力したら、修復が終わりです。

修復完了

修復完了

まとめ

上記がiPhoneのマップが使えない場合の7つの解決方法です。ご自分のiPhone状況に応じ、それらの解決方法をいちいち試してください。もし、定番のやり方で改善できないのなら、ぜひ専門アプリAnyFixのご利用はおすすめです。原因を明らかにしなくても簡単にクリックをするだけで、デバイスの不具合を修復できます。

この記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン