iCloudのバックアップデータを削除する方法

要約

iCloudのバックアップデータを削除する方法は何ですか?次の文章で、iCloudデータの削除方法があります。続けてご覧ください。

リュウラン

2015年03月18日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloudのデータをエクスポートする

AnyTrans – iCloudバックアップのマネージャー

今すぐAnyTransをダウンロードしてインストールしましょう。次のチュートリアルを読んだ後、AnyTransでiCloudでバックアップされるものを管理しましょう。

iCloudというのは、iPhone/iPad/iPodのデータをバックアップし、違うiOSデバイスでデータを同期できる 素敵なツールです。しかし、iCloudの無料容量は5GBだけで、iOSデバイスでのデータが多くなると、iCloudの空き容量は段々減ってきます。その無料容量を活用するように、バックアップしなくても大丈夫なデータあるいは要らないデータをiCloudから削除したらいいと考えられます。つまり、不要なiCloudのバックアップデータを削除することで、バックアップの容量を増やすことができます。

それでは、以下の方法を参考して、iCloudのバックアップデータを削除できます。

iCloudのバックアップデータを削除する方法

ステップ1、iPhone/iPad/iPod touchの「設定」を開く>「iCloud」に入る>削除したいデータをオフにする。

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ1

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ1

注:「iPhoneに残す」のか、「iPhoneから削除」のか、自分がデータが必要なのかを判断して選択してください。

ステップ2、アプリのデータも多くのバックアップ空間を使ってしまいます。もしiCloudのアプリデータを削除したいなら、「iCloud」で次の手順に従ってください:「容量」に入る>「ストレージを管理」>削除したいアプリのデータをオフにする>「オフにして削除」をタップする。

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ2

iCloudのバックアップデータを削除する ステップ2

お見逃しなく:iCloudの書類とデータを削除する方法>

iCloudのバックアップデータを削除する方法は以上です。iCloudのバックアップは全体的に行われますから、別々のデータを閲覧・確認することができません。そのような時、AnyTransはiCloudのデータを見ることに役立ちます。今すぐAnyTransをスタートしましょう> もしAnyTransについて何か質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください