3つの方法でiTunesなしでiPhoneからパソコンに写真を送る

iTunesなしでiPhoneからパソコンに写真を送ることって可能ですか。その答えはもちろんイエスです。さて、今回の記事は3つの方法をまとめて紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年12月22日

iTunesは、iPhoneやiPod、iPadにあるデータをバックアップしたり、復元したりするために、開発されたiOSデバイスのデータ管理ツールです。しかし、iTunesには欠点があります。それは新しいデータをバックアップする時、デバイス上の既存のデータは消去されることです。そして、iPhoneから選定したデータを別のデバイスを転送することもできません。そこで、iTunesを経由しなくてもiPhoneからパソコンに写真を送る方法はありますかという疑問が浮かび上がってきました。

では、本記事ではその答えを詳しくご説明します。

ここで、まずはiTunesを利用した通常の方法から紹介します。

iTunesを利用した方法

人にどうやってiPhoneの写真をパソコンに転送するのかって聞くと、答えはきっと「iTunesを利用する」でしょう。それはiTunesがiPhoneのユーザがデータ管理しやすく開発されたツールですから。iCloudみたいに容量が限られていません。
さて、iTunesを利用してiPhoneからパソコンに写真をアップロードする手順は以下になります。

Step 1、パソコンのiTunesを起動してください。USBケーブルでデバイスとパソコンを接続してください。

Step 2、iTunes表示画面の左上にあるiPhoneのアイコンをクリックし、写真を選択してください。

Step 3、「写真を同期する」項目を選択し、アルバムを選択してアプライをクリックします。

そして、少し待っていてください。同期プロセスが開始します。

iTunesを利用しなく、iPhoneの写真をパソコンに

iTunesはiPhoneの写真をパソコンに転送することができますが、最大の欠点の一つとしてはユーザーが転送したい写真を選択して同期することができないことです。フォルダの中に写真が沢山あるユーザーにとっては非常に不便です。さて、これからはiTunesが使用せずに写真をiPhoneからパソコンに送る方法をご案内します。

AnyTransでiPhoneからパソコンに写真を送る方法

AnyTransは頼りになるiOS専門のデータマネージャーです。27種類のデータを処理可能で、iPhoneだけではなく対応できるデバイスが多く、柔軟なバックアップができます、優れたところがたくさんあります。

1.AnyTransはiPhoneデータを完全にコントロールできます。iPhoneにある写真や動画をスマートに分類して異なるフォルダに保存します。クリックするだけでカテゴリにある写真を特定し、パソコンに転送できます。

2.AnyTransはiTunesの同期制限をなくして、音楽を自由にデバイス間に転送することを実現します。

3.音楽だけでなく、AnyTransはiPhoneや、iPad、iPodのメッセージを便利に管理でき、メッセジーをプリントアウトしたりすることなども簡単な操作で行われます。

簡単な操作でデータロスを心配しなく、好きなようにデータを管理でき、バックアップしたいデータを抽出でチェックすることもできます。AnyTransはデータ管理のプロです。全てをAnyTransに任せてください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

それでは、操作手順を詳しく紹介します。

まずはパソコンにAnyTransをインストールして立ち上げます。

Step 1:AnyTransを起動 > USBを通じてパソコンとiPhoneを接続 > ホーム画面の「写真」をクリックします。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

Step 2:パソコンに入れたい写真を選択 > 右上の(PCへ)を選択します。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

Step 3:転送プロセスが終わったら、「ファイルの表示」をクリックすると、パソコンに取り込んだ写真を確認できます。

ファイルエクスプローラーでパソコンに写真を送る方法

Windowsユーザーにとって, パソコンに備えたファイルエクスプローラーを利用してiPhoneにあるデータをパソコンにバックアップすることもいいチョイスです。手順は以下になります。

Step1、まずはUSBケーブルでデバイスをパソコンに接続します。そして、パソコンにデバイスの使用許可を与えてください。

Step2、「スタート」にクリックし、エクスプローラーを開き、「PC」をクリックして、 iPhoneのアイコンをクリックしてデバイス容量をチェックし、DCIMフォルダをクリックしてください。

すると、写真を自由にパソコンに転送することはできます。

Google Driveでパソコンに写真を送る方法

iPhoneに保存した写真をUSBケーブル要らなくてもパソコンに転送する方法もあります。それはGoogle Driveが必要となります。

Step1、Google Driveをダウンロードして立ち上がってください。

Step2、アプリを開いて、操作画面の一番底にある「+」アイコンをクリックし、「アップロード」を選択して「写真とビデオ」を選んでください。

すると、Google Driveにアップロードしたい写真を抽出して転送してくだい。

Step3、パソコンにも同じくGoogle Driveをインストールして、「Google Drive」というフォルダを開いてください。さっきバックアップした写真はそこにあります。

まとめ

今回の記事では、iTunesを経由しなくてもiPhoneからパソコンに写真を転送する方法を2つご案内しました。その2つの方法はもちろんご自由に選んでもいいですが、ここはより安全で便利なAnyTransをお勧めします。手間をかけなく、クリックするだけで時短且つ自由にデータ管理することができます。ぜひダウンロードして試してみてください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン