iOS 11にアップデートしたらWi-Fiの不具合の対処方法

要約

iOS 11にアップデートしたら、Wi-Fiが何か不具合に会ったことがありますか?ここでは、iOS 11にWi-Fiの不具合を対処する方法をご紹介します。

リュウラン

2017年09月20日

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iOS 9のデータを管理する便利なツール

AnyTrans – iOSデバイスのデータをパソコンで管理

あらかじめAnyTransをダウンロードしましょう。AnyTransはお使いのiPhone/iPad/iPod上のデータを簡単に転送・編集・管理できます。

iOS 11へアップデートした後、お使いのiOSデバイスがWiFiに繋がりにくくなったことはありますか?WiFiが接続できなくなったら、大変不便なんでしょう。

ここでは、iOS 11にアップデートした後iPhoneの重要なWi-Fi機能に不具合が発生したユーザーに、Wi-Fiの不具合を解決する方法をいくつかご紹介します。

iOS 11にアップデートしたらWi-Fiの不具合を解決する方法

Wi-Fiが繋がりにくくなったり、不安定だったりなどの状況に会ったら、以下の四つの方法で、Wi-Fiの不具合を解決してみましょう。

方法1、Wi-Fiをオン・オフに切り替える。Wi-Fiに接続できないとき、Wi-Fiの機能をオン・オフに切り替えてみると、効果的に繋がりにくい状態が改善するかもしれません。

方法2、ネットワーク設定をリセットする。iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「ネットワークをリセット」を選択すると、iOS 11のデバイスのネットワークをリセットしてみましょう。リセットが終わったら、Wi-Fiの設定から自身が使っているWi-Fiを選んで再度パスワードを入力して接続してください。

ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットする

方法3、iOSデバイスを再起動する。それも簡単な作業ですが、デバイスを再起動すると、よくWi-Fiの不具合や他の問題を解決できるようになります。

方法4、Wi-FiのDNSを変更する。Wi-FiのDNSをGoogle Public DNS「8.8.8.8」に変更すると、Wifiがうまく繋がらない状態を改善できると多くのユーザーにすすめられます:iPhoneで「設定」Wi-Fiに入る > 使っているWi-Fiの右の「i」をタップする>Wi-FiのDNSの数字を「8.8.8.8」に変更する。

Wi-FiのDNSを変更する

Wi-FiのDNSを変更する

お見逃しなく:iOS 11アップデートによる不具合と対処方法まとめ>

以上の設定で、iOS 11にアップデートしたらWi-Fiの不具合を解決できるようになると思います。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください