iCloudバックアップができないときの対処法

要約

iCloudバックアップができないとき、どうすればいいでしょうか。次の文章には、二つ解決方法をご説明します。

リュウラン

2015年04月10日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

MacClean - Macのジャンクファイルを徹底的に削除する

MacClean - Macの素敵なクリーンアップソフト

今すぐMacCleanをダウンロードしましょう。無料なMacCleanを使って、Macのジャンクファイルを削除して性能を向上しましょう。

iCloudを使うと、iPhone/iPad/iPod touch上のデータをバックアップして、機種変更や万が一データがなくなった場合に、デバイスにデータを復元することができます。それはとても便利で実用な機能ですね。しかし、時々原因わからずにiCloudバックアップが作成できない場合もあります。そのときはどうしたらいいですか?ご心配なく、次の文章は二つの対処法をご紹介します。

お見逃しなく:iCloudの書類とデータを削除する方法>

方法1、iCloudの空き容量を増やす

もしiCloudの空き容量が足りないなら、iCloudバックアップはできないようになります。iCloud空き容量の増加には、iCloud中の不要なデータを削除、もしくはiCloudの容量を購入するのは基本的な方法です。

そして、一つiCloud IDは複数のデバイスのバックアップを作成できますから、もし中に不要なバックアップがあったら、バックアップを削除するとiCloudの空き容量を増加することもできます。

バックアップを削除する方法: 設定>iCloud>容量>ストレージを管理>削除したいバックアップ対象のデバイスを選択>「バックアップを削除」をタップ>「オフにして削除」をタップする。

iCloudの不要なバックアップを削除する

iCloudの不要なバックアップを削除する

方法2、iTunesでiCloud自動バックアップをチェックする

iOSデバイスのバックアップはiTunesとiCloudで二つの基本的な方法はります。もし自動的にiCloudバックアップが作成できないなら、iCloudの自動バックアップをチェックしてください。

ステップ:iPhone/iPad/iPodをパソコンに繋ぐ>iTunesを開く>デバイスのアイコンをクリックする>「概要」>「自動バックアップ」下の「iCloud」をチェックする。

iTunesでiCloud自動バックアップをチェックする

iTunesでiCloud自動バックアップをチェックする

お見逃しなく:パソコンとスマートフォンを最適化する方法まとめ>

以上はiCloudバックアップができないときの対処方法です。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください