【更新中】iOS 11アップデートによる不具合と対処法28個まとめ

【更新中】iOS 11アップデートによる不具合と対処法31個まとめ

 

[最終更新日2017年09月19日]

他言語版: EnglishDeutschFrançais

9月20日に、正式配信される「iOS 11」は大規模な変更を含むメジャーアップデートとなっております。その中には画面録画、QRコード読み取り、片手キーボード、クラウドストレージ管理アプリ「ファイル」など様々な新機能を追加して、一刻も早く最新iOS 11を体験したい方が多いです。

しかし、リリースした後、国内から海外まで、アップデートによる不具合・トラブル・エラー・失敗が多数報告されました。なので、iOS 11にスムーズにアップデートするため、次の記事は、iOS 11アップデートによる不具合・バグと対処法のまとめをご紹介します。

1. iOS 11へのアップデート時間が長すぎる

手元のiPhone/iPad/iPodをiOS 11にアップデートしている時、デバイス上のデータ量が多すぎなどの原因で、アップデート時間が長すぎて困っていますか?次の方法を参考して、この時間を短縮してみてください:

方法1: 良好なWi-Fi環境でアップデートする

各種類のiOS端末を順調にiOS 11にアップデートするため、良好なWi-Fi環境を用意してください。

方法2: デバイスのデータ量を減らす

iPhone 6/6s/7/7 Plus上のデータ量が多いことはアップデート時間が長すぎる原因の1つです。なので、その時間を短縮するため、なるべくデバイス上のデータ量を減らしてください。もしデバイス上のデータをPCに保存してから、デバイス本体から削除したいなら、iOS 11専用のデータ移行ツール - AnyTransを利用して、iPhone 6/6s/7/7 PlusのデータをPCに移行することをおすすめします。主な理由は、以下の通りです:

1、自由 - 移行する前、データをプレビュー&選択でき、必要だけを移行できる

2、多種類なデータをサポート - オーディオ、ビデオなどはもちろん、写真やiBook用のPDF、アプリやボイスメモ、メモ、メッセージ、連絡先、カレンダー、Safariのブックマークや履歴なども移行できる

3、最大の転送速度 - 100枚の写真を約5秒で転送完了

4、多機能 - 動画ダウンロード、iTunes/iCloud管理、AndroidからiOS端末に移行などの機能もある

それでは、AnyTransをダウンロードして無料体験しましょうか。

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11へのアップデート時間が長すぎる

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11へのアップデート時間が長すぎる

方法3: 公開後すぐアップデートするのを避ける

毎度のように、iOS 11を公開してから、アップデートする方が殺到しています。その場合、アップデート時間がかなり長すぎます。そのため、公開後すぐアップデートすることを避けてください。

方法4: なるべく真夜中でアップデートする

アップデートする時、iPhoneはオフラインになって、何もできないので、誰とも連絡を取らない真夜中で行った方がいいです。しかも、真夜中でアップデートしたら、手間と時間を節約できます。

詳細はこちらをご覧ください:4つの方法でiOS 11へのアップデート時間を短縮する>

2. iOS 11でBluetoothの不具合・バグ

iOS 11アップデートによる不具合 - Bluetoothの不具合

iOS 11アップデートによる不具合 - Bluetoothの不具合

iOS 11にアップデートしてから、Bluetoothは以下のような不具合・バグがあったことがありますか?

上述のようなことがあったら、どうすれば良いのでしょうか?ここで、iOS 11でBluetoothの不具合・バグの対策をいくつかご紹介します。

方法1: Bluetoothを一度オフにする

Bluetoothを一度オフにして、再開したら、調子が悪い、不安定、繋がらないなどの不具合・バグを解消することがあります。なので、この対策を試してみてください。

方法2: デバイスの接続を修復する

iOS 11端末の「設定」アプリを開く > 「Bluetooth」 > 接続に問題があるデバイスを選択 > ターゲットデバイスの右側の情報アイコンをタップ > 「このデバイスの登録を解除」をタップします。

方法3: 「ネットワークの設定をリセット」を実行する

「設定」 > 「一般」 > 「リセット」という順でタップして、ネットワークの設定をリセットしてから、Bluetoothを再設定してみてください。

ご注意:この方法はWi-Fiの設定もリセットしますから、Wi-Fiのパスワードなどのことが忘れた方はご注意ください。

方法4: お使いのiPhone/iPad/iPod touchで全ての設定をリセットする

それでも解決しない場合は、お使いのiOS 11デバイス上のすべての設定をリセットしてください。

iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「全ての設定をリセット」と進み、すべての設定をリセットしてください。

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11でBluetoothの不具合・バグ

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11でBluetoothの不具合・バグ

詳細はこちらをご覧ください:4つの方法でiOS 11でのBluetooth不具合を解消>

3. iOS 11アップデート中にフリーズする

iOS 11はiOS 10のように、アップデートする時、フリーズしてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?ここで、この問題の解決策を6つご紹介します。

方法1: iPhoneを強制終了する

iPhoneを強制終了するため、まずはホームボタンとフリープボタンを同時に押します。Appleログが表示てから放します。

方法2: 暫く放置する

iOS 11のアップデート中にフリーズにあった時、しばらく放置するのは賢明です。もしどうしても、早く新バージョンを試したいなら、次の方法をご参考ください。

方法3: フリーズした端末をリカバリーモードで復元する

Step 1: ホームボタンとスリープボタンを同時に押しっぱなしにし、システム再起動モードに 入ります。

Step 2: ホームボタンを押しっぱなしにしつつ、iOSデバイスをiTunesに接続  > 「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました」というアラートが表示されたら、ホームボタンを離します。

Step 3: 画面の指示に従って復元作業を行っています。

方法4: PhoneRescue - iOSデータ復元を利用する

もし以上の方法でも解決できなかったら、PhoneRescue - iOSデータ復元を利用することをおすすめします。「PhoneRescue - iOSデータ復元」はiPhone/iPad/iPod向けのデータ復元ツールで、iOSデバイスの修復する際、「標準モード」、「高級モード」2つのモードをご提供して、あらゆるリンゴループ、リカバリモード、黒画面などのシステム問題を対応しています。データの紛失もなく、デバイスを修復できます。さっそく、このツールをダウンロードして、アップデート中にフリーズした不具合・バグを解決してみましょう!それでは、PhoneRescue - iOSデータ復元をダウンロードしてください。

iOS 11アップデートによる不具合 - アップデート中にフリーズ

iOS 11アップデートによる不具合 - アップデート中にフリーズ

方法5: iOS 11デバイスを強制再起動する

iOS 11にアップデートしている中、突然、フリーズしてなかなか進まなかったり、終わらなかったりした場合、最後の手段として、強制再起動をお試しください。具体的な手順はこちらをご覧ください。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデート中にフリーズした場合の対策>

4、 iOS 11で着信音の不具合

手元のiPhone 6/6s/7/7 Plus&iPad&iPodをiOS 11にアップデートしてから、着信音/通知音が変更できない・鳴らない・出ないなどの不具合・バグがツイートに続々報告されました。その状況になったとしたら、次のiOS 11で着信音の不具合の対策を読んでください。

方法1: 着信音/通知音の設定を確認する

着信音/通知音が出ない・鳴らない場合、まず「設定」アプリで着信音/通知音の設定を確認してください。具体的には、この6つのポイントをチェックしてみてください。

1.マナーモードに設定されているかどうか

2.おやすみモードになっているかどうか

3.着信音のボリュームを確認する

4.曜日指定があっているかを確認する

5.イヤホンジャックを確認する

6.スピーカーは異常するかどうか

方法2: iPhone 6/6s/7/7 Plus&iPad&iPodを再起動する

何かしらの不具合・バグが出てから、デバイスを再起動すると、問題が解決することがよくあります。なので、iPhone 6/6s/7/7 Plus&iPad&iPodをiOS 11にアップデートしてから、着信音に何かの不具合があったら、この方法を試してみてください。

方法3: 言語を変更する

原因がよく分からない状態でスピーカーから着信音/通知音が鳴らない場合、iPhone本体の言語を変更すれば、解決する可能性があります。

詳細な手順:

Step 1: 「設定」アプリ > 「「一般」 > 「言語と地域」と進み、iPhoneの使用言語を英語、またほかの言語を変更にしてください。

Step 2: iOSデバイスを再起動して、言語を日本語に変換してください。

方法4: 常駐アプリを終了させる

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデート後通知音/音が鳴らない時の対処法>

5、 iOS 11にアップデートで文鎮化になった

iOS 11アップデートによる不具合 - 文鎮化

iOS 11アップデートによる不具合 - 文鎮化

iOS 10がリリースした直後、OTA(無線)でアップデートする時、アップデート失敗、リカバリモードになって、文鎮化が発生した恐怖の報告が急増しました。今回のiOS 11にアップデートする際、もし同じようなことがあったら、次の対策を参考して問題を解決してみてください。

方法1: iOSデバイスを強制再起動する

方法2: iTunesでiOS 11をアップデートする

方法3: PhoneRescue - iOSデータ復元を利用する

もし以上の方法で問題がまだ解決できないなら、PhoneRescue - iOSデータ復元を利用することをおすすめします。「PhoneRescue - iOSデータ復元」はiPhone/iPad/iPod向けのデータ復元ツールとして、何かしらの原因で、お使いのiOSデバイスはリカバリモードになって、文鎮化が発生することを対応しております。そして、このツールは「高級モード」を提供して、データの紛失はなく、手軽にデバイスを修復できます。それでは、PhoneRescue - iOSデータ復元をダウンロードしてください。

iOS 11アップデートによる不具合 - 文鎮化/リカバリーモード

iOS 11アップデートによる不具合・バグ - 文鎮化/リカバリーモード

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデートでリカバリーモードになって文鎮化が発生した時の対処法>

6. iOS 11で動作が重い

手元のiPhone 6/6s/7/7 Plus・iPad・iPodをiOS 11にアップデートしてから、何となく動作が重く・遅くなって困っていますか?そんな時にまず試してみる対処法をここで詳しくご紹介します。

方法1: iOS 11デバイスを再起動する

方法2: 視差効果を減らす

iOS 11アップデートによる不具合 - 動作が重い

iOS 11アップデートによる不具合 - 動作が重い

視差効果は快適でスムーズなエクスペリエンスをもたらしてくれますが、iOS 11端末にも負担をかけます。なので、iOS 11にアップデートしてから、デバイスを快適に利用するため、視差効果をへらしてください。

詳細な設定方法:

「設定」 > 「一般」 > 「アクセシビリティ」 > 「視差効果を減らす」と進み、「視差効果を減らす」を有効化にしてください。

方法3: 常駐アプリを終了させる

方法4: メモリを解放する

動作が重くなったのはデバイス上に溜まっていたキャッシュ/ジャングルファイルが多すぎるかもしれないです。その場合、このようなデータを削除したら、メモリが解放できます。なので、下記のメモリの解放方法でiOS 11デバイスを解放してください。

Step 1、ホーム画面で電源ボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」の画面を表示させます。

Step 2、その画面が表示された状態でホームボタンを(5秒くらい)押し続けます。

Step 3、再びホーム画面が表示されれば、メモリ全体が解放されています。

iOS 11アップデートによる不具合 - 動作が重い

iOS 11アップデートによる不具合 - 動作が重い

もしこの方法でiPhone/iPad/iPod上のキャッシュ&ジャングルファイルをきれいに削除できないなら、次の方法を参考してください:iPhoneのメモリを解放する方法 >

詳細はこちらをご覧ください:13の方法で遅くなったiOS 11端末を軽くする>

7. iOS 11で32Bitのアプリが使えなくなる 

iOS 11アップデートによる不具合 - 32Bitのアプリが使えなくなる

iOS 11アップデートによる不具合 - 32Bitのアプリが使えなくなる

iPhoneをiOS 11にアップデートしてから、アプリをタップして開く際、「xxによりiPhoneの動作が遅くなる場合があります。開発元によるAppの互換性改善のアップデートが必要です」という警告が出てきて、アプリが使えなくななりました。その場合になったとしたら、次の2つの対策を参考にしてください。

方法1: アップデートがあるかを確認する

設定 > 「一般」 > 「情報」 > 「App」という順でタップして、「App互換性」画面でアップデートがあるかを確認してください。アップデートがある場合は、アップデートしてください。

方法2: 開発元をお問い合わせ

アップデートがない場合、開発元に詳しい情報をお問い合わせください。

8. iOS 11でキーボードの不具合

昨年、iOS 10へのアップデートで英文キーボードが、数字入力モードから自動で戻らなくなったり、日本語がキーボードの言語リストから消えたり、入力できなかったりなどの不具合・バグ・エラーがあります。もし今回のiOS 11アップデートで同じのようなことがあったら、次の対策を試してみてください。

方法1: 改めて日本語をキーボードに追加する

Step 1、iOSデバイスで「設定」 > 「一般」 > 「キーボード」に入ります。

Step 2、「キーボード」 > 「新しいキーボードを追加」に入って、「その他のIPHONE用キーボード」または「推薦キーボード」から日本語を選択してください。

方法2: キーボードをリセットする

Step 1、「設定」 > 「一般」 > 「リセット」と進みます。

Step 2、「キーボードの変換学習をリセット」をタップして、「辞書をリセット」をタップします。

方法3: 「自動修正」をオフにする

Step 1、iPad/iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「キーボード」に入ります。

Step 2、「自動修正」をオフにしてください。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11のiPhone・iPadで日本語入力・キーボードに不具合がある時の対処法>

9. iOS 11にアップデートしたら電源が入らない

iPhone/Pad/iPod touchをiOS 11にアップデートしたら、デバイスの画面がフリーズしたりタッチしても反応しない場合や、電源を入れると途中で動かなくなる場合は、こちらへどうぞ:

方法1: iOSデバイスを再起動する

iOSデバイスのホームボタンとスリープボタン(電源ボタン)をリンゴロゴが表示されるまで同時に押し続けてください。

方法2: iOSデバイスを1時間以上充電する

それでも、デバイスの電源が入らない場合、デバイスを電源に接続して、最低1時間充電します。

方法3: リカバリーモードから復元する

Step 1、パソコンでiTunesを起動して、USBケーブルでiPhone/Pad/iPod touchに接続します。

Step 2、デバイスのホームボタンとスリープボタンをiTunesとUSBケーブルのアイコンが出るまで同時に長押しします。

Step 3、iTunesで表示されたポップアップで「アップデート」を選択します。

iOS 11アップデートによる不具合 - 電源が入らない

iOS 11アップデートによる不具合 - 電源が入らない

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11にアップデートしたら電源が入らない問題の解決方法>

10. iOS 11でApp/iTunes Storeが使いづらい

今回のiOS 11では、App Storeも巨大な進化を取得しました。一層使いやすくなりました。でも、App Storeからアプリをダウンロードできない、英語表示になったなどの不具合・バグ・エラーがあって困りますね。その場合、次の4つの対策をご参考ください。

方法1: デバイスを再起動する

方法2: App/iTunes Storeを一度終了させてから再開する

方法3: iOS 11デバイス本体の使用言語を日本語にする

iOS 11デバイス本体の使用言語は英語になったら、App/iTunes Storeは自動的に認識して、英語表示になった可能性が高いです。その場合は、以下の手順を行ってください。

iOSデバイスで「設定」 > 「一般」 > 「言語と地域」 > 「iPhone使用言語」で、iPhoneの使用言語をチェックしてください。もし日本語ではないなら、日本語に変更してください。それでも解決しない場合は、次の方法4を試してください。

方法4: Apple IDの国と地域を日本にする

Step 1、iOSデバイスで「設定」 > 「App StoreとiTunes Store」に入ります。

Step 2、Apple IDをタップして、「Apple IDを表示」をタップします。

Step 3、>「Country/Region」を選択して、「iTunes Matchの有効な購読があります。」というメッセージが表示されます。

Step 4、「戻る」をタップして、「Account Setting」画面が日本語に戻っていたらApp StoreもiTunes Storeも日本語に戻ります。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11でApp/iTunes Storeが英語表記になった時の解決策>

11. iOS 11にした後電池の減りが早い

iOS 11アップデートによる不具合 - 電池の減りが早い

iOS 11アップデートによる不具合 - 電池の減りが早い

iOS 11にアップデートしたら、iPhone/iPad/iPod touchは電池の使用時間が短かくなると感じていますか?特に古いデバイスです。そのため、次の対策を試して、バッテリーを長持ちさせましょう!

方法1: 電池を消耗するアプリを閉じる/削除する

iPhone/iPad/iPodなどのデバイスには大量のバッテリーを消耗しているアプリは多少あるんでしょう。そういうアプリを確認したり、閉じたり、更に削除したりしたら、電池の減りが早い状況を改善できると思います。

Step 1、「設定」 > 「バッテリー」に入って、バッテリーの使用状況を確認します。大量のバッテリーを消耗しているアプリを確認します。

Step 2、必要に応じて、それらのアプリを閉じたり、削除したりしてください。

方法2: App Musicで音楽のストリーミングを停止する

オンラインで音楽をストリーミングする時には、大量の電池を消耗します。なので、バッテリーの消耗を減らすため、音楽をパソコンやiTunesライブラリからiOSデバイスへ同期してから、聴くことをおすすめします。

方法3: 電波の悪い時、機内モードに変更する

電波が悪い場合、お使いのデバイスが頻繁に「通信に接続できない」と「通信に接続できる」2つの間で切り替えて、電池も多く消耗されます。それで、電波の悪いところでiOSデバイスの機内モードをオンにしてください。

方法4: iOSデバイスを再起動する

方法5: すべての設定をリセット

iOSデバイスで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべての設定をリセット」をタップして、すべての設定をリセットします。

方法6: しばらく待つ

もし以上の方法でまた電池の減りが早い問題を改善できないなら、しばらく待つのをおすすめします。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11でiPhoneのバッテリー消費が激しい時の対処法まとめ>

12. iOS 11にアップデートできない不具合

iPhone/iPad/iPodをiOS 11にアップデートする際、何かしらの不具合・バグ・エラーでアップデートできなくなったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでiTunesでアップデートできないとワイヤレスでアップデートできないという2つのセクションに分けて、それぞれの対策をご紹介します。

Part 1: iTunesでiPhone/iPad/iPod touchをアップデートできない

方法1: ワイヤレスでアップデートする

方法2: iTunesを最新バージョンにアップデートする

毎回、iPhone/iPod/iPadをアップデートする際、iTunesは最新バージョンが必要です。今回のiOS 11は例外ではまりません。iPhone/iPod/iPadをiOS 11にアップデートする前に、まずiTunesをアップデートしましょう!

iTunesのメニューバーからiTunesバージョンを確認する際、“最新版です”とアナウンスされますが、実は、最新版ではないことになったら、Apple Software Updateから更新を行ってください。その方法はWindowsだけ適用します。

Windowsで「スタート」をクリック > UpdatesでiTunesにチェックを入れる > 「1項目をインストール」をクリックしてiTunesをアップデートします。

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11にアップデートできない

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11にアップデートできない

方法3: デバイス/パソコンを再起動する

iPhone/iPad/パソコンには何かしらの不具合が発生した場合、再起動することは定番の解決策として、多くの方に知られています。もちろん、iPhoneでiOS 11にアップデートできない不具合が発生したら、デバイス/パソコンを再起動すれば問題を解決できるかもしれません。

Part 2: ワイヤレスでiPhone/iPad/iPod touchをアップデートできない

方法1: iPhone/iPad/iPod touchの容量を確保する

デバイスには容量不足でiOS 11にアップデートできないケースもあります。その場合、まずデバイス上の空き容量を確保してくだささい。でも、手作業でiPhone/iPad上のデータ/アプリを削除するのはとても面倒で、誤って重要なデータが削除された可能性もありますから、正直不安です。その場合は、iPhone/iPad/iPod専用のデータ管理ツール - AnyTransが必要です。

このツールを利用して、iOSデバイス上の重要なデータをPC、またはほかの設備(USB、他のiOS端末)に移行してから、データを削除すれば問題を完璧に解決できます。それでは、AnyTransをダウンロードして無料体験しましょうか。

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11にアップデートできない

iOS 11アップデートによる不具合/バグ - iOS 11にアップデートできない

方法2: できるだけネット環境のいいところでアップデートする

方法3: iOSアップデートを削除して再ダウンロードする

詳細はこちらをご覧ください:iPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートできない時の対策>

13. iOS 11で時刻が間違って表示される

iOS 11にアップデートした後、iOSデバイスの時刻が正常に表示されていなくて、生活に不便をさせますか?その場合には、きっとすごく悩んでいるんでしょう。次のでは、iOS 11で時刻が間違って表示される不具合・バグ・エラーの対処法をご紹介します:

方法1: 時間の自動更新をオフにして、手動で時刻を設定する:iPhone/iPad/iPod touchで「設定」を開く > 「一般」 > 「日付と時刻」 > 「自動設定」をオフにします。次は手動で正しい時刻と時間帯を設定してください。

方法2: お使いのiPhone/iPad/iPod touchを再起動する

方法3: もし以上の方法で解決できないなら、iOSデバイスをリセットする

iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべての設定をリセット」をタップして、iOSデバイスをリセットします。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11で時刻が間違って表示される不具合の解決策>

14.iOS 11でWi-Fi接続ができない/不安定/遅い

iOS 11にアップデートしてから、さまざまなバグや不具合が発生しています。Wi-Fi接続ができない/不安定/遅いという不具合が起こったら、どうすれば良いのでしょうか?そこで、iOS 11でWi-Fi接続ができない/不安定/遅いという不具合の対処法をご紹介します。

方法1.Wi-Fiをオフにする

1.「設定」 > 「Wi-Fi」のスイッチをオフにします。

2.数秒後、再度Wi-Fiをオンにしてみてください。

方法2.ネットワーク設定を再度入力する

「設定」 > 「Wi-Fi」 > Wi-Fi接続先をタップ > 「このネットワーク設定を削除」をタップします。

ネットワーク設定を再度入力する

ネットワーク設定を再度入力する

ご注意:Wi-Fiのパスワードなどのことを忘れないように、削除する前に、必ずネットワーク情報を保存してください。

方法3.機内モードをon/offに設定する

「設定」 > 「機内モード」スイッチをon/offに設定 > 数秒後、オフにします。

方法4.DNSを変更する

DNSを変更する

DNSを変更する

「設定」 > 「Wi-Fi」 > Wi-Fi接続先 > 「DNS」に以下の数字を入力してください。

① 8.8.8.8

② 8.8.8.8,8.8.4.4

③ 129.250.35.250/25

④ 129.250.35.251,129.250.35.250

4種類があるので、一番安定している数字を選択しましょう。

方法5.DHCP リースを更新する

「設定」 > 「Wi-Fi」 > Wi-Fi接続先 > 「DHCP リースを更新」をタップします。

方法6.iOS端末を再起動する

1、スライダが表示されるまでスリープボタンを押し続けます。

2、スライダをスワイプしてデバイスの電源を完全に切ります。

3、デバイスの電源を完全に切ったら、スリープボタンをアップルロゴが表示されるまで数秒間押したままにします。

ご注意:iPhone 6sまでの強制再起動方法と違うので、iPhone 7を強制的に再起動したいなら、このガイドをご参考ください:iPhone 7の再起動・強制再起動のやり方

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11にアップデートしたらWi-Fiの不具合の対処方法>

15.アプリが強制終了する

iOS 11にアップデートした端末のアプリが強制終了することが結構あります。アプリをよく中断していると、困りますよね。そこで、以下では、 アプリの強制終了について、3つの対策をご紹介します。

方法1.強制終了したアプリを再起動する

アプリが強制終了またはクラッシュすると、しばらく待ってアプリを再起動してください。

方法2.クラッシュするアプリを再インストールする

クラッシュするアプリは最新バージョンかどうか確認してください。古いバージョンなら、最新バージョンにアップグレードして再インストールします。

方法3.お使いのデバイスを再起動する

16.アプリからホーム画面に戻れない不具合

アプリ画面からホーム画面に戻れない不具合

アプリ画面からホーム画面に戻れない不具合

アプリを使っている時、普段はホームボタンを押すとホーム画面に戻ることができますが、iOS 11にアップデートしたら、アプリが固まってしまってホーム画面に戻れない不具合もあります。その場合、次の二つの対策をお試し下さい:

対策1.電源ボタンとスリープボタンを利用する

Step 1.電源オフのスライドが表示されるまで、スリープボタンを長押しします。

Step 2.電源オフのスライドが表示されたら、ホームボタンを数秒押し続けます。これでホーム画面に戻ることができます。

対策2.iPhone/iPad/iPod touchを強制終了する:iOSデバイスのホームボタンとスリープボタンを同時に長押しして、電源をオフにしてからデバイスを再起動します。

17.充電中にiOSデバイスが異常に熱くなる

iPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートしたら、充電するとデバイスが異常に熱くなる不具合があります。その場合は、以下の解決方法をご参考ください:

方法1.ケースやカバーを外してから充電する: iPhone/iPad/iPod touchにケースやカバーを付けると、熱が籠ってしまうため、iOSデバイスが熱くなる可能性が高いです。熱さをを軽減するために、順電する時はケースやカバーを外してください。

方法2.充電しながらiOSデバイスを操作するのをやめる: 順電しながらiPhone/iPad/iPod touchを使っていると、iOSデバイスに余計に負担がかかってしまいます。従って、充電する時はiOSデバイスをを触らず放置するのがおすすめです。

方法3.電源をオフにしている状態で充電する: iOSデバイスの電源をオフにしてしばらく放置したら、熱は自然と冷めていきますので、充電している間でiPhone/iPad/iPod touchが熱くなったら、電源をオフにしてみましょう。

18.iMessageが送信できない

iPhone/iPadは最新バージョンにアップデートした後、iMessageが送信できないという報告がよく聞きます。iOS 11だけでなく、iOS 8/9/10もあります。もし、このような問題があったら、以下の7つの方法をご参考ください:

iMessageが送信できない

iMessageが送信できない

方法1.iOS端末がネットワークに接続しているかを確認する

iMessageを使いたいなら、ネットワーク環境が必要です。お使いのiPhone/iPad/iPodがWi-Fi/モバイルデータ通信に接続しているかを確認してください。

方法2.Wi-Fi/モバイルデータ通信をオフにする

iMessge機能を一度オフ/オンにする

iMessge機能を一度オフ/オンにする

Wi-Fi/モバイルデータ通信を一度オフにします。数秒後、再度Wi-Fi/モバイルデータ通信ををオンにしてみてください。

方法3.iMessge機能を一度オフ/オンにする

「設定」 > 「メッセージ」に入って、iMessageをオフ/オンに設定 > しばらくたったら、再びオンにします。

方法4.Apple IDを再びログインします

まず、Apple IDをログアウトしてから、再度ログインします

方法5.iPhone/iPad/iPodを再起動する

方法6: iOSデバイスをリセットする

「設定」 > 「一般」に入り > 「リセット」から「すべての設定をリセット」をタップしてiOSデバイスをリセットします。

方法7: 次のiOSバージョンを待つ

もしiMessageを送信できない不具合が多く報告されているなら、現在のiOSバージョンにはバグがある可能性が高いです。その場合、次のバージョンを待つしかできないです。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデートの後iMessageが送信できない不具合の対策>

19.iOS 11で横画面録画の不具合

一つのiOS 11の目覚しい新機能が言ったら、画面録画でしょう。「Screen Recording」をアクセスして、録画したい画面において「Screen Recording」ボタンをタップすると、録画を開始することができます。しかし、横画面を録画する時にバグが発生します。どうしたらいいですか?

「iMovie」などの動画を回転できる無料アプリを使って、iOS11で撮った動画を「右回転」、「左回転」、「左右反転」、「上下反転」に回転できます。

20.iPhoneが通話中突然に切れる

iOS 11にアップデートして、様々なバグがあります。しかし、iPhoneを使って、通話中突然に切れて、相手の声が聞こえなくなるなら、どうすればいいですか?この問題を解決するために、次のやり方を試してください。

方法1.場所を変える

信号が弱い場所で電話すると、不安定で途切れやすいです。従って、信号が強いところを変えて、通話しましょう。

方法2.LTE 回線をオンにするか確認する

「設定」 > 「モバイルデータ通信」 > 「通信のオプション」 > 「LTE 回線を使用」の順に選択し、「LTE 回線を使用」「4G をオンにする」をオフにします。

方法3.SIMカードを入れ直す

電源をオフ > SIMカードを取り外す > SIMカードを軽く拭いたりして、挿入し直します。

方法4.ハンズフリーで通話する

iPhoneの持ち方を変えてみて、ハンズフリーで通話をしてみてください。

21.iPhone/iPad/iPodデータが消えた

iOS 11にアップデートする時、iPhone/iPad/iPod上の連絡先、メッセージ、メモ、カレンダー、音楽、写真、ビデオなどのデータがなくなる可能性が高いです。この場合、PhoneRescue - iOSデータ復元というiOS専用のデータ復元ツールをおすすめします。PhoneRescue - iOSデータ復元があれば、バックアップ有無にかかわらず、iPhone/iPad/iPodから消えたデータが手軽&安全に復元できます。

PhoneRescue - iOSデータ復元でiPhoneから消えたデータを復元する

PhoneRescue - iOSデータ復元でiPhoneから消えたデータを復元する

詳細はこちらをご覧ください:iPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートした後に消えたデータを復元する方法>

22.Siriが使えなくなる

iOS 11では、Siri英語に男性の声を追加するだけでなく、言語翻訳もできます。「Hey Siri」言うだけで、Siriを利用することができます。しかし、iOS 11アップデート後、Siriが使えなくなるかもしれません。これを解決するには、以下の6つの方法を読んでください。

方法1.「Hey Siri」機能をオンにする

iPhone/iPad/iPodで「設定」アプリ > 「Siri」 > 「Siri」、「ロック画面でのアクセス」、「“Hey Siri”を許可」という機能をオンにします。

「Hey Siri」機能をオンにする

「Hey Siri」機能をオンにする

方法2.日本語に設定する

iPhone/iPad/iPodで「設定」アプリ > 「Siri」 > 言語を日本語に設定します。

言語を日本語に設定する

言語を日本語に設定する

方法3.音声フィードバックを常にするに変更する

「設定」から「一般」 > Siriと進み、音声フィードバック項目を「常にする」に変更します。

音声フィードバックを常にするに変更する

音声フィードバックを常にするに変更する

方法4.「ロック中にアクセスを許可」をオンにする

「設定」 > 「Touch IDとパスコード」 > パスコードを入力(パスコードのある場合) > 「ロック中にアクセスを許可」でSiriをオンにします。

方法5.iPhone/iPad/iPodを再起動する

方法6.Appleのサポートチームまたは直営店にご相談する

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11でSiriが反応しない・使えない原因と対処法>

23.Safari がクラッシュする

アップルユーザにとって、一番使われるブラウザはSafari でしょう。しかし、iOS 11にアップデートしてから、Safariが突然クラッシュすることが世界中でよく発生しているそうです。iOS 11のSafariを正常に利用するために、以下の手順に従ってください。

Step 1、インターネットに接続しなければなりません。

Step 2、お使いのiOS端末またはSafari を再起動します。

Step 3、ネットワークの設定をリセットします。

Step 4、Safariのジャンクファイル(閲覧履歴、ダウンロード履歴、キャッシュされたファイルやクッキーなど)を消去します。 通常、これらのジャンクファイルをクリーンアップするために、PhoneCleanを誠実に推奨しています。また、Chrome、Firefox、Operaでも動作します。PhoneCleanを使うと、iOSデバイス上のSafariのジャンクファイルを徹底的に削除できます。

PhoneCleanでSafariのジャンクファイルを削除する

PhoneCleanでSafariのジャンクファイルを削除する

24.「ソフトウェアをアップデートできませんでした」エラー

「ソフトウェアをアップデートできませんでした」エラー

「ソフトウェアをアップデートできませんでした」エラー

iPhone/iPad/iPod touchでiOS 11へアップデートしたいですが、「ソフトウェアをアップデートできませんでした」というメッセージが表示され、アップデートできない症状になる人が続出しています。その場合は、以下の対策をお試し下さい:

対策1.時間を置いてから再度アップデートしてみる

サバーが不安定しているや同時にアップグレードする人が多すぎるせいで、iOS 11へアップデートできない場合はあります。その時、しばらく時間を置いてから再度アップデートを試しましょう。

対策2.安定なWi-Fiに接続する

WiFi環境が良くない場合、iOS 11のアップデートファイルをダウンロードするのが難しいです。その時、安定しているWiFiに切り替えることをおすすめします。

対策3.iPhone/iPad/iPod touchを再起動してからアップデートする

iOSデバイス本体に何か不具合があってアップデートできない場合もあるので、iOSデバイスを一度電源をオフにして再起動したら、アップデートを行ってください。

対策4.iTunesを使ってアップデートする

どうしてもiOSデバイス本体でアップデートできない場合、iTunesを使ってiOS 11へアップデートしてみましょう。iTunesでiOS 11へアップデートする方法はこちらをご参考ください:iTunesでiOS 11へのアップデート方法>

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11をダウンロード中にエラーが発生する問題の解決策>

25.「アップデートを検証中」のまま進まない

「アップデートを検証中」のまま進まない

「アップデートを検証中」のまま進まない

iOS 11へアップデートする時、「アップデートを検証中」のメッセージが出たら、何時間経っても前に進めない状況はあれば、以下の解決方法を参考してください:

方法1.iOSデバイスを強制再起動する

iPhone/iPad/iPod touchのホームボタンとスリープボタンを同時に10秒以上押し続けてください。Appleロゴが画面に出たら、iOSデバイスが強制再起動されます。その後再びiOS 11へアップデートしてみてください。

方法2.アップデートを終了してから再度試してみる

iPhone/iPad/iPod touchのホームボタンを2回連続に押して、マルチタスクから設定アプリを終了します。その後再び「設定」に入って、iOS 11へのアップデートをやり直してみてください。

方法3.安定なWiFiに切り替える

方法4.iTunesでiOS 11へアップデートする

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデート中「アップデートを検証中」のまま進まない時の対処法>

26.モバイルデータ通信の不具合

もしiOS 11へアップデートしたら、モバイルデータ通信を利用してネットに接続している時、速度が異常に遅い、またはモバイルデータ通信に接続できないなら、次の解決方法をお試し下さい:

方法1.iOSデバイスを再起動する

方法2.モバイルデータ通信を一度オフにしてから再度オンにす

iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「モバイルデータ通信」に入って、「モバイルデータ通信」ボタンを一度オフにします。しばらくたったら、再度オンにしてください。

方法3.機内モードを一度オンにしてから再度オフにする

iPhone/iPad/iPod touchでコントロールセンターを開いて、機内モードをオンにします。しばらくたったら、機内モードをオフにしてください。

方法4.SIMカードを一度抜いて、またiPhone/iPadに入れ直す

方法5.ネットワークをリセットする

iOSデバイスで「設定」>「一般」>「リセット」に入って、「ネットワーク設定をリセット」を選択します。

ご注意:方法5を利用すると、保存されているWi-Fiのパスワードや優先するネットワーク、VPN 設定などが消去されます。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11アップデートの後モバイルデータ通信に接続できない問題の対策>

27.AirPodsが接続できない

iOS 11へアップデートしたら、AirPodsがiPhoneに接続できない不具合ができます。その場合、以下の方法をお試し下さい:

方法1.AirPodsをリセットする

Step 1.AirPodsを充電ケースに置いて、フタを閉じます。

Step 2.15 秒ほど待ってからフタを開けます。するとステータスランプが白く点滅します。

Step 3.白く点滅しない場合は、ケースの背面にあるセットアップボタンをステータスランプが白く点滅するまで押し続けます。 これでAirPodsとiPhoneのペアリングが解除され、リセットされた状態になります。

iOS 11アップデートによる不具合 - AirPodsが接続できない

iOS 11アップデートによる不具合 - AirPodsが接続できない

方法2.iPhoneを再起動する

iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)を長押しして、電源をオフにします。しばらくたったらiPhoneを再度電源を入れます。

28.Touch IDが機能しない

iOS 11へアップデートしたら、Touch IDが機能しなくなって、認証に失敗してしまうケースがあります。その場合、以下の解決策をお試し下さい:

Step 1.iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「Touch IDとパスワード」に入って、パスワードを入力します。

Step 2.「iTunes Store&App Store」をオフにします。

Step 3.iOSデバイスを再起動します。その後再度「設定」 > 「Touch IDとパスワード」に入って、「iTunes Store&App Store」をオンにします。

29. 「support.apple.com/iphone/restore」エラー

Siriと音声入力をオフにする

Siriと音声入力をオフにする

iOS 11ベータ版にアップデートする際、突然、黒い画面の上に白い文字「support.apple.com/iphone/restore」と表示され、アップデートに失敗しまったことがありますか?その場合は、以下の手順で対処してください。

方法1、iOS 11デバイスを強制再起動する

まずはiOS 11デバイスを強制再起動してみてください:

iPhone 6s以前、iPad、またはiPod touchの場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンをAppleロゴが表示されるまで同時に10秒以上押し続けます。

iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に10秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

方法2、iOSを再インストールする

再起動しても、問題はまだ解決できなくなりましたら、iOS 11を再インストールしてください。

Step 1: iTunesを最新バージョンにアップデートしてください。

Step 2: iOS 11デバイスをUSBケーブルでPCに接続 > iTunesに「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」というメッセージが表示されます。

Step 3: 「アップデート」をクリック > iOS 11を再インストールします。

方法3、復元ソフトPhoneRescueでiOS 11デバイスをリカバリーモードから復元する

以上の方法を利用してから、問題はまだ解決できないなら、復元ソフトPhoneRescue-iOSデータ復元を利用して、リカバリーモードから復元することをおすすめします。このツールを利用して、お使いのiPhoneを「support.apple.com/iphone/restore」エラーから救えます。さっそく、PhoneRescue-iOSデータ復元をダウンロードして、以下のステップに従って操作してください:

Step 1: USBケーブルを使って、iOS 11デバイスをパソコンに接続 > PhoneRescue-iOSデータ復元を起動します。

Step 2: 「iOS修復ツール」機能を選択 > 「次へ」をクリックして、iOS修復画面に入ります。

iOS 11アップデートによる不具合 - 「support.apple.com/iphone/restore」エラー

iOS 11アップデートによる不具合 - 「support.apple.com/iphone/restore」エラー

詳細はこちらをご覧ください:iPhone「support.apple.com/iphone/restore」エラー原因と対策>

30.音楽を再生する時に勝手に止まる

iOS 11へアップデートした後、iPhone/iPad/iPod touchで音楽を聴く時曲が勝手に止まる不具合が出る報告はあります。その問題を解決するために、以下の対策をお試し下さい:

1.iOSデバイスを再起動する: 再起動により多くの不具合が解決できるので、まずはiOSデバイスの電源をオフにしてから、再起動してください。

2.イヤホンを交換する: イヤホンが壊れたり、損害されたりしたら、音楽を聴くと突然止まる可能性があります。その場合、家族や友達のイヤホンで試しましょう。もし他のイヤホンを使う場合は問題がないなら、お使いのイヤホンを交換してください。

3.最新のiOSバージョンにアップデートする: iOS 11にバグがある原因で音楽が勝手に止まる場合、Appleは最新版のiOSバージョンにバグを解決するはずです。もしお使いのiPhone/iPad/iPod touchが最新版のiOSバージョンを搭載していないなら、iOSアップデートを行ってください。

4.「Siri」および「Siriと音声入力」オフにする

Siriが外部からの音に誤反応をしてしまうせいで音楽が停止される可能性はあります。従って、iPhone/iPad/iPod touchで音楽を聴く習慣があるなら、「Siri」および「Siriと音声入力」をオフにしてください。

「Siri」をオフにする方法: iOSデバイスで「設定」 > 「Siri」に入って、「Siri」をオフにします。

「Siriと音声入力」をオフにする方法: iOSデバイスで「設定」 > 「一般」 > 「機能制限」に入って、「Siriと音声入力」をオフにします。

Siriと音声入力をオフにする

Siriと音声入力をオフにする

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11で音楽の再生が勝手に止まる問題の対策>

31、iPhoneが起動しない

iOS 11へのアップデート中/後、iPhone/iPad/iPodが起動しない場合もよくあります。その悩みを解決するために、以下の内容をぜひ見逃さないでください。

方法1、iOSデバイスを強制再起動する

方法2、「リカバリーモード」から復元する

Step 1、iOSデバイスのホームボタンを押しながらUSBケーブルでパソコンに接続します。

Step 2、「iTunes」への接続画面が出たら、指を離します。

Step 3、画面に「復元」をクリックすると、iPhone/iPad/iPod touchは「リカバリーモード」から復元します。

iPhoneが起動しない

iPhoneが起動しない

方法3、iPhone/iPad/iPod touchを電源に接続する

iOS端末を電源に接続して、充電してみます。数分後、充電画面が表示されるはずです。充電した後、もう一度強制再起動してみてください。

方法4、PhoneRescue - iOSデータ復元でiOSデバイスを修復する

iOS 11へのアップデート中/後、もし以下の状況に陥ったら、PhoneRescue - iOSデータ復元を使って簡単に解決することができます。

①iOSにアップデートに失敗しました

②りんごループに陥ちます

③iOSを起動できない

④デバイスがリカバリーに入りました

PhoneRescue - iOSデータ復元であれば、数クリックだけで起動しない問題を修復できます。

さて、今すぐPhoneRescue - iOSデータ復元をダウンロードして試しませんか?

iOS 11アップデートによる不具合 - iPhoneが起動しない

iOS 11アップデートによる不具合 - iPhoneが起動しない

方法5、Appleのサポートまたは直営店に相談する

また、ボタンやデバイスが壊れたら、端末を起動しない当然でしょう。この時、Appleのサポートまたは直営店にご相談してください。

詳細はこちらをご覧ください:iOS 11へのアップデート中/後、iPhoneが起動しない時の対策>

最後に

以上はiOS 11アップデートによる不具合・バグと対処法まとめです。いかがでしょうか?もしiPhone/iPad/iPodをiOS 11へのアップデート中/後、上述の不具合・バグ・エラーがあったら、ぜひこの記事を参考してください。iOS 11を使い慣れない、iOS 10にダウングレードしたい場合、こちらへどうぞご参考を!また、もしこの記事がお役に立ちましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。