iOS 13のiPhoneでテザリング自動接続ができない場合の対策

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iOS 13にアップデートした後、テザリングした端末に自動接続できなくなりましたから、どうすれば解決できますか?今回のガイドはその解決策をまとめてご紹介します。

最終更新日:2019年09月29日

iOS 13にアップデートしたら、iPhone(Wi-Fiルーター親機として使用)に自動接続出来なくなった。毎回パスワードを入力すれば接続出来るが、Androidタブレットは全く接続出来ない。ネットワークのリセットを実施したが治らない。どうにかなりませか?

– Apple コミュニティ

iOS 13にアップデートした皆さんも上記のような問題にあったことがありますか?今まで、設定からインターネット共有の画面を開いたら、使用しているテザリングに自動で接続されています。しかし、iOS 13にアップデートしてから、自動で接続されなくなっています。そのため、今回の記事はiOS 13のiPhoneでテザリング自動接続ができない場合の対策をまとめてご紹介します。

方法一: 正しい方法でインターネット共有を設定

iOS 13ではインターネット共有の仕様が変わりましたから、まず、正しい場所でインターネット共有を設定してください。

手順: 「設定」>「Wi-Fi」>「インターネット共有へ自動接続」の順でタップ > 「自動」を選択して自動で接続されます。

「インターネット共有へ自動接続」で設定

「インターネット共有へ自動接続」で設定

方法二: App Store以外からダウンロードしたアプリを削除

手順: お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップ > 公式のApp Store以外からダウンロードしたアプリを削除します。

App Store以外からダウンロードしたアプリを削除

App Store以外からダウンロードしたアプリを削除

方法三: iOSデバイスを再起動

デバイスを再起動することは不具合を解除するの通常方法ですから、もし上記の方法を使っても解決できませんなら、とりあえず、お使いのiOSデバイスを再起動してみてください。次の記事は各機種の再起動方法を紹介していますので、参考にしてください:iPhone XS/XR/X/8/7/6sを再起動・強制再起動する方法>

最後に

以上はiOS 13のiPhoneでテザリング自動接続ができない場合の対策まとめです。いかがでしょうか?もしiOS 13にアップデートしたユーザーも同じ問題にあったら、ぜひ上記の方法を試してください。この記事をお気になったら、iPhoneを持っているお友達や家族などにシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5