iOS 13/12にアップデートしたらWi-Fiの不具合の対処方法

iOS 13/12にアップデートしたら、iPhoneでのWi-Fiが何か不具合に会ったことがありますか?ここでは、iOS 13/12にWi-Fiの不具合を対処する方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年03月10日

iOS 13/12へアップデートした後、お使いのiOSデバイスがWiFiに繋がりにくくなったことはありますか?WiFiが接続できなくなったら、大変不便なんでしょう。

ここでは、iOS 13/12にアップデートした後iPhoneの重要なWi-Fi機能に不具合が発生したユーザーに、Wi-Fiの不具合を解決する方法をいくつかご紹介します。

iOS 13/12にアップデートしたらWi-Fiの不具合を解決する方法

Wi-Fiが繋がりにくくなったり、不安定だったりなどの状況に会ったら、以下の四つの方法で、Wi-Fiの不具合を解決してみましょう。

方法1、Wi-Fiをオン・オフに切り替える。Wi-Fiに接続できないとき、Wi-Fiの機能をオン・オフに切り替えてみると、効果的に繋がりにくい状態が改善するかもしれません。

方法2、ネットワーク設定をリセットする。iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「ネットワークをリセット」を選択すると、iOS 13/12のデバイスのネットワークをリセットしてみましょう。リセットが終わったら、Wi-Fiの設定から自身が使っているWi-Fiを選んで再度パスワードを入力して接続してください。

ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットする

方法3、iOSデバイスを再起動する。それも簡単な作業ですが、デバイスを再起動すると、よくWi-Fiの不具合や他の問題を解決できるようになります。

方法4、Wi-FiのDNSを変更する。Wi-FiのDNSをGoogle Public DNS「8.8.8.8」に変更すると、Wifiがうまく繋がらない状態を改善できると多くのユーザーにすすめられます:iPhoneで「設定」Wi-Fiに入る > 使っているWi-Fiの右の「i」をタップする>Wi-FiのDNSの数字を「8.8.8.8」に変更する。

Wi-FiのDNSを変更する

Wi-FiのDNSを変更する

お見逃しなく:iOS 13アップデートによる不具合と対処方法まとめ>

高機能なiOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS

PhoneRescue for iOSはiPhone/iPad/iPod touchのデータだけでなく、iOSシステムを回復することもできます。iOS 13/12アップデートによる、データが消えたり、リンゴループ、リカバリーモードループ、黒画面に陥ったりしたら、PhoneRescue for iOSはお役に立つことができます。

  • 紛失したデータをiOSデバイスから、iTuneバックアップから、iCloudバックアップからリカバリー、という三つの復元モードがある
  • 暗号化されたiTunesバックアップも、破損したバックアップも、その中から写真、ビデオ、アプリのファイルなどを抽出可能
  • 必要なデータを復元でき、安全かつ効率的に復元可能
  • システム問題の修復に役立つ

今すぐダウンロードして無料体験しましょう>

高機能なiOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS

高機能なiOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS

以上の設定で、iOS 13/12にアップデートしたらWi-Fiの不具合を解決できるようになると思います。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。