iCloudの書類とデータを削除する方法

要約

iCloudに保存されている書類とデータが不要になったら、どうすれば削除できますか?次のガイドには、詳しい操作方法があります。

リュウラン

2015年03月13日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloudからデータをダウンロードする

AnyTrans – iOSデバイスの強力な管理ツール 

AnyTransをダウンロードして、この文章を読んだ後、iCloudの書類とデータを削除する方法を試しませんか。

iCloudというのは、Appleによるオンライン同期のためのクラウドサービスです。WI-FIを通じて、iPhone/iPad/iPodのデータをクラウドに保存してします。iOSデバイスの写真、アプリケーション、カレンダー、書類などデータをiCloudでバックアップできで、必要なときデバイスへ復元できます。

しかし、iCloudの無料容量は5GBだけですから、知らず知らずのうちにストレージがいっぱいになってしまいます。その時、お金をかけてもっと多くの容量を買いますか?それともiCloudで不要なデータを削除して、使用するiCloudストレージスペースを減らしますか?お金を節約するために、たぶん多くのユーザーはiCloudの不要なデータを削除することにしたいでしょう。

iCloudのデータの中で、一つよく注意されるのは、iCloudの書類とデータです。ビジネスや日常生活に、iPhoneで書類とデータを保存して閲覧することがあるでしょう。しかし、その書類とデータをいらないとき、iデバイスから削除しても、iCloudに保存されたものはそもままiCloudに残っています。それらのもう必要ではないデータを削除すると、iCloudのスペースを解放できます。ここで、iCloudの書類とデータを削除する方法を詳しく説明します。

お見逃しなく:iPadの連絡先をiPhoneに転送する方法>

iCloudの書類とデータを削除する方法

ステップ1、iPhoneで設定をクリックする>「iCloud」を選択する。

ステップ2、iCloudをログインして、容量をクリックする。

iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ1と2

iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ1と2

ステップ3、「ストレージを管理」に入る>「書類およびデータ」を選択する。

iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ3

iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ3

ステップ4、右上の「編集」をクリックする>削除したい書類とデータを削除する。

 iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ4

iCloudの書類とデータを削除する方法 ステップ4

注:

― iCloudの書類とデータを削除すると、ただちにお使いのすべてのデバイスから完全に削除されますので、重要なデータを誤削除されないようにご注意ください。

お見逃しなく:iPhoneのメッセージをバックアップするには>

AnyTransを使って、iCloud上のファイルとデータを直接に閲覧することができます。さらに、iCloudからダウンロードして、パソコンで保存することもできます。それではさっそく、AnyTransを使ってみましょうか?もしこの文章に何かご質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください