Move to iOSでAndroidからiPhoneへ移行できない時の対策

このガイドは、Move to iOSでデータを移行できない時の対策を4つご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年10月21日

AndroidからiPhoneへ機種変更する時、やはり大事なデータを新しいiPhoneへ移行したいですで。Apple社は「Move to iOS」という移行アプリをリリースし、アンドロイドからiPhoneへデータを移行したいユーザーに便利な方法を提供するので、AndroidからiPhoneへのデータ移行が簡単なことになります。

しかし、様々な原因で「Move to iOS」でデータを移行できない時もあります。その時はどうすればいいですか?次のガイドは、Move to iOSで移行できない場合の対策を4つご紹介します。

Move to iOSでデータが移行できない時の対策

1.端末のOSバージョンをチェックする

Move to iOSを利用できるモデルは、次のようです:

  • Android 4.0 以降のAndroidスマホとタブレット
  • Phone5以降でiOSは9以降のiPhone
  • iPad 第 4 世代以降
  • iPad mini 第 2 世代以降
  • iPod touch 第 6 世代以降

もしお使いのアンドロイドモデルはAndroid 4.0以前のバージョン、またはiPhoneはiOS 9以前のバージョンなら、Move to iOSでデータが移行できません。その場合、AndroidまたはiOSのソフトウェアバージョンをアップデートしてから引き続きMove to iOSを利用してください。

2.WiFiに接続しているかをチェックする

Move to iOSを利用する場合、アンドロイドとiPhoneの両方が同じWiFiに接続する必要はあります。従って、お使いのアンドロイドおよびiPhoneがWiFiに接続しているかをチェックしてください。iOSにデータの移行が完了する前に、WiFi接続を切れないようにしてください。

3.移行したいデータが支持されるかをチェックする

Move to iOSは以下のデータをAndroidからiPhoneへの移行をサポートします:

  • メールアカウント
  • Web のブックマーク
  • メッセージの履歴
  • 連絡先
  • カレンダー
  • カメラで撮った写真とビデオ

つまり、Move to iOSでは通話履歴や音楽などのデータはAndroidからiOSに移行できません。従って、通話履歴や音楽などのデータを移行したい場合、アンドロイドからパソコンにデータを取り出してからiPhoneへ同期するなど方法を利用してください。

 ご注意:Chromeのブックマックを転送する場合は、Android 端末でChromeを最新バージョンにアップデートしておく必要があります。

ワイヤレスでAndroidからパソコンに音楽転送する方法(Xperiaを例に)

すべての準備が整ったら、もう一度Move to iOSを利用してiOSへデータを移動してみましょう。

Step1、Google PlayストアからMove to iOSアプリをAndroidにダウンロードします。

Step2、念のため、AndroidとiPhoneの電源に接続しましょう。iPhoneの初期画面で「Androidからデータを移行」を選択してやり直してください。そのまま進めばiOSにデータを移行できるはずです。

ただ、Move to iOSを使ってAndroidからiPhoneへデータを移行する時は、なかなか進まない、異常に時間がかかってしまうこともよくあります。さらに、上記の利用条件を全部満たしても、不明な原因でMove to iOSでiOSへのデータ移行が失敗してしまうケースもあります。その場合は、いっそう他の移行ソフトを使ってみてください。

4.他の移行ソフトを利用する

ここでは、アンドロイドからiPhoneへデータを移行できるソフト – AnyTransを紹介します。このソフトの「フォンスイッチャー」機能はAndroidからiPhoneへデータを移行することができ、しかも以下の特性を持っています:

  • WiFiなしの環境でもAndroidからiPhoneにデータを移行できる
  • 音楽、動画、写真、連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダー、圧縮ファイル、ドキュメント、着信音、電子書籍などの重要なデータの移行を支持する
  • やり方は簡単 – ワンクリックだけで必要なデータを移行でき、Move to iOSのような複雑な設定はない
  • iPhoneを初期化する必要がなく、既存のデータをAndroidから移行されたデータとマージする
  • iPhone全機種(最新のiPhone 12シリーズも対応)およびAndroid 4.0以上のAndroidデバイスを支持する

また、AnyTransのこの機能は無料です。今すぐAnyTransをダウンロードして使ってみませんか。次はこのソフトの操作方法をご説明します:

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

Step 1.USBケーブルでiPhoneパソコンに接続、Androidをパソコンと同じWiFiに置きます > AnyTransを起動 > 「フォンスイッチャー」をクリックして、「PhoneからiPhoneへ」項目で「今すぐ転送」をクリックします。

「iPhoneに引っ越し」に入る

「iPhoneに引っ越し」に入る

Step 2.2つのデバイスとも接続出来ましたら、「次へ」をクリックします。

「Android」デバイスを接続する方法」とクリックしてAndroidデバイスを接続してください。

Androidデバイスを追加

Androidデバイスを追加

Step 3.対象デバイスを確認 > 移行したいデータの種類を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

データをAndroidからiPhoneに転送

データをAndroidからiPhoneに転送

以上のような簡単な3ステップで、AndroidからiPhoneへデータを移行することができます。

- もし一部のデータだけを移行したいなら、次のガイドをご参考ください:

- AnyTransをはiPhone本体だけでなく、AndroidのデータをiTunesライブラリ/iCloudへ直接に移行することもできます。また、アンドロイドからiPad、iPodへデータを転送することもできます。

お見逃しなく:アンドロイドからiPhoneへLINEデータを移行する方法>

最後に

以上はMove to iOSでAndroidからiPhoneへデータを移行できない時の対策です。いかがでしたか?また、上記に書いてあるAnyTransは、iPhoneへのデータ転送やiPhoneのデータのバックアップにもお役に立ちますので、AnyTransをダウンロードして使ってみませんか。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。