MacのFinderで隠しファイルを表示する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

この記事は、MacのFinderで隠しファイルを表示する方法を紹介します。

最終更新日:2019年11月14日

以前、隠しファイルを見たい時、ターミナルでコードを入力しなければなりません。やり方がちょっと複雑です。でも今はもっと便利な方法があります。ショートカットを使えば隠しファイルを見れます。だが、まだこの方法をよくわからない方がいるかもしれません。そこで今回はショートカットを利用して隠しファイルを表示する方法を詳しく皆さんに説明ます。

隠しファイルを表示する方法

Step 1:まずはメニュー欄の(Finderアイコン)をクリックして、Finderを開きます。開けたら、下記の画面が表示します。

Finderを開く

Finderを開く

Step 2:「shift+command+.」を同時に押します。

隠しファイルを表示

隠しファイルを表示

そしたら隠しファイルが表示されます。もし再び隠しファルを隠したいなら、「shift+command+.」をもう一度う押してください。

全てのファイルを表示(隠しファイルも含め)する方法:finderで「Command+Shift+G」を同時に押してください。

最後に

以上はMacのFinderの隠しファイルを表示/非表示する方法です。ショートカットを使って隠しファイルを表示するのはとても便利です。隠しファイルを表示したいなら、ぜひショートカットの「shift+command+.」を覚えてください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5