5つの方法でiPhoneからパソコンに写真を入れる

この記事は、iPhoneからパソコンに写真を入れる方法を5つ紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月15日

日常生活の中に、iPhoneのカメラで写真を撮ったり、面白いビデオを撮影したりすることが非常に便利だが、iPhoneのストレージがすぐいっぱいになってしまうことがよくあります。

クラウドで保存する、あるいはパソコンに入れて、保存するのが最適な方法だと言えるだろう。パソコンでは、より効率的にスマホのデータを整理したり、自在に一変的な処理ができます。これからは、「iPhoneからパソコンに写真を入れる方法」を5つ紹介させていただきます。

方法1、ライトニングケーブルでパソコンと直接にアクセスする

ステップ1:

iPhone購入時に付属されているライトニングケーブルを利用し、パソコンに接続すればいいです。そしてPC側は、読み込み操作を行っているので、以下の画面が表示されます。

PC側の表示

PC側の表示

これと同時に、スマホは以下の提示画面が現れています。

iPhoneで「許可」をタップ

iPhoneで「許可」をタップ

ステップ2:

スマホで「許可」を選択し、パソコンのデスクトップに戻ります。まず、(スタートボタン)を右クリックし、[エクスプローラー]をクリックします。

[エクスプローラー]をクリック

[エクスプローラー]をクリック

[エクスプローラー]を展開し、PCという項目の中に、「Apple iPhone」が表示されます。

ステップ3:

まず、「Apple iPhone」を右クリックし、以下の画面に入ります。

「画像とビデオのインポート」を選択

「画像とビデオのインポート」を選択

そして、「画像とビデオのインポート」を選択し、次の画面に入ります。この時は、すべての新しい項目をインポートする、あるいは整理してから、つまり一部の項目をインポートすることになります。自分の需要によって選択すれば結構です。

iPhoneの写真をパソコンに入れる

iPhoneの写真をパソコンに入れる

例として、「インポート項目を確認、整理、グループ化する」をクリックしてみました。

一部のファイルを選択し、インポートすると、選んだ写真がパソコンに保存されました。(ファイル名が自由に変更できますので、わかりやすいファイル名をつけたほうが、ほかの写真と区別できます。)

PCに入れた写真

PCに入れた写真

これは、iPhoneがパソコンと直接に接続することで、[エクスプローラー]に読み込んだデータが表示される方法です。

方法2、iTunesで写真をパソコンに同期する

iTunes同期というのは、同じファイルが同じ内容になるようにする処理という意味があります。毎回最新なデータをパソコンに入れる時は、前回のデータが自動的に置き換えられてしまうことになります。iTunesの初心者に対し、この点について予めご了承ください。

ステップ1:

まず、「iTunes」をWindowsにダウンロードします。Googleなどの検索エンジンを利用して、「iTunes」を検索すれば、公式ウェブサイトで正式版をダウンロードできます。

しかし、公式ウェブサイトに入ると、[Microsoft Store]に誘導されてダウンロードすることになりますが、マイクロ公式ストアでのダウンロードスピードが遅すぎて、なかなか進んでない場合があります。ダウンロードが失敗になってしまうユーザーが多いそうです。

ストアを使わずに、下側の「Windows」にクリックしてください。

iTunesの使い方 - ダウンロード

iTunesの使い方 – ダウンロード

64ビット版あるいは32ビット版を選択すれば、「iTunes」のダウンロードが完成です。

iTunesの使い方 - ダウンロード

iTunesの使い方 – ダウンロード

ステップ2:

「iTunes」を展開し、AppleIDでサインインをしておきます。

Apple ID、パスワードを入力

Apple ID、パスワードを入力

次の画面に入り、「アカウント」を選択し、「このコンピュータを認証」をクリックします。

このコンピュータを認証

このコンピュータを認証

スマホには、認証許可という提示画面が表示されているので、「信頼」をクリックすればいいです。

パソコンでは同じ認証を行い、アクセスを許可するため「続ける」をクリックすると、次のステップに入ります。

「続ける」をクリック

「続ける」をクリック

ステップ3:

これで認証済です。ライトニングケーブルをパソコンにつなげ、というデバイスボタンをクリックし、そして、「写真」に入ります。

iTunesで「写真」オプションに入る

iTunesで「写真」オプションに入る

下側の「同期」をクリックすれば、スマホと同じように写真が表示されます。

「同期」をクリック

「同期」をクリック

これで、コピペでパソコンに写真やビデオを入れたり、パソコンからスマホに画像を転送したりすることができます。

方法3、iCloudやGoogleクラウドなどのクラウドサービスを通して、パソコンに写真をダウンロードする

iPhoneを利用する際に、iCloudに触れたことがあると思います。これは一番簡単な方法だと言えるが、iCloudの無料なストレージは5Gだけなので、容量が若干足りないです。

まず、iCloud.comにアクセスし、iCloudの登録画面に入ります。

icloud.comに入ってサインインする

icloud.comに入ってサインインする

そして、「写真」をクリックし、ダウンロードボタンを押せば、この一枚の写真がパソコンに保存できます。

複数枚の写真をダウンロードする場合は、「CTRL」を長押しながら、写真を選択すればいいです。すべてバッグアップする場合は、「CTRL+A」を同時に押し、またダウンロードをクリックすればオッケーです。

データを選択してダウンロード

データを選択してダウンロード

これで、ソフトウェアを使わずに、クラウドサービスを利用するだけで、iPhoneに保存された写真をパソコンに入れることができます。

しかし、インターネットを経由するので、セキュリティ面での不安もあるだろう。

それに、環境によってダウンロードスピードが遅くなる場合もあり、中途半端で止まったりするなど、長時間に待つ可能性があります。

方法4、メールやLineなどのSNSを介して、画像を送る

iPhoneからの写真をSNSやメールで即時にパソコンに入れることが可能です。

インターネットが普及してからSNSやメールの利用が頻繫になり、即時に文字、画像や圧縮されたファイルを転送することができます。

ただ、少量の写真や画像などが対応できますが、大きいサイズのファイルがSNSやメールという方法でパソコンへ転送することができないです。大量な写真を管理する時は、これは最善な方法とは言えません。

方法5、「AnyTrans」を利用し、iPhoneの写真をパソコンに入れる

前述した方法は、ある程度の利便性があり、一般的なやり方として常に使われているが、欠点も明らかに存在しています。大量なデータを転送する時、スピードが遅すぎなどの問題が最大な悩みだと思いませんか?

では、1分間で800枚で写真を転送できる「AnyTrans」という高速な転送ソフトを使って、iPhoneの写真をPCに入れる手順を説明させていただきます。

まず、AnyTransをPCにダウンロードしておきます

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

そして、ケーブルをパソコンに接続し、自分の携帯のデータがすべて映られています。同じアプリアイコンが表示され、写真の枚数や、アプリ数も明らかに表示されています。

iPhoneをPCに接続

iPhoneをPCに接続

「写真」をクリックし、必要な写真を選択すれば、パソコンに入れることができます。「すべてを選択」もあり、スマホに保存された写真を全部パソコンに入れることも楽になります。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

ヒント:保存先を設定する方法は、まずをクリックし、「環境設定」を選択します。

次に、ファイルのエクスポート先を選択すれば、指定された場所に保存できます。

保存先を設定

保存先を設定

これで、スムーズにiPhoneの写真をパソコンに入れました。「AnyTrans」を使い、より効率的にデータをコントロールできます。

まとめ

iPhoneの写真をパソコンに入れる方法が基本的に以上のような5つの手段があります。一番簡単な方法として、メールやSNSを通して、写真をパソコンに転送します。大量な写真をパソコンに入れる場合は、同時に高速な転送速度を持ちたいならば、AnyTransを強くお勧めします。今すぐ、AnyTransをダウンロードして使ってみましょう。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン