Move to iOSでAndroidからiPhoneへ移行できない時の対策

[最終更新日:2017年05月03日]

AndroidからiPhoneへ機種変更する時、やはりデータの移行が気になるですね。Apple社は「Move to iOS」という移行アプリをリリースし、アンドロイドからiPhoneへデータを移行したいユーザーに便利な方法を提供するので、AndroidからiPhoneへのデータ移行が簡単なことになります。

しかし、様々な原因で「Move to iOS」が使えない時もあります。その時はどうすればいいですか?次のガイドは、Move to iOSで移行できない場合の対策を4つご紹介します。

Move to iOSでデータが移行できない時の対策

1.端末のOSバージョンをチェックする

Move to iOSはAndroid バージョン 4.0 以降のアンドロイド端末からiOS 9 以降のiPhone(iPhone 5以降)へ移行することを支持します。もしお使いのアンドロイド携帯はAndroid 4.0以前のバージョン、またはiPhoneはiOS 9以前のバージョンなら、Move to iOSでデータが移行できません。その場合、AndroidまたはiPhoneのOSバージョンをアップデートしたらMove to iOSを利用してください。

2.WiFiに接続しているかをチェックする

Move to iOSを利用する場合、アンドロイドとiPhoneを同時にWiFiに接続する必要はあります。従って、お使いのアンドロイドおよびWiFiがWiFiに接続しているかをチェックしてください。

3.移行したいデータが支持されるかをチェックする

Move to iOSは以下のデータをAndroidからiPhoneへの移行をサポートします:

それ以外の通話履歴や音楽などのデータは移行できません。従って、他のデータを移行したい場合、アンドロイドからパソコンにデータを取り出してiPhoneへ同期するなど方法を利用してください。

4.他の移行ソフトを利用する

Move to iOSの利用条件を全部満たしても、不明な原因で移行できない場合はあります。その場合、他の移行ソフトを使ってみてください。ここでは、アンドロイドからiPhoneへデータ移行の専門ソフトを一つおすすめします。この「Android ⇒ iPhone」のデータ移行のために開発されたソフトは、以下の特性を持っています:

それではこのデータ移行ソフトをパソコン(Windows/Mac対応)にダウンロードして使ってみませんか。次はこのソフトの操作方法をご説明します:

無料お試し
100%安全

ステップ1、データ移行ソフトをPCに起動して、USBケーブルでAndroidとiPhoneを同時にPCに接続します。

ステップ2、「携帯電話から携帯電話へのデータ転送」機能を選択します。

ステップ2 携帯電話から携帯電話へのデータ転送機能を選択する

ステップ2 携帯電話から携帯電話へのデータ転送機能を選択する

ステップ3、移行したいデータの種類を選択して、「コピー開始」をクリックします。もしiPhoneに既存のデータを消去したいなら、「コピーする前にデータをクリアします」をチェックしてください。

ステップ3 データ移行ソフトでAndroidからiPhoneへデータを移行する

ステップ3 データ移行ソフトでAndroidからiPhoneへデータを移行する

以上のような簡単な3ステップで、AndroidからiPhoneへデータを移行することができます。このソフトは無料試用ができ、購入後も返金保証サービスが付いているので、今すぐ試しませんか?

購入に進む

お見逃しなく:アンドロイドからiPhoneへLINEデータを移行する方法>

最後に

以上はMove to iOSでAndroidからiPhoneへデータを移行できない時の対策です。いかがでしたか?この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください