iPhone 12/iPhone 12 Proへの機種変更に備えろ!iPhone 11/X/8/7/SEのバックアップ方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

最新のiPhone 12(Pro)に機種変更変更するつもりですが、旧iPhoneのデータをどうやってバックアップできますか?この記事ではiTunes/iCloud/AnyTransを選択して、iPhoneのデータをバックアップする方法を詳しく解説します。

最終更新日:2020年11月05日

貴重な思い出の写真や家族と友達の連絡先、メッセージ、音楽、ビデオ、メモ、カレンダーイベントなど、お使いのiPhoneには重要なデータが多く保存されているでしょう。新しいiPhone 12/iPhone 12 Pro/iPhone 11/iPhone SEに変更する場合、重要なデータを失いたくないのは当然です。しかし、古いiPhoneをiOS 13/12/11にアップデートする時データが紛失されたり、機種変更の過程で不具合が発生したり、更にデバイスが壊れたり、様々な原因で重要なデータがなくなる可能性が高いです。

なので、iPhoneのデータがなくなっても復元できるように、iPhone 12/11/SEに変更する前に、古いiPhone 11/XS/XR/X/8/7のデータをバックアップするのが必要です。この記事は、iPhone 12/iPhone 12 Proに機種変更する前に、iTunes、iCloudおよび便利な転送ソフトAnyTransを使って、3つの方法で旧iPhone 11/XS/XR/X/8/7のデータをバックアップすることを詳しくご紹介します。自分の状況によって適切なバックアップ方法をご選択ください。

方法1: iTunesでiPhoneのデータをバックアップする

操作手順: iTunesを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続 > 左上のアイコンをクリック >  「設定」下の「概要」に入る > バックアップ領域で、右側の「今すぐバックアップ」をクリック > iPhoneのバックアップが始まります。

「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておくと、メールアドレスやTwitter/Facebookのパスワードなどがバックアップでき、そのまま復元可能です。チェックを入れたら、パスワードを設定する必要はあります。なお、暗号化したバックアップからiPhoneを復元する時パスワードが必要となりますので覚えておいて下さい。

iTunesでiPhoneをバックアップする

iTunesでiPhoneをバックアップする

方法2: iCloudでiPhoneのデータをバックアップする

操作手順: iPhoneで「設定」アプリに入る >  「iCloud」 > 「バックアップ」 > 「今すぐバックアップを作成」をタップ > iPhoneデータがiCloudでバックアップされます。

iCloudでiPhoneをバックアップする

iCloudでiPhoneをバックアップする

iCloudの無料ストレージは5Gだけなので、iPhone上のデータが多過ぎるとiCloudは容量不足になりやすいです。その場合、バックアップデータを削除またはiCloud容量を購入してください。そして、iTunesとiCloudはデバイス上の非購入の音楽、ムービーなどをバックアップすることを支持していません。

方法3: AnyTransでiPhoneのデータをバックアップする

iTunesとiCloudでiPhoneの大事なデータがほぼバックアップできますが、明らかな欠点もあります:PCからインポートした曲や動画などの非購入のコンテンツがバックアップできなく、データが選択的にバックアップできません。もしそれらの欠点を避けたいなら、AnyTransを使ってiPhoneのデータをバックアップすることをおすすめします。なぜかというと、AnyTransは以下のメリットがあるからです:

次はAnyTransでiPhoneをバックアップする方法をご説明します:

ステップ1: AnyTransをコンピュータ(Mac/Windows)にダウンロード&インストールして起動 > 古いiPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ2: AnyTransのホームページで、「バックアップ管理」をクリック > バックアップモードを選択 > バックアップを始めます。

iPhoneをPCに接続

iPhoneをPCに接続

おすすめ記事:iPhone/iPod touchをiOS 14にアップデートする方法 >

最後に

以上の3つの方法で、最新のiPhone 12(Pro)/iPhone 11/iPhone SEに機種変更する前に古いiPhoneのデータをバックアップできます。バックアップは1つの方法に絞るのではなく、いくつかの方法で定期的にバックアップをしておくのが安全ですから、少なくとも2つの方法を選択してバックアップすることをおすすめします。

データのバックアップが終わったら、早速iPhone 12(Pro)/iPhone 11/iPhone SEに変更しましょうか。古いiPhoneやAndroidから新しいiPhoneにデータを移行したい場合、iPhoneにデータを移行する方法まとめガイドを参考してください。そして、もし古いiPhoneを売却したいなら、iPhoneを高く売るためのコツと落とし穴をあらかじめ確認しておきましょう。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5