iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

本記事はiPhoneのホーム画面をバックアップする方法を紹介します。

最終更新日:2020年10月22日

自分らしく整理したホーム画面のバックアップを取られば、iPhoneを初期化しても、機種変更しても、このバックアップによってホーム画面を復元できます。時間や手数を節約しますね。

本記事はiPhoneのホーム画面をバックアップできる便利的なツールを勧めします。ぜひ参考にしてください。

iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

ここでは、AnyTrans を紹介します。

AnyTransはiOSデバイス向けのデータ移行ソフトで、世界中一千万のユーザーがいます。このソフトを利用すればiPhoneのホーム画面を簡単にバックアップできます。

まずは、AnyTransの無料体験版をダウンロードして、インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

そして以下の操作手順に従ってください:

Step1:AnyTransをインストール < 起動 < USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぎ < iPhoneで「このコンピュータを信頼」します。

Step2:AnyTransのホーム画面の右下で「ホーム画面管理」をクリックします。

「ホーム画面管理」を選択

「ホーム画面管理」を選択

Step3:次の画面で「画面をバックアップ」をクリックして、しばらくすると画面をバックアップ出来ました。

そして、緑の「バックアップを確認」ボタンをクリックしてバックアップを確認します。

簡単-iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

簡単-iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

Step4:緑の「バックアップを確認」ボタンをクリックすると、次の画面でバックアップされたホーム画面の様子を確認できます。

「デバイスに同期」をクリックして、このバックアップをiPhoneに復元します。

簡単-iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

簡単-iPhoneのホーム画面をバックアップする方法

以上はiPhoneのホーム画面をバックアップする方法です。いかがでしたか?

ここで紹介したソフトAnyTransはiPhoneのホーム画面をバックアップできる以外、以下の強大な機能があります:

iPhone/iPad等のiOSデバイスで保存された貴重な写真/音楽/メッセージを守りたい時、AnyTransはiOSデバイスの全体一括と個別なコンテンツを選択的にバックアップできる更に、バックアップの内容をプレビューして、パソコンに導出できる

iPhoneの写真をiPadで見たい、iPadの音楽をiPhoneで聞きたい時、AnyTransはiOSデバイスの間でデータを転送できる

iPhoneのデータをパソコンへ移行したい時、iTunesの音楽をiPadに導入したい時、AnyTransはiOSデバイスとパソコン/iTunesの間でデータを転送できる

iCloudのデータを効率的に管理/編集/エクスポートしたい時、AnyTransはiCloudにサインインできて、データを管理できる

機種変更する時、iPhoneとAndroidのような、異なる機種の間でデータを移行できる。

さらに、iPhoneのホーム画面をきちんと整理できる

また、製品を注文した場合も60日間の返金保証があるので万が一でも安心できます。数秒の時間をかかって、AnyTransの無料体験版をダウンロードしましょうか?

最後に

もしこの記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

何かご意見でもございましたら、コメントをしてください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5