Move to iOSでAndroidからiPhoneへ移行できない時の対策

[最終更新日:2017年09月12日]

AndroidからiPhoneへ機種変更する時、やはりデータの移行が気になるですね。Apple社は「Move to iOS」という移行アプリをリリースし、アンドロイドからiPhoneへデータを移行したいユーザーに便利な方法を提供するので、AndroidからiPhoneへのデータ移行が簡単なことになります。

しかし、様々な原因で「Move to iOS」が使えない時もあります。その時はどうすればいいですか?次のガイドは、Move to iOSで移行できない場合の対策を4つご紹介します。

Move to iOSでデータが移行できない時の対策

1.端末のOSバージョンをチェックする

Move to iOSはAndroid バージョン 4.0 以降のアンドロイド端末からiOS 9 以降のiPhone(iPhone 5以降)へ移行することを支持します。もしお使いのアンドロイド携帯はAndroid 4.0以前のバージョン、またはiPhoneはiOS 9以前のバージョンなら、Move to iOSでデータが移行できません。その場合、AndroidまたはiPhoneのOSバージョンをアップデートしたらMove to iOSを利用してください。

2.WiFiに接続しているかをチェックする

Move to iOSを利用する場合、アンドロイドとiPhoneを同時にWiFiに接続する必要はあります。従って、お使いのアンドロイドおよびWiFiがWiFiに接続しているかをチェックしてください。

3.移行したいデータが支持されるかをチェックする

Move to iOSは以下のデータをAndroidからiPhoneへの移行をサポートします:

それ以外の通話履歴や音楽などのデータは移行できません。従って、他のデータを移行したい場合、アンドロイドからパソコンにデータを取り出してiPhoneへ同期するなど方法を利用してください。

4.他の移行ソフトを利用する

Move to iOSの利用条件を全部満たしても、不明な原因で移行できない場合はあります。その場合、他の移行ソフトを使ってみてください。ここでは、アンドロイドからiPhoneへデータを移行できるソフト - AnyTransをおすすめします。このソフトの「iOSへ引っ越し」機能はAndroidからiPhoneへデータを移行することができ、しかの以下の特性を持っています:

また、AnyTransのこの機能は無料です。今すぐAnyTransをダウンロードして使ってみませんか。次はこのソフトの操作方法をご説明します:

Step 1.AnyTransをPCに起動し、UBSケーブルでiPhoneとAndroidを同時にPCに接続します。正常に接続されたら、以下の画面が表示されます。

iPhoneとAndroidをPCに接続する - Step 1

iPhoneとAndroidをPCに接続する - Step 1

Step 2.「iOSへ」を選択します。

「iOSへ」機能に入る - Step 2

「iOSへ」機能に入る - Step 2

Step 3.対象デバイスを確認し、次のステップに進んでください。

対象デバイスを確認する - Step 3

対象デバイスを確認する - Step 3

Step 4.移行したいデータの種類を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

iPhoneへ移行したいデータのカテゴリを選択する - Step 4

iPhoneへ移行したいデータのカテゴリを選択する - Step 4

以上のような簡単な4ステップで、AndroidからiPhoneへデータを移行することができます。

- もし一部のデータだけを移行したいなら、次のガイドをご参考ください:

AndroidからiPhoneに連絡先を移行する方法>

AndroidからiPhoneへメッセージを移行する方法>

- AnyTransはiPhone本体だけでなく、AndroidのデータをiTunesライブラリ/iCloudへ直接に移行することもできます。また、アンドロイドからiPad、iPodへデータを転送することもできます。

- AnyTransは「iOSへ引っ越し」/「iCloud管理」/「動画・音声ダウンロード」機能が無料です。ほかの機能は7日間無料試用ができ、購入後60日間返金保証が付いています。どうぞお気軽にお試しください。

お見逃しなく:アンドロイドからiPhoneへLINEデータを移行する方法>

最後に

以上はMove to iOSでAndroidからiPhoneへデータを移行できない時の対策です。いかがでしたか?また、上記に書いてあるAnyTransは、iPhoneへのデータ転送iPhoneのデータのバックアップにもお役に立ちますので、AnyTransをダウンロードして使ってみませんか。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

また、AnyTransとMove to iOS、どちらを使うか迷っているなら、次のAnyTransとMove to iOSの比較をご参考ください:

比較項目 AnyTrans Move to iOS
対応機種 ◆iOS:全機種に対応
◆Android:4.0 以降
◆iOS 9 以降
◆iPhone 5 以降
◆iPad 第 4 世代以降
◆iPad mini 第 2 世代以降
◆iPod touch 第 6 世代
◆Android バージョン 4.0 以降
サポートされているファイルの種類 音楽、ビデオ、写真、連絡先、メッセージ、カレンダー、通話記録、ブック、圧縮ファイル、文書ファイル、着信音 連絡先、メッセージ、カレンダー、カメラで撮った写真とビデオ、ブックマーク、Googleアカウント
移動方向 ◆AndroidからiOSへ
◆AndroidからiTunesへ
◆AndroidからiCloudへ
◆AndroidからiOSへ
初期化が必要なのか 初期化の操作はしない iPhone、iPadで「すべてのコンテンツと設定消去(初期化)」を実施の上、Android搭載のスマートフォンからデータを移行する必要がある
安定性 安定性ではAnyTransの方がいいように感じる なんどやっても途中でWi-Fiが切れることが多く 、データ破損に十分ご注意ください
特定のファイルを移行 √(他の類似ソフトもできない) ×
範囲選択 ファイルの複数選択&一括選択ができる データの種類を選択できるが、特定のファイルを選択できない
写真 ◆カメラで撮った写真とビデオ、壁紙、スクリーンショット、ネットやアプリからダウンロードされた画像など多数の写真が移行できる
◆写真を複数選択して移すことができる
◆カメラで撮った写真とビデオのみが移行できる
◆写真の移行に失敗したことがある
◆写真のデータ量が多いと時間がかかる
メッセージ 通知メッセージも移行てきる 通知メッセージが移行てきない
フォーマット変換機能 転送中、Androidの音楽とビデオを自動的にiOSデバイス対応のフォーマットに変換する 音楽とビデオが転送されても、フォーマットがiOSデバイスで再生できないことも多い
変換可能なファイル形式 ◆音声ファイル:
mp3,flac,m4a,wav,mka,amr,acc,ape,ogg,wma
◆動画ファイル:
m4v,mp4,mov,wmv,flv,mkv,avi,webm,mpg
×
速度 移行するデータの内容によって異なるが、他方に比べて速度が全体的に速い 移行するデータ量が大きいと作業に時間がかかる
その他 転送中、着信や黒いスクリーンなどの外部要因が影響をおよぼさない 転送中、着信や黒いスクリーンなどの外部要因が影響をおよぼす
無料・有料 この機能は無料で、他の機能が有料(7日間無料で試用できる) 無料

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください