アイフォンがマナーモードにならない場合の対処法「4つの方法」

iPhoneの左側のマナーモードボタンを動かしても、マナーモードにならない場合がたまに起きます。この場合は、どうしたらよろしいのでしょうか。本文章では、この問題をめぐって4つの方法をまとめて皆様に解説しようと思っております。是非ご参考ください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月28日

アイフォンの左側にサイレントスイッチを使い、アイフォンのスピーカーから再生される音声をコントロールできます。具体的に言うと、iPhoneの左側のボタンを動かして、オレンジ色が見えない位置でなら、スマホが着信モードになります。着信モードでは、着信音や通知音が出ますが、一方で、マナーモードになると鳴りません。この便利な設置があってこそ、スマホが異なる場合で使う音声を易しく切り替えられます。しかし、ある場合、このボタンをどう動かしてもマナーモードになりません。授業中や会議中では、小さくても着信音が鳴ったらさぞ困りますでしょう。そこで、本文章では、この問題について、皆様に4つの解決方法をまとめて紹介していきます。

写真元:apple.com

写真元:apple.com

1.アクセシビリティの機能を使う

実際のボタンがiPhoneをコントロールできない場合、アクセシビリティ機能は一番便利な存在だと考えられています。では、下記でアクセシビリティの設置方法を紹介していきます。

1.ホーム画面より「設定」を開き、「アクセシビリティ」をタップします。

2.それで、「タッチ」をタップし、一番上にある「AssistiveTouch」をオンにしたら、スクリーンには灰色の操作アイコンが現れます。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

3.このボタンをタップし、「デバイス」を選択したら、右側に「消音」ボタンが表示されます。このボタンでスマホの着信モードと消音モード(マナーモード)の間に切り替えられます。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

2.機内モードを使う

機内モードをオンにした後、Wi -fiをオンにしない限りメール受信の通知音や着信音が出ることはありません。そして、このアイフォンに電話をかけてきたら、「電源が入っていないか電波の届かない」というアナウンスが流れます。また、機内モードをオンにすると、これまでの電話は自動的に留守番電話に移動されます。

機内モードをオンにするステップ:iPhoneの右上から下へスワイプし、コントロールパネルの左端に「飛行機」みたいなアイコンをタップしたら終わりです。(機内モードがオンにしているなら、飛行機のところはオレンジ色になります)

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

3.おやすみモードを使う

iPhoneの右上から下へスワイプし、コントロールパネルに「三日月」形のアイコンをタップし、それが紫色になれば、おやすみモードがオンになっています。

写真元:iphone-howto.jp

写真元:iphone-howto.jp

しかし、おやすみモードを初めて使うの方にとっては、いくつかの設定ステップがあります。

1.ホーム画面より「設定」を開き、「おやすみモード」をタップします。

2.一番上の「おやすみモード」をオンにします。「時間指定」はオフにします。「通知」は「常に知らせない」で設置します。

3.「着信を許可」の中に入って、「誰も許可しない」を選択します。

4.最後、「繰り返しの着信」をオフにします。これで、着信音が鳴りません。

おやすみモード中のアイフォンに電話をかけてきたら、「プー、プー」と話し中の音が鳴ります。

4.専門アプリAnyFixを使い、この問題を徹底的に解決する

上記の方法はそもそも臨時な対処法と言えます。マナーモードにならない場合、アイフォンのシステムに何か故障が出てしまう可能性が結構高いです。そのため、この問題を徹底的に解決するため、専門技術を借りてみてください。

AnyFixはAppleデバイスを復活するツールとして、130種類以上のiOS、iPadOS、tvOS不具合の修復に対応でき、200種類以上のiTunesエラーも修復でき、Appleを正常な状態に復元します。そして、このアプリの使い方はとても簡単です。特に専門知識などは不要で、初心者でも数クリックだけで問題を修復できます。

だから、AnyFixはこちらの特徴があります:

①デバイスに対応:130種類以上のiOS、iPadOS、tvOS不具合の修復に対応。

②iTunesに対応:200種類以上のiTunesエラーを修復でき、正常な状態に復元。

③使いやすい:特に知識などは不要で、初心者でも数クリックだけで問題を修復。

④専門なアプリ:豊富な経験を持つ専業チーム&100,000以上のユーザーを支援。

では、操作方法は下記の通りです。ご参考ください。

1.AnyFixをパソコンにダウンロードし、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.AnyFixを起動して、「システム修復」を選択してください。

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

3.「iPhone上50+の問題」を選んだら、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

4.iPhoneを修復する場合、3つのモードがあります。本章では「標準モード」を例に紹介していきます。

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

5.ファームウェアのダウンロード画面が表示されたら、「ダウンロード」をクリックします。このステップには、少し時間がかかりますので、少々お待ちください。

ファームウェアのダウンロード

ファームウェアのダウンロード

6.修復中、iPhoneが自動的に再起動しますので、指示の通りパスワードを入力したら、修復が終わりです。

修復完了

修復完了

まとめ

上記がiPhoneがマナーモードにならない場合の4つの解決方法です。臨時な対処法は目の前の問題に助けになれますが、徹底的に解決するにはやはり専門アプリAnyFixのダウンロードはおすすめです。もし、今回ご紹介した内容は皆さんのお参考になっていただければと思っております。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン