Macのデータを完全削除!復元できない方法のまとめ

この記事でMacのデータを完全に削除する方法をご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年01月04日

新しい機種に交換した等、古いMac を売却、譲渡する際に、個人情報を漏洩しないようにMacの中の情報を削除して、出荷時の設定に復元する必要があります。しかし、実は一度Macの初期化しても、一部隠しているデータが残すことご存知でしょうか?この記事でMacのデータを完全に削除する方法をご紹介します。

Macのデータを削除する前に

1、 iCloudへのバックアップ

データの復元ができませんので、残しておきたいデータがある場合、削除する前必ずバックアップを取りましょう。iCloud Drive機能を利用して、App、音楽、写真、メール、書類など、個人のデータ等をバックアップできます。
Step1. MacのApple メニューから「システム環境設定」を開き、「Apple ID」をクリックします。
Step2.「iCloud」を選択して、Apple IDをサインインします。
Step3.iCloud Driveを選択して、バックアップしたいデータにチェックを入れます。

 iCloudへのバックアップ

iCloudへのバックアップ

2、各種アプリから認証解除及びサインアウト

Macとその他のアップル製品の端末との連携を解除するために、各種アプリからサインアウトする必要があります。

iTunesから認証解除する

iTunesから認証解除する

iTunesから認証解除する

iTunes画面上部のメニューバーから「アカウント」>「認証」>「このコンピュータの認証を解除」をクリックします。Apple IDでサインインして、「認証を解除」をクリックします。

iCloud からサインアウトする

Apple メニューから「システム環境設定」>「iCloud」を選択して、iCloud画面から「サインアウト」をクリックすると、iCloud データのコピーを Mac に残しておくかどうかを確認するメッセージが表示されます。この後全てのデータを削除予定の場合、コピー残しても問題ないです。

iCloud からサインアウトする

iCloud からサインアウトする

iMessage からサインアウトする

メッセージアプリのメニューバーから「メッセージ」>「環境設定」>「iMessage」を選択して、iMessageの画面から「サインアウト」をクリックします。

Bluetooth デバイスのペアリングを解除する

Apple メニューから「システム環境設定」>「Bluetooth」を選択して、「Bluetooth」画面からペアリングを解除するデバイスの上にポインタを置いて、デバイス名の横に表示される削除 (x) ボタンをクリックします。

Macのデータを削除する方法

Mac を消去する

Mac を消去する

1、ディスクユーティリティを使ってMac を消去する
上記の事前準備が終わりましたら、次はMac に内蔵されている起動ディスクを消去する方法をご紹介します。この手順ではインターネットの接続が必要になりますので、実行する前に確認してください。
Step1.Mac の電源を入れすぐcommandボタン + option + Rボタンを押しながら、Macを再起動させます。Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

Step2.ユーザーの選択画面からユーザーを選択して、管理者パスワード入力します。

Step3.「ディスクユーティリティ」を選択して、「続ける」をクリックします。

Step4.画面左側のサイドバーの「内蔵」から「Macintosh HD」というボリュームをクリックします。

Step5.画面上部のツールバーの「消去」ボタンをクリックして、ボリュームの名前が編集できます。再度「消去」ボタンをクリックします。

Mac を消去する

Mac を消去する

Step6.Apple ID入力画面が表示されたらIDとパスワードを入力してください。

Step7.消去が完了しましたら、ディスクユーティリティで内蔵ボリュームを追加したことがある場合は、それらサイドバーの「内蔵」からを削除 (-)します。

Step8. 全て削除がおわったら、macOS を再インストールしますので、ユーティリティウインドウから「macOS を再インストール」を選択して、「続ける」をクリックします。

macOS を再インストール

macOS を再インストール

Step9.インストールが終わったら、Mac が再起動して設定アシスタントが表示されます。ここまでは初期化が終了となります。

なお、上記の手順で、Macの初期化が完了していますが、1回だけ初期化を実施することで、データが残ってしまう可能性がありますので、先ほどの「ディスクユーティリティ」には「セキュリティオプション」の選択肢があります、「7回消去」「35回消去」等が選択できます。まさか「35回消去」してデータが残らないでしょうが、回数を増やすとかなりの時間がかかります。

簡単かつ迅速にMacを完全消去するには、データ削除の専門ツールをご紹介したいと思います。

MacCleanを使ってMac を完全消去する

Macの初期化により削除されたデータは、特別のソフトウェアを使えば復元できます。重要な個人情報を守るため、Macのデータを完全に消去して復元されないようにする必要があります。ここで、データ削除の専門ツールMacCleanをおすすめします。

MacCleanは必要に応じて3つの消去標準を用意してあります。Macのデータを復元されないようにするには、トップのセキュリティ消去モードを勧めします。データの完全削除だけでなく、ウイルス対応、重複/不要なファイルを削除、メンテナンスなど10つ以上の機能があります。Macユーザーにとって非常に便利なツールです。今すぐMacCleanをダウンロードして試して、Macを最適化にしましょう!

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

Mac を完全消去する

Mac を完全消去する

まとめ

以上、Macのデータを完全に削除する方法をご紹介しました。MacBookを売却、譲渡たいとき、初期化事前準備及びデータの削除を徹底しましょう!専門ツールを利用することで、心配なく全てのデータを削除できますし、時間も節約できますので、ぜひ試してみてください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン