iCloudのバックアップデータを削除する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iCloudのバックアップデータを削除する方法は何ですか?次の文章で、iCloudデータの削除方法があります。続けてご覧ください。

最終更新日:2020年09月16日

iCloudというのは、iPhone/iPad/iPodのデータをバックアップし、違うiOSデバイスでデータを同期できる 素敵なツールです。しかし、iCloudの無料容量は5GBだけで、iOSデバイスでのデータが多くなると、iCloudの空き容量は段々減ってきます。その無料容量を活用するように、バックアップしなくても大丈夫なデータあるいは要らないデータをiCloudから削除したらいいと考えられます。つまり、不要なiCloudのバックアップデータを削除することで、バックアップの容量を増やすことができます。

それでは、以下の方法を参考して、iCloudのバックアップデータを削除できます。

iCloudのバックアップデータを削除する方法

ステップ1、iPhone/iPad/iPod touchの「設定」を開く>「iCloud」に入る>削除したいデータをオフにする。

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ1

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ1

注:「iPhoneに残す」のか、「iPhoneから削除」のか、自分がデータが必要なのかを判断して選択してください。

ステップ2、アプリのデータも多くのバックアップ空間を使ってしまいます。もしiCloudのアプリデータを削除したいなら、「iCloud」で次の手順に従ってください:「容量」に入る>「ストレージを管理」>削除したいアプリのデータをオフにする>「オフにして削除」をタップする。

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ2

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ2

お見逃しなく:iCloudの書類とデータを削除する方法>

最後に

iCloudのバックアップデータを削除する方法は以上です。もしiCloudに同期したデータを楽に管理したいなら、AnyTransをおすすめします。iCloudにデータをインポート・エクスポートできる以外、異なるアカウントの間でデータも転送できますから、今すぐこのソフトをダウンロードして体験しましょう!

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

最後まで読んでありがとうございます。この記事がお役に立てれば、シェアしてくれると嬉しいです。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 11, 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Monterey, macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 15,14,13,12,11,10,9,8,7,6,5