iPhone 8の指紋認証ができない場合の7つの原因と対策

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

ここでは、iPhone 8の指紋認証(Touch ID)が反応しない・できない時に、原因&対処法を詳しくご紹介します。悩んでいる方ににぜひ見ていただきたい。

最終更新日:2018年12月06日

iPhone 5sで指紋認証登録ができません。 指紋追加でホームボタンに触れても何も反応しません。 試しに友人の指でも行いましたができませんでした。エラーメッセージも出ないのですが 原因がわかりません。 どうようなことが考えられますか?

Appleコミュニティより

iPhone 8を使いたいですが、指紋認証登録ができません。パスコードの入力を求められて、ロックを解除します。iPhone 8の指紋認証(Touch ID)が反応しない・できないなら、ロックの解除やアプリのダウンロード・購入が行える便利さは手放せません。なので、今回はiPhone 8の指紋認証(Touch ID)ができない場合の7つの原因と対策をご紹介します。

iPhone 8の指紋認証ができない場合の7つの原因と対策

その1:指先とホームボタンが清潔で乾いていることを確認

指先とホームボタンが清潔で乾いていることを確認します。また、清潔で糸くずの出ない柔らかい布でホームボタンの周りを掃除して、きれいな状態を保ってください。

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

その2:指が汗などで濡れている

指が汗などで濡れていると、Touch IDで認識されなくなる経験もよくあります。その時、一度指先を拭いて、または洗ってみましょう。

その3:Touch ID がスキャンしている間は、すばやくタップしない

iPhone 8の指紋を登録する時、すばやくタップしたり、指を動かしたりしないでください。

その4:指紋認証でホームボタンに触った指の角度(位置)が違う

iPhone 8で登録時と認証時指紋の位置・角度が違うと、iPhone指紋認証失敗しやすくなります。指がホームボタンをしっかりと覆うようにし、ボタン周囲の金属のリングに触れるようにします。

その5:保護フィルムの貼り方が悪い

iPhoneの画面を保護するために、保護フィルムを貼っている方はいっぱいいます。しかし、貼り方が悪いことで、指紋認証する際、認証できない・指紋認証が反応しないこともよく発生します。その場合には、フィルムを交換して、またはホームボタンと周囲のリングにはかぶらないようにしてください。

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

その6:指紋の登録をし直してみる

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

iPhone 8の指紋認証ができない場合の原因と対策

その7:プロに任せよう

それでもiPhone 8の指紋認証(Touch ID)ができない場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにデバイスをお持ちいただくか、Apple サポートにお問い合わせください。

最後に

以上はiPhone 8の指紋認証(Touch ID)が反応しない・できない時の原因&対策です。

iPhone X以降はホームボタンが廃止されましたが、ホームボタンがないことに慣れない人もいるでしょう。ホームボタンを搭載したiPhone 8 (Plus)/7/6 (Plus)/6sを使っているユーザーは、ぜひ見逃さないでください。

この記事がお役に立てれば、FacebookやTwitterなどにシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans ® for iOS iPhone 8の指紋認証ができない場合の7つの原因と対策
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!