iMovieで動画に音楽をつける方法

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

スマホ好きで、いつもスマホに関する情報を集まって、不具合の解決に焦点を当て、iOSデバイス・Android端末をもっと便利に使えます。

今回は、iPhoneのアプリ「iMovie」で動画に音楽をつける方法を詳しく紹介していきます。

最終更新日:2019年05月20日

今までにテレビやYouTubeを見ていて、自分もiPhoneで手軽に動画の編集を行ってみたい、と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。今回は、iPhoneを用いて、動画に音楽をつける方法をピックアップして紹介していきます。動画編集を一度もしたことがない初心者の方でも簡単に利用できる、「iMovie」の使い方を見ていきましょう。

iMovieで動画に音楽をつける方法

Step 1:動画編集アプリ「iMovie」をインストールする

まずは、動画編集アプリ「iMovie」をインストールします。下記リンクからアプリをインストールしてから、手順を見ていきましょう。リンクが開けない方は、App Storeで「iMovie」と検索すると、インストールすることができます。

Step 2:iMovieを起動して動画編集プロジェクトを開始する

iMovieのインストールが完了したら、iPhoneのホーム画面からiMovieを開きます。「プロジェクトを作成」と表示されているアイコンをタップすると、新規プロジェクトが作成できます。動画に好きな音楽をつけたい場合は、「ムービー」のプロジェクトを選択します。

①「iMovie」アイコンをタップします。

①「iMovie」アイコンをタップします。

②「プロジェクトを作成」アイコンをタップします。

②「プロジェクトを作成」アイコンをタップします。

③「ムービー」のプロジェクトを選択します。

③「ムービー」のプロジェクトを選択します。

Step 3:iMovieで音楽をつけたい動画を選択する

「ムービー」のプロジェクトを開始したら、画面の左上にある「メディア」をタップして、「ビデオ」を選択します。「ビデオ」を開くと、アルバムに存在する動画の一覧が表示されるので、音楽をつけたい動画を選択して、チェックマークをタップしましょう。チェックできたら、画面下の「ムービーを作成」をタップします。

① ①「ビデオ」を選択します。

①「ビデオ」を選択します。

②編集したい動画にチェックを入れます。

②編集したい動画にチェックを入れます。

③「ムービーを作成」をタップします。 ③「ムービーを作成」をタップします。

Step 4:iMovieで動画に音楽をつける

動画編集画面が表示できたら、画面中央左の「+」マークをタップして、編集を行っていきます。音楽をつけたい場合は、「オーディオ」を選択しましょう。「オーディオ」を選択すると、様々な種類の音楽を選ぶ画面が表示されます。

今回は、iMovieに元々搭載されているBGMである「テーマ曲」を選択します。iTunesの曲を選びたい場合は「曲」、効果音をつけたい場合は「サウンドエフェクト」をタップしましょう。「テーマ曲」を開くとBGMの一覧が表示されるので、好きな音楽をタップして「使用」を選択します。これで、動画にBGMを流すことができます。

①編集画面中央左の「+」をタップします。

①編集画面中央左の「+」をタップします。

②音楽をつけたい場合は「オーディオ」を選択します。

②②音楽をつけたい場合は「オーディオ」を選択します。

③テーマ曲の一覧から好きなBGMを選びます。

③テーマ曲の一覧から好きなBGMを選びます。

Step 5:音楽を流す時間や音量を調整する

それでは、動画の中でBGMを流したい箇所や音量を編集する方法について、説明していきます。BGMが流れる部分は、緑色のバーで表示されています。画面中央の白い線が、BGMを切り取りたい箇所に到達するまでスクロールします。

緑色のバーをタップして、「分割」を選択すると、白い線の左と右で音楽が分割されます。後半部分を切り取る場合は、右側部分をタップして、「削除」を選択します。このようにして、BGMを流す部分を編集することができます。

また、緑色のバーをタップして、中央下の「スピーカー」のマークを選択することで、音量の調整を行うことができます。

①白い線の前半と後半で分割します。

①白い線の前半と後半で分割します。

②BGMを削除したい箇所を切り取ります。。

②BGMを削除したい箇所を切り取ります。

③音楽のボリューム調整を行います。

③音楽のボリューム調整を行います。

Step 6:編集した動画を保存する

動画に音楽をつけることができたら、保存をしましょう。画面左上の「完了」をタップして、プロジェクト画面中央下のアクションアイコンを選択します。「ビデオを保存」をタップすることで、編集したムービーを自分のフォトライブラリに保存できます。

①編集終了後、画面左上の「完了」をタップします。

①編集終了後、画面左上の「完了」をタップします。

②アクションアイコンをタップします。

②アクションアイコンをタップします。

③「ビデオを保存」のアイコンをタップします。

③「ビデオを保存」のアイコンをタップします。

最後に

今回は、iPhoneのアプリ「iMovie」で動画に音楽をつける方法を紹介しました。iMovieは、BGMをつけるだけではなくテロップの挿入やクリップのカットなど様々な編集機能があります。使い方をマスターすれば、YouTuberのような凝った動画の作成もできるようになるので、この機会に是非とも編集に挑戦してみてください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iMovieで動画に音楽をつける方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5