iPhotoを再建築できる簡単な方法

要約

どのように重くなったり、使えなくなったりのiPhotoを再建築できますか?次の文章には、一つ簡単な方法はあります。

リュウラン

2016年03月18日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

MacClean - MacのiPhotoを簡単に再建築する

MacClean - MacのiPhotoのクリーナー

あらかじめMacCleanをダウンロードしましょう。次の文章を読み終わったら、iPhotoを再建築してみませんか。

Macの公式的な写真管理ソフトとして、iPhotoはiPhone/iPadなどから写真をMacへ導入したり、Mac上の写真を管理したり、写真を簡単に編集したりなどのことができます。しかし、iPhotoを使うと、サムネイルや編集された写真の元ファイルなどはiPhotoに残っています。それらの不要なファイルはストレージを消耗してしまって、iPhotoを重くさせます。その場合、iPhotoのそれらのジャンクを削除して、iPhotoを再建築することをおすすめします。次の文章は、一つMacの専門的なクリーナー―MacCleanを使って、ワンクリックでiPhotoを再建築する方法をご説明します。

必要なツール

iPhotoを再建築するに必要なのはMacCleanというソフトです。Macのプロなクリーンアップソフトウェアとして、MacCleanはすべてのMacモデルに対応して、Macのジャンクファイルの消去、iPhotoのクリーンアップ、アプリのアンインストール、プラグインの削除などの機能をサポートします。更に、不要なデータを徹底的に削除するのか、ゴミ箱に入れるのか、二つの削除モードがあります。iPhotoを再建築するには、MacCleanは簡単にできるようになります。

それではさっそくMacCleanをダウンロードして、iPhotoを再建築してみましょうか。

お見逃しなく:Macが重い時効果的に改善する方法>

MacCleanでiPhotoを再建築する

ステップ1、MacCleanを立ち上げます。

ステップ2、「ユーティリティ」下の「最適化ツール」 > 「iPhotoクリーン」に入ってください。

ステップ2:MacCleanでiPhotoクリーンに入る

ステップ2:MacCleanでiPhotoクリーンに入る

ステップ3、iPhoto中の自動転換する時に作成したサムネイルジャンクが表示されます。不要な画像を選択して、右下の「クリア」をクリックしてください。

ステップ3:不要なiPhoto画像を削除する

ステップ3:不要なiPhoto画像を削除する

ステップ4、確認ダイアログが出たら、ダイアログ中の「削除」をクリックしてください。そうすると、iPhotoはクリーンアップにより再建築できるようになります。

ステップ4:MacCleanでiPhotoを再建築する

ステップ4:MacCleanでiPhotoを再建築する

お見逃しなく:7つMacを簡単に高速化する方法>

以上のように、MacCleanはiPhoto内の不要なファイルを削除して、iPhotoを再建築します。iPhotoだけでなく、MacCleanはアプリの完全アンインストールプラグインの削除なども楽にできます。今すくMacCleanをダウンロードしてみましょうか。もしこの文章に何か質問等ございましたら、気楽にお問い合わせください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください