iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

本記事はiPhoneアプリをバックアップできない場合の対処方を紹介します。

最終更新日:2018年10月23日

iPhoneのデータを守るために、定期的にバックアップするのはとてもいい習慣だと思います。

特に、アプリは常にアップデートして、新版のアプリは気に入らないことがよくありますね?元のバーションに戻りたいなら、アプリのバックアップが必要です。

では、本記事はiPhoneのアプリをバックアップする方法を紹介します。

iPhoneアプリをバックアップする方法

ここでは、まず、必要なツール-AnyTransを紹介します。

AnyTrans – iPhoneアプリを選択的にバックアップする

AnyTransはiOSデバイス向けのデータ移行ソフトで、世界中一千万のユーザーがいます。

このソフトは以下の機能があります:

AnyTransはiPhoneの愛用者にとって実用品だと思います。有料スフとですけど、データの安全を保証できて、効率的にデータを管理できます。

以前、何時間をかかってバックアップできないデータは、二三分の短い時間でバックアップできて、大事な時間を節約します。

今回はAnyTransのアプリをバックアップする機能を紹介します。

AnyTransの無料体験版をダウンロードして、インストールします。そして以下の操作手順に従ってください:

Step 1:AnyTransをインストール < 起動 < USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぎ < iPhoneで「このコンピュータを信頼」します。

Step 2:AnyTransホーム画面で「デバイス管理」をクリック > 次の画面で「Apps」をクリックします。

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

Step 3:次の画面でバックアップしたいアプリを選択 > 右上で「APPライブラリーにダウンロード」ボタンをクリックします。

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

Step 4:そして、上で「デバイス管理」をクリック > 出ていたメニューで「APPダウンロード」をクリック > 次の画面で「ライブラリ」をクリックして先ほどバックアップされたアプリを確認します。

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法

最後に

以上はiPhoneアプリをバックアップする失敗しない方法です。いかがでしたか?

そして、本記事で紹介したツール-AnyTransは無料体験版が用意されていますので、全球で1千万のユーザーがいます。購入後、60日間の返金保証が付いています。

とりあえず、三十秒をかかってAnyTransの無料体験版をダウンロードして試しましょうか?

もしこの記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ホーム AnyTrans iPhoneアプリをバックアップできない場合の対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5