iPhoneから着信音をiTunesライブラリに入れる方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

どのようにiPhoneから着信音をiTunesライブラリに入れることができますか?このガイドは一つ簡単な方法をご紹介します。

最終更新日:2020年10月26日

パソコンが壊れてから、新しいパソコンを購入しましたが、もともとiTunesに保存していた着信音が古いパソコンからなくなりました。自分で作成した着信音なので、なくなったら再び作成するのが大変です。幸いのはiPhoneにそれらの着信音が入っていますから、iTunesに移動できれば復元できます。

それでは、どのようにiPhoneから着信音をiTunesライブラリに入れることができますか?iTunes本体でできませんから、ここで、iOSデバイス向け専用の転送ソフト – AnyTransをおすすめします。次の文章は、iPhoneの着信音をiTunesに入れる方法を具体的にご説明しますので、同じ悩みを持っている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneから着信音をiTunesに入れる必要なツール – AnyTrans

AnyTrans – iPhoneから着信音をiTunesに入れる必要なツール

パソコン上の音楽をiPhoneの着信音に転送したいですか?このソフトを使えば、mp3やm4aなどのファイルを自動的に着信音のm4rファイルに変換して、iPhoneの着うたに転送するのができます。

iTunesで着信音をiPhoneからiTunesに移動することができないため、サードパーティー製の転送ソフトを利用する必要があります。ここでは、オールインワンのiPhone管理ツール – AnyTransを選択しました。その理由は次の通りです:

権威コメント:

“AnyTrans4 – 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。”

“転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。”

“「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。”

また、ソフトは無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版をダウンロードして使い勝手を体験してみると良いかと思います。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

iPhoneから着信音をiTunesに入れる手順

Step 1、AnyTransを立ち上げて、USBケーブルを通じてiPhoneをパソコン(Windows PC/Mac)に繋ぎます。右上の「その他」をクリックします。

「その他」を選択

「その他」を選択

- もしお使いのiPhoneがAnyTransで認識されない不具合が出たら、こちらの対策をご参考ください:AnyTransでお使いのiPhoneが認識されない時に何をすべきか?>

- AnyTransのダウンロード・インストール・起動・設定などに不明な点がありましたら、AnyTransの使い方をご参考ください。

Step 2、iPhoneの管理画面から「着信音」に入ります。iPhone中の着信音がリストされます。右上の「PCへ」ボタンをクリックしてください。

iPhoneからパソコンに着信音を転送する方法

iPhoneからパソコンに着信音を転送する方法

iPhoneからPCに着信音を転送することが始まります。

Step 3、着信音をiPhoneからiTunesに入れたいたら、パソコンに転送した後、iTunesを起動してパソコンからiTunesに着信音を転送してください。

お見逃しなく:iPhoneからボイスメモをiTunes/PC/iOSデバイスへ転送する方法>

  1. AnyTransは着信音だけでなく、音楽、ビデオ、写真、ボイスメモ、連絡先などのデータもiPhoneからiTunesライブラリ/パソコンに転送することができます。更に、逆にiTunes/パソコンからiPhoneにデータを入れることも支持しています。
  2. AnyTransで「着信音管理」機能も備えて、個性的な着信音を作成して直接iPhoneに同期したいなら、この機能を利用してみてください。
  3. iTunes 12.7にアップデートした後、Windows/Macパソコンで着信音をiPhoneに管理/同期することができなくなりました。

最後に

以上は数クリックでiPhoneからiTunesに着信音を入れる方法です。そして、その方法はiPad/iPodの場合にも適用します。必要があれば、AnyTransをダウンロードして使ってみましょうか。もしこの文章はお役に立ちましたら、FacebookとTwitterでお友達と共有してください。

:AnyTransは有料ソフトですが、購入する前に無料試用が可能で、製品を注文しても60日間の返金保証も対応しているので、安心に試用&購入することができます。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5