iPhone電源ボタンが効かない時の解決方法

ここではiPhoneの電源ボタンが効かない時の再起動する方法と解決方法を紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月02日

「ボタンが陥没してしまった(埋まってしまった)」、「ボタンを押しても反応がない」などの厄介な状況になったことがありますか?電源を切りたいですが、スリープボタンを押しても何の反応もありません。「スマホを正常に使えば別に電源が切れなくてもいいや」と思う方もいるでしょう。実は、電源ボタンが使えないと、日常の使用にはすごく不便になります。特別な場所で電源を切らなければいけない時に電源が切れなくなり、万が一音が急に鳴ってしまって画面をすぐロックできなくてとても困ります。そこで、今回はiPhone電源ボタンが効かない時、電源を切る方法と解決方法を解説していきます。お困りの方がいれば、ぜひご参考ください。

iPhone電源ボタンが効かない原因

iPhoneを日常使用する時、電源ボタンはよく使われている物理ボタンで、もしそのボタンが効かなくなったら、スマホの利用もずいぶん不便になりますね。ただし、iPhoneを使う時、何らかの原因で電源ボタンが利用できない場合があります。その原因としては通常下記のことにまとめています。

1、ボタンが埋まった

iPhoneを使ううちに、動作が重くてボタンが下に陥ってしまったり、意外で襲撃を受けたりしてボタンが埋まったようになりました。そして、電源ボタンがだんだん使わなくなり、重く押しても何の反応もありません。

2、システムの不具合

iPhoneの外観から見れば、電源ボタンに傷とか陥没などの損傷はありませんが、システムの不具合で電源ボタンを押しても効かない時があります。それはシステム内部の問題で、トラブルを修復すれば問題を解決できます。

iPhone電源ボタンが効かない時の再起動する方法

スマホの電源ボタンが効かなくてどのようにiPhoneを再起動できますでしょうか?

定番方法ならば、電源ボタンと音量ボタンを同時に押してから、画面に出てきた指示にスライドして、iPhoneを再起動することができます。ですが、電源ボタンが失効になってしまうので、特別な再起動する方法がありますでしょうか?実は、iPhoneには便利機能を多数有する「AssistiveTouch」機能が、電源ボタンの代わりに再起動動作を完了できます。これからは紹介します。

ステップ1、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」の順番でタップします。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

ステップ2、次の画面で「AssistiveTouch」をオンにします。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

ステップ3、そして、画面には灰色で四角なアイコンが出てきます。そのアイコンをタップして、「デバイス」をタップします。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

ステップ4、「画面をロック」を長押しして、電源をオフする画面が出てくる前に離さないでください。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

ステップ5、指示通りに右にスライドください。そして、数秒後にiPhoneの電源が落ちます。

iPhone電源ボタンが効かない時の対処法

①専門ツールAnyFixを利用する

システムのトラブルによって電源を押しても全然反応しない場合があります。その時は不具合を修復すれば問題を簡単に解決できます。ただし、複雑なトラブル問題ならば、自力では解決できません、通常は専門ツールを利用するのが多いです。ここでお勧めしたいのは「AnyFix」というツールで、200種類以上のエラーを修復でき、iPhoneを正常な状態に復元します。しかも、パソコン苦手な方でも数クリックすることで簡単に問題を確実に修復できます。これからはAnyFixでの利用方法を紹介します。

今すぐAnyFixをダウンロードして試してください。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

これからは、AnyFixで不具合を修復する方法を紹介します。

ステップ1、準備:AnyFixを起動して「システム修復」を選択します。ケーブルでデバイスをパソコンに接続します。

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

ステップ2、選択:次の画面で「iPhone上50+の問題」を選択して「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

ステップ3、分析:AnyFixは標準モード、高級モードと最高級モードという3つのモードが提供されています。不具合の複雑程度によって、もっと高いモードを選択する必要があります。

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

ステップ4、ダウンロード:モード選択した後、必要なファームウェアをダウンロードします。異常なシステム問題を修復するにはファームウェアをダウンロードする必要があります。

ファームウェアのダウンロード

ファームウェアのダウンロード

ステップ5、修復:ダウンロード完了後、「今すぐ修復」をクリックします。しばらく待ってから、修復プロセスが終わります。

修復完了

修復完了

②修理店に出す

もし電源ボタンが壊れたら、早めに修理店に出すのがお勧めします。電源ボタンは直さなくていいかも?」と思う方がいるかもしれませんが、電源ボタンがなければ、日常使用はとても不便になります。また、製品の保証期間内で過失による故障ではない場合は無料で修理できます。

まとめ

iPhoneはよく使われているスマホブランドですが、損傷やシステム不具合で電源ボタンが利用できなくなる場合があります。そこで、本記事では電源ボタンが利用できない時の再起動する方法を紹介しました。また、電源ボタンの修復について、専門ツール「AnyFix」を利用することでシステム不具合問題を解決すると修理店に出すの対処法を紹介しました。電源ボタンが効かなくなっても慌てないで以上の方法で試してください。

もしこの記事がお好きになれば、お友達やご家族にシェアでお願いします。ありがとうございます。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン