iCloudの書類とデータを削除する方法

iCloudの容量を消費している書類とデータはどうすれば削除できますか?このガイドは、iCloudの書類とデータの減らし方をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年06月03日

iCloudストレージには、Keynote/Pages/Numbersや他のiCloudに対応しているアプリの書類とデータを保存できます。iPhoneやiPadに操作したらすぐにiCloudに同期されるので、知らないうちに書類とデータがいっぱい保存された場合はありますね。

しかし、iCloudの無料容量は5GBだけですから、書類とデータが多過ぎると空き容量をたくさん消費しているなら困るでしょう。または不要なファイルを削除したい場合もあるでしょう。その場合はどうすればいいですか。このガイドは、iCloudから書類とデータを削除する方法を詳しくご紹介します。

iCloudの書類とデータを削除する方法

ステップ1、iPhone/iPad/iPod touchで「設定」アプリ > 「iCloud」 > 「容量」に入ります。

iCloud容量に入る

iCloud容量に入る

ステップ2、「ストレージを管理」に入ります > 「書類およびデータ」セクションにiCloudに保存されている書類とデータが表示されます。

iCloudの書類およびデータを確認する

iCloudの書類およびデータを確認する

ステップ3、不要な書類とデータに入って、「編集」 > 「すべて削除」 > 「完了」をタップします。すると、iCloudから書類とデータが削除されます。

iCloudの書類とデータを削除する

iCloudの書類とデータを削除する

最後に

以上はiCloudから書類とデータを削除する方法です。もしこの記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブにシェアしてくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。