iPhone/iPadのディスク領域を解放する6つの方法

iPhone/iPadのディスク領域を解放する方法

iPhoneやiPadは、毎日あなたのディスクスペースを食います。それで、iPhoneのストレージを確認すると、空き容量はいっぱいになりますか?ストレージが不足になると、色々不便で困ります!当ページのiMobieガイドは、iPhone/iPadのスペースを解放して、ストレージをより有効に活用する方法を説明しています。どうぞ続けてご覧ください。

カメラロールをバックアップする

iPhoneで写真を撮影しようとすると、「ストレージの空き容量が足りないので写真が撮れない」という警告が出ましたか?写真は、いつもiPhone、iPad上のスペースを大きく占めています。写真をどんどん放り込んでいて、気が付くといつの間にかiPhoneに空き領域がほとんどないです。iPhoneを順調かつ快適に使うように、スペースを大きく占めている写真をパソコンにバックアップして削除することをおすすめします。

ストレージ不足で写真が撮れない

ストレージ不足で写真が撮れない

アプリを削除&再インストールする

スペースの解放のため、アプリを削除&再インストールする

スペースの解放のため、アプリを削除&再インストールする

アプリを使用する限り、ジャンクファイルが生成されます。また、これらの役に立たないデータは、アプリの内部に格納されています。iPhone使用期間とともに、アプリケーションのメモリも日によって大きくなってきます。

iPhone/iPadのスペースを占有しているアプリを見つけるために、次のように実行してください:「設定」 > 「一般」 > 「使用状況」 > 「ストレージを管理」。最もと頻繁に使用されるアプリが一覧表示されます。それらを削除することで、iPhone/iPadのスペースを解放することができます。

ご注意:App Storeからアプリを再ダウンロードする時、以前のチャット履歴とゲームの記録などが失われます。

iPhoneから不要なアプリを削除

iPhone/iPad上の使わないアプリはストレージスペースを消耗していますから、ストレージを占めている不要なアプリがあるかどうかをチェックして、要らないアプリを削除しましょう。

iPhone/iPadで「設定」>「一般」>「使用状況」>「ストレージを管理」に入ります。削除したいアプリをタップして、「Appを削除」をタップします。または次のステップに従って、アプリを削除できます:

1.任意のアプリを長押しします。

2.削除したいアプリの左上の「×」をタップします。

3.「削除」を選択します。

iPhoneから不要なアプリを削除

iPhoneから不要なアプリを削除

古いビデオとPodcastを削除

通常の場合、一度観たビデオとPodcastは二度と再生しませんから、iPhoneとiPadにそれらのファイルを残るのはストレージを無駄に使うことになります。

それらの古いビデオとPodcastを削除するには、前のステップと同じように、「ストレージを管理」に「ビデオ」項目に入って、すべてのテレビシリーズと映画が表示されます。削除したいビデオを左へスライドして、「削除」をタップします。Podcastを削除するのも同じ方法です。

古いビデオを削除

古いビデオを削除

フォトストリームを無効にする

自分の写真を自動的にiCloudに同期したい場合以外に、写真を二度と保存する必要はありません。さらに、写真はストレージを占める最大のデータになる可能性もありません。 従って、フォトストリームをオフにすることをおすすめします。

フォトストリームを無効にするには、「設定」>「写真とカメラ」>「自分のフォトストリームにアップデート」をオフにします。

自分のフォトストリームを無効にする

自分のフォトストリームを無効にする

Safariのクッキー&データを削除

iPhoneとiPadにSafariのキャッシュ、クッキーと履歴が保存されています。それらのデータは通常にサイズが大きくないですが、削除したら少しでもスペースを節約することができます。

「設定」>「Safari」>「閲覧履歴とWebサイトデータを消去」をタップして、画面の指示に確認してください。

Safariのクッキー&データを削除

Safariのクッキー&データを削除

iPhone/iPadを復元(最後の手段)

以上の方法を試してみたら、デバイスの利用できるストレージが以前より多くなったのでしょう。しかし、iPhone/iPadにはまだ他のジャンクファイルが残っています。それは電子メール、音楽とWebの閲覧履歴を含める「その他」というものです。デバイスにはどのぐらいの「その他」があるのかを知りたいなら、iTunesを開いて、容量を表示するところに「その他」にアウスを移動して、「その他」のサイズが表示されます。

iTunesで「今すぐバックアップ」をクリックして、お使いのiPhoneのデータをバックアップします。次は「iPhoneを復元」を選択します。最後は「バックアップ復元」をクリックして、iPhoneを復元します。

iPhone/iPadを復元

iPhone/iPadを復元

おすすめ記事:iPhone 7/7 Plusは買うべきか?新型iPhoneのメリットとデメリットを知っておこう >

アプリ中のシステムファイルがAppleによるロックされましたから、PhoneCleanはアプリのキャッシュなどのジャンクファイルを削除できなくなりました。しかし、当社は現在ほかのストレージを消耗する潜在的なジャンクファイルを探索して、iPhoneのストレージを簡単に解放できるように努力しています。これは、業界で最初の技術革新になるかもしれません。次のPhoneClean 4 には、みなさんにより多くの優れた機能を提供できるように願っております。次のバージョンを楽しみにください!

ご意見・ご感想をお寄せください