パスワードが正しくないためiPhoneを復元できない?対策をご紹介!

iPhoneを持っているユーザーたち、iTunesのパスワードを覚えていますか?万が一忘れた場合は、どうすればいいのか?パスワードでログインすることが出来ないと、バックアップすることができませんので、困りますね。本記事は様々対策をご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年08月02日

iPhoneデバイスを切り替えようとした場合、またはiPhoneデバイスのデータを紛失した、データを削除した場合は、iTunesとiCloudを使って古いバックアップファイルからiPhoneデバイスを復元する必要があります。

iTunesを利用して特定のバックアップファイルを復元する前に、パスワードを要求します。しかし、パスワードが間違っていたため、iTunesはiPhoneを復元できませんという問題に遭ったAppleユーザーが少なくないと思います。

今回は上記の悩みを持っている皆さんに、4つの対策をご紹介します。ぜひ最後まで読んでください。

1.覚えているすべての可能なパスワードを入力する

普段がよく使っているパスワード全部を試してみてください。例えばGmailのパスワードやパソコンのログインパスワードなどです。また、自分の誕生日、もしくは家族の誰かの誕生日も試してください。

2.iCloudを使って、データをバックアップ

iTunesのパスワードを忘れてしまいました。ここで、代替の解決策としてiCloudにバックアップを作成することをご紹介します。。この機能を有効にして、iPhoneをバックアップするのは簡単です。iCloudを使るメリットとして、データをバックアップすることでは、パスワードは必要がありません。しかし、デメリットは1つがあります。これはすべてのデータがApple社のサーバーに送信されてしまうことです。iCouldを使ってデータをバックアップする手順は下記の写真を参照してください。

デバイスの 設定 > Apple IDの名 > iCloud をタップします。iCloudタブでバックアップを有効にします。

手動的にバックアップする

手動的にバックアップする

デバイスが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときにのみ自動的にバックアップされます。無料のiCloud容量(5 GB)を超えると、追加ストレージを購入しなければなりません。新しいデバイスから同じApple IDにログインすると、バックアップしたデータを復元できます。

3.PhoneRescue for iOS

PhoneRescue for iOSとは何か、知らない方がたくさんいると思います。ここで、PhoneRescue for iOSについて紹介します。PhoneRescue for iOSはiPhoneバックアップのパスワードを解析できるソフトです。これを使うと、バックアップのパスワードを無料で解析することができます。PhoneRescue for iOSはデータ復元ソフトとして多くのiPhoneユーザーに知られています。パスワードを解析する機能は最近追加されました。この機能は暗号化したバックアップパスワードの分析することや表示することができます。

これからパスワードの解析機能の特性について紹介したいと思います。

①最先端技術でiTunesバックアップのパスワードを解析し、最大18位のパスワードの解析をサポートする

②英語や数字、記号などの組み合わせの複雑なパスワードを解析可能

③パスワードの可能な種類や長さを設定すれば、解析速度を早くさせることができる

④バックアップ内容を見たり、選択的に復元したりすることもできる

⑤PhoneRescue for iOSで復元する際にはiPhoneに既存のデータを上書きしない

具体的操作手順は下記のようになります。ぜひ参照してください。

まずはPhoneRescue for iOSをダウンロードしましょう!

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

次に立ち上げてください。「バックアップからリカバリー」という機能を確認してください。

「iTunesバックアップからリカバリー」を選択する

「iTunesバックアップからリカバリー」を選択する

パスワードを設定した覚えがないのバックアップを選択して次のステップに進めます。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

次のような「バックアップが暗号化されています」というメッセージが表示されます。「パスワードをお忘れの場合」をクリックします。

「パスワードをお忘れの場合」をクリック

「パスワードをお忘れの場合」をクリック

パスワードの可能な種類や長さ、クラックのスレッド数などを選択してください。 > 「開始」をクリックして解析を始めます。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

パスワードの種類や長さによって、かかる時間が異なります。また、分析を早く終わらせるため、パソコンで同時にほかの操作を実行しないでください。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

その後、パスワードが表示されました。「スキャン」をクリックすると、PhoneRescue for iOSでiTunesバックアップのデータを出したり、iPhoneに復元したりすることもできます。

「スキャン」をクリック

「スキャン」をクリック

PhoneRescue for iOSは有料ソフトですが、パスワードの解析&表示、そしてiTunesバックアップの確認機能が無料試用で利用できます。もしパスワードを表示させたいなら、無料試用版でも十分だと思います。パスワードの解析&表示以外にデータ復元ソフトとして、iPhoneのLINE履歴、SMSメッセージ、電話帳、メモ、写真、動画などの多くの種類のデータを復元することができます。

まとめ

パスワードを覚えていない場合、暗号化バックアップからデータの復元は大変面倒です。二度と暗号化バックアップを作成しないと考えるユーザーもいるでしょう。しかし、暗号化はユーザーの個人データを保護するためとても大事なものです。万が一、忘れた場合はPhoneRescue for iOSを使って、パスワードを解析してください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン