【iPhone/Android】LINEが送れないエラーの原因・対処法

LINEはネットワークの不具合やエラーの原因でLINEが送れない、LINEが送信できないという事態があります。この記事は、突然ラインのメッセージが送れなくなるとき、考えられる原因と対策をを画像付きで解説しています。

ばくてい 最終更新日: 2020年07月13日

LINEのトークで、メッセージや写真、動画などを送ろうとしても、「送れない」というが時々あります。多くは通信回線の異常を思いましょう。あるいはLINEアプリやスマホ本体の一時的な問題だと考えられます。実際はなぜかいメッセージの受信はできるのに、LINEが送信できないかよくわからない方がいっぱいいます。

もし、お使いのiPhone/AndroidのLINEでメッセージが送れない・送信できないエラーになったら、以下の原因と対策で改善できる可能性もあります。ぜひ試してください。

Part 1.LINEが送れないとき考えられる原因とは

iPhone/AndroidのLINEで、急にメッセージが送信できなくなってしまった、なぜでしょうか?一般的には、通信環境の悪く考えられる方は多くいます。利用中のiPhone/Androidで通信環境が良くないと、手にメッセージが送信されていません。

実は、通信環境だけでなく、LINEが送れない原因は、LINEの不具合、端末の障害など、ほかにも多くあります。LINEが送れないとき考えられる原因とは:

原因1.通信制限・Wi-fi環境の不具合

LINEが送れないとき、まず通信環境を確認しましょう。
インターネット回線への接続は安定していますか?Wi-fi環境・4Gをオン・オフに切り替えてみてください。または、機内モードもオフ・オンに切り替えてみます。

通信の問題が解消されると、LINEのメッセージは自動的に送信されます。

通信環境が安定しているかわからないなら、ほかのアプリを使ってみて確認しましょう。

LINEが送れないエラーの原因・対処法

LINEが送れないエラーの原因・対処法

原因2.LINEアプリの不具合

LINEが特定バージョンに更新すると、急にラインが送れない報告がよく聞きます。LINEが送信できないとき、LINEアプリの不具合を確認しましょう。TwitterやFacebookなどSNSの報告を見て、同じ現象に遭遇するLINEユーザーが多いか確認します。

もし、多くの人はLINEでメッセージが送信できないなら、LINEの不具合が発生する可能性が高いです。その時、LINEの新バージョンまたは不具合を修正することを待つしかないです。

原因3.端末の不具合【iPhone/Android】

もちろん、iPhone/Androidの不具合で、LINEが送信できない・送れない場合も時々あります。特にLINEだけでなく、iPhone/Androidほかのアプリ全部正常に使えないなら、お使いの端末の不具合を疑いましょう。

原因4.相手は受信拒否設定がオンになっている

実は、LINEメッセージが送れないとき、もう一つ考えられる原因は、メッセージ受信拒否設定がオンになっている、もしくは相手のLINEで自分が友だちになっていない可能性があります。相手は誤って操作したかもしれません。

原因5.相手がブロックしていた

iPhone/Androidのラインで相手にメッセージを送信したが、既読もつかず返信もないなら、送れない・送信できないと感じますよね。その時、多分相手からブロックされているかもしれません。

原因6.アカウント凍結の可能性を考える

もう一つの原因は、LINEの利用規約違反によってアカウントが利用停止と考えられます。

LINEのアカウントは突然凍結される原因は大体3つ:

  • 「不特定多数の人へ短期間で同じ内容のメッセージを送信した」
  • 「LINE IDを不特定多数の人が見られる」
  • 「一定期間に複数の人に通報された」

Part 2.LINEでメッセージが送れないときに試したい対処法

対処法1.通信環境(Wi-Fiや4Gなど)を確認する

LINEでメッセージを送れないとき、再送マークがでて消えない場合はネットワークへの接続状態に不具合がないかを確認してみましょう。

①機内モードをオン・オフ

まずは、機内モードをオンにして、5秒ぐらいオフに切り替えてみます。

②Wi-Fiや4Gの状況を確認する

iPhone/AndroidでWi-Fiや4Gをオフ・オンに切り替えてみます。またはほかのWi-Fiネットワークに接続してみてください。

LINEが送れないエラーの原因・対処法

LINEが送れないエラーの原因・対処法

対処法2. LINEアプリや端末を再起動する

一般的には、 LINEアプリやiPhone/Androidは何か不具合が発生したら、まずはLINEアプリやiPhone/Androidを再起動してみます。これで80%ぐらいのバグを解消することができます。もし、お使いのiPhone/Androidでラインが送れないなら、LINEアプリやiPhone/Androidを再起動してみましょうか?

すべてのiPhoneの再起動・強制的に再起動する方法>>

対処法3.LINEアプリや端末を最新バージョンにアップデートする

この前、LINEアプリやiOS/Androidが特定のバージョンで不具合が発生した事例が時々あります。特にラインでトックや画像、動画が送れない・送信できない場合よく発生しています。

その時、LINEアプリまたはiOS/Android端末を最新のバージョンにアップデートして見れば、問題を解決できるかもしれません。

LINEが送れないエラーの原因・対処法

LINEが送れないエラーの原因・対処法

対処法4.送信相手をブロックし(にブロックされ)ていないか確認する

送信相手をブロック、または相手にブロックされたら、ラインが送れないとは当然でしょう。その時、スタンプやきせかえをプレゼントできるかどうか確認し、判断できます。もし、プレゼントできない場合には、相手からブロックされていると判断できます。

対処法5.LINEのサーバーエラーが問題の場合もあるので時間を置いてみる

LINEのサーバーエラーが問題の場合は、大規模な障害や不具合が発生しているはずです。

問題の原因と対処法をTwitterアカウントで告知しているケースが多いので、ご確認ください。その場合、しばらくLINEを使わない、置いてください。

【補足】誤ってLINEトックを削除したときの復元方法

もし、LINEの不具合を解消するために、誤ってLINEトックを削除したら、iOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOSで消えたLINEトックを復元しましょう。

全世界で570万ダウンロードを突破した「PhoneRescue for iOS」は、スマホデータ復元業界の最新術を採用し、iPhoneやiPad上の破損、紛失、間違って削除してしまったLINEトーク履歴や添付ファイルなどのデータを読み込み、復元することができます。

  • LINEのトーク履歴および写真、動画などの添付ファイルを復元し、LINEのデータを復活できる
  • 要なデータを省き、LINEのトーク履歴のみを復元することも可能で、手間をなくす(履歴を検索する機能をサポート)
  • 復元する前に、紛失したLINE履歴をプレビュー&選択できる
  • トーク履歴をhtml/textファイルに変換して、ご指定したパソコンのフォルダに保存できる
iPhoneからLINEのトーク履歴を選択して復元する

iPhoneからLINEのトーク履歴を選択して復元する

どうか、PhoneRescue for iOSをダウンロードして無料体験しましょうか?

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

詳しい手順は次の記事をご参考にしてください。

iPhoneからLINEのトーク履歴を完全に復元する方法

最後に

以上はLINEが送れない時の原因と対処法を解説しました。

LINEが送れない場合は、原因をちゃんと分析すれば、対処法も明らかにします。

LINEが送れない・送信できないなら、通信回線の異常、ラインや端末の不具合など様々な原因が考えられます。ここでは、その時やるべきこと(対策)もよく解説しました。ご参考にしてください。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。