iTunes接続画面でiPhoneがフリーズした場合の復元方法

この記事では、iPhoneスマホがiTunes接続画面にフリーズしたときの解決方法をご説明します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年11月24日

iPhoneのiOSデバイスを使用している間、iOSのシステムをアップグレードする必要があります。もし、iPhoneのアップデートを行って、iTunes接続画面にフリーズした、というケースは発生すると、困りますね。そうなると、ユーザー様はきっといろいろな方法を試すでしょう。たまにはiPhoneを強制的に再起動をしてもなかなか正常に戻らないことこともあります。下記では、iPhoneがiTunesの接続画面にフリーズした状況を直す方法をいくつかご紹介したいと思います。

パート1 iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした原因

iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした時、普通、六つの理由だとされています。

1、iPhoneはiOSシステムを更新しているとき、WiFiネットワークへのアクセスが急に中断されたことです。

2、iPhoneのスマホはiTunesでiOSのシステムをアップデートしているとき、パソコンの電源が突然に切れた、あるいはスリープモードへ移行したことなどで、システムアップグレードのアップデートが中断されたことです。

3、パソコンの容量がいっぱいになったことです。iPhoneがiTunesと接続すると、もしiPhoneのバックアップをしたいとすると、iTunesのバックアップがCドライブにある指定されたフォルダに保存されるので、パソコンに容量が足りなく、少ないと、iPhoneのバックアップもできなくなり、iTunesの動作もフリーズした状態に陥ってしまうでしょう。

4、パスコンのスペックに関する問題です。iPhoneがiTunesと接続している時、iTunesの画面がフリーズになり、動かなくなったとき、タスクマネージャを開くと、iTunesに「応答なし」が表示されます。それは、パソコンのCPU計算に時間がかかりすぎること、あるいはネットワークの負荷が高いことが理由になるかもしれないです。しばらく待つと、iTunesは正常に戻れるかもしれません。

5、iTunesのバージョンが古すぎることです。iTunesのバージョンが古すぎると、iPhoneがiTunesと接続しているとき、iTunesはiPhoneを認識しにくくなり、iPhone上のデータも検出しにくくなるかもしれないです。

6、iTunesの自動同期が有効になることです。iTunesの自動同期をオンにしていると、iPhoneがiTunesと接続すると、同期が自動的に始まり、iTunesが動かなくなることも少なくないです。

パート2 iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした対策

ここでは、まず問題ごとに解決方法をご紹介したいと思います。

1、iOSシステムが更新しているとき、ネットワークへのアクセスが急に中断されたとき、再びネットワークとご接続ください。

2、iTunesでiOSのシステムがアップデートしているとき、パソコンの電源が突然に切れ、あるいはスリープモードへ移行し、システムアップグレードのアップデートが中断されたとき、もう一度パソコンに電源を入れてください。

3、パソコンの容量がいっぱいになった時、まずパソコンにある容量の空きを作ったり、iTunesをバックアップするときの保存先を外付けのHDDなどのことに変更して下さい。

4、パスコンのスペックに関する問題だと、iTunesのフリーズしたことを避けるために、他のプログラムを閉じる、あるいはパソコンのスペックを上げることはおすすめです。

5、iTunesのバージョンが古すぎると、できれば、iTunesをiPhoneと同じiOSのバージョンにアップデートしてください。普通、一番新しいバージョンはおすすめです。

6、iTunesの自動同期が有効になると、iPhoneをiTunesに接続する前に、まずiTunesを開き、メニューバーにある「編集」というボタンをクリックし、「環境設定」に入り、「デバイス」を押します。その中にある「iPod、iPhone、およびiPadを自動同期しない」という項目にチェックを入れると、iPhoneとiTunesとの自動同期は無効に設定できます。

7、もし以上書いた方法はすべてダメだったら、ここでは、「AnyFix」というアプリをご紹介したいと思います。「AnyFix」とは、簡単に違う種類のiPhoneかiTunesを復元するための専門的なアプリです。それで、簡単にiTunesのフリーズした問題を解除できますから、今すぐダウンロードして体験しましょう。

次は操作手順を画像付きでご紹介します。

Step 1、ご自分のパソコンでAnyFixに登録しましょう。それに、画面がフリーズしたiPhoneをパソコンと繋げます。そのあと、「システム修復」というボタンをクリックします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

Step 2、「iPhone上の50+の問題」を選択して、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

Step 3、AnyFixの画面にある指導に従い、一歩ずつ問題を解決します。いずれのモードを選び、iPhoneのリペアを始めます。ここでは、「標準モード」というモードおすすめです。そのモードだと、データは失われないです。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

Step 4、ファームウェアをダウンロードをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 5、何秒も待つと、iTunesのフリーズした画面は正常に戻れます。

修復完了

修復完了

まとめ

ときどき、いろいろな理由で、iPhoneの携帯電話がiTunes接続画面にフリーズしたことは発生します。ユーザー様にとっては、とても困るでしょうね。以上書いた七つの方法はとても効くと思い、お試しに値します。もしユーザー様は簡単かつ高速に、しかもデータの失いもなしでiTunesのフリーズした画面を正常に戻したいとすると、「AnyFix」というアプリをダウンロードして使ってみてください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン