Apple Watchで目覚ましの使い方一覧

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

このページはApple Watchを目覚まし時計としての使い方を紹介します。

最終更新日:2018年12月29日

Apple Watchは薄くて、便利で、しかもヘルスケア、携帯電話、目覚ましなどの機能が搭載していマスカラ、多くの方に愛されています。最近ちょっとした体験しましたが、その目覚まし機能にが超便利だと感じていました。特に、手首で振動して、早起き時に周りの人に迷惑をかけずにこっそりと起きられるというところがとても好きです。

それでは、Apple Watchでうまく目覚ましを利用するために、ここでApple Watchで目覚ましの基本的な使い方を画像付きで説明していきます。

Apple Watchで目覚まし機能を活用する

1.アラームを追加

Apple Watchにアラームを追加するには、アラームアプリを開いてから、画面を強く押します。追加ボタン「+」をタップしてApple Watchにアラームを追加します。

Apple Watchで目覚ましの使い方-1 写真元:cdn-ak.f.st-hatena

Apple Watchで目覚ましの使い方-1
写真元:cdn-ak.f.st-hatena

2.アラームを設定

既に追加されたアラームを設定するには、そのアラームを軽くタップすると、アラームを 編集できます。

編集画面に時刻を変更したり、繰り返しを設定したり、アラーム音を設定したり、スヌーズをオン・オフに切り替えたりすることができます。

Apple Watchで目覚ましの使い方-2 写真元:cdn-ak.f.st-hatena

Apple Watchで目覚ましの使い方-2
写真元:cdn-ak.f.st-hatena

注意:アラームの右側のボタンをタップすれば、アラームをオン・オフに切り替えます。うたた寝を防止するには、ぜひスヌーズボタンをオンにしてください。そうすると、数分空けてから再びアラームが鳴ります安心できます。

3.アラームを削除

Apple Watchでアラームアプリを開き、削除したいアラームを選択して、一番下までスクロールして、「削除」をタップします。

Apple Watchで目覚ましの使い方-3 写真元:Watch.skydocu

Apple Watchで目覚ましの使い方-3
写真元:Watch.skydocu

Tip:Apple WatchをiPhoneとペアリングしたら、iPhoneでApple Watchのアラームを設定できます。

Apple Watchで目覚ましの使い方-4

Apple Watchで目覚ましの使い方-4

まとめ

以上はApple Watchの目覚まし時計の基本的な使い方です。いかがでしょうか?Apple Watchをお持ちの方は今すぐこの目覚まし機能を体験しませんか?そして、Apple Watchは目覚まし以外の様々な素晴らしい機能も搭載されています、Apple Watchを活用したい方にぜひこのページを読ませていただきたいです。

ホーム AnyTrans ® for iOS Apple Watchで目覚ましの使い方一覧
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!