iPhoneのバックアップをアーカイブする方法

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

iTunesで取ったiPhoneのバックアップをアーカイブして、新しいバックアップに上書きされない方法はご存知ですか?このガイドは、iPhoneのバックアップをアーカイブする方法をご紹介します。

最終更新日:2020年04月17日

iPhoneをiTunesに接続してバックアップする場合、基本的には以前のバックアップが上書きされます。しかし、時々iPhoneを以前のバックアップから復元する場合もありますね。そして、複数のバックアップを保存したほうが安心だと思う方も多いです。それでは、どうすれば新しいバックアップを取る時、前のものを上書きしないことができますか?実は、以前のバックアップをアーカイブしたら大丈夫です。次は、iPhoneのバックアップをアーカイブする方法をご説明します。

iPhoneのバックアップをアーカイブするには

ステップ1、MacでiTunesを開いて、「iTunes」 > 「環境設定」に入ります。

ステップ1-環境設定に入る

ステップ2、「デバイス」に入ります > 残したいバックアップを右クリックして「アーカイブ」をクリックします。

ステップ2-バックアップをアーカイブする

ステップ2-バックアップをアーカイブする

ご注意:この方法はMacに適用します。

最後に

以上はiPhoneのバックアップをアーカイブする方法です。iTunes以外に、iCloudや転送ソフトのAnyTransを使うと、iPhoneのデータをバックアップすることもできます。そして、もしiPhoneの音楽、写真、メッセージなどのデータを選択的にバックアップしたいなら、AnyTransをおすすめします。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5