iPhoneストレージから 「その他」の消し方まとめ

iPhoneを使えば使うほど、「その他」というファイルが大きくなることに気づきましたか?ここでは、iPhone/iPadから「その他」内の不要ファイルを削除して空き容量を増やす方法をまとめてご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2021年02月26日

iPhoneのストレージの中でその他っていう部分の削除方法どなたかご存知ですか?

– Yahoo知恵袋

iPhoneユーザーの皆さんは上記のような問題に合うことがありませんか?iPhoneやiPadを長く使うと、「その他」データがいっぱいになって容量を圧迫します。写真や動画のように削除して容量を開放したいが、削除方法がわからないので困っていますね。したがって、ここで、iPhoneストレージの「その他」について紹介して、その消し方も3つまとめてご紹介したいと思います。

Part 1: iPhoneストレージにある「その他」とは

その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。

 – Appleの公式サイトより

あるいは、iPhone/iPadストレージのその他には、キャッシュデータや削除したファイルのログなど大切ではないゴミデータがいっぱい保存されています。特に、音楽やビデオ、写真などを再生したり、表示したりする場合に、キャッシュデータが作成されます。

そこで、アイフォンを長く使うと、ストレージ内にある「その他」データがだんだん溜まってストレージの容量を圧迫します。

Part 2: iPhoneの「その他」を確認するには

それでは、iPhone/iPadストレージの「その他」のデータ容量を確認したい場合に、どうすればよいのでしょうか?iPhone本体とパソコンの両方から確認することができます。

iPhone本体での確認手順

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして、グレイ色の項目は「その他」です。

iPhoneの「その他」を確認

iPhoneの「その他」を確認

パソコンでの確認手順

  1. iPhone/iPadをパソコンと接続します。
  2. パソコンでiTunesを起動します。
  3. スマホアイコンをクリックして表示される黄色の帯で確認できます。
iTunesでその他を確認

iTunesでその他を確認

Part 3: iPhoneから「その他」を削除する方法まとめ

iPhone/iPadストレージのその他を削除するには、いくつかの方法がありますので、ここで、3つの方法をまとめてご紹介します。それでは、早速iPhoneからその他の消し方を一緒に見てみましょう!

方法1、デバイスを再起動

iPhone内のゴミファイルを削除するには、お使いのデバイスを再起動するのは最簡単な方法です。iPhoneを再起動すれば、一部のデータを削除できますが、異なる機種で方法が違いますから、次の記事をご参考ください: 【全iPhoneまとめ】iPhoneの再起動と強制再起動のやり方>

iPhoneを再起動

iPhoneを再起動

iOSデバイスを再起動してその他を削除することは確かに手軽に操作できますが、削除できないや削除してから急に増加することもありますから、その場合に、次の方法2を試してください。

方法2、iPhoneを初期化して復元

iPhone/iPadストレージの「その他」の消し方には、iPhoneを初期化して復元するのは一番確実な方法です。具体的な操作方法は、次の部分でご紹介します。

1. iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。

2. iTunesを起動してデバイスアイコンをクリックします。

3. 「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックしてパスワードを設定します。

4. 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneを完全にバックアップします。

iTunesでiPhoneをバックアップ

iTunesでiPhoneをバックアップ

5. 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」という順でタップします。

6. 「iPhoneを消去」を選択してiPhoneの初期化が開始されます。

iPhoneを初期化する

iPhoneを初期化する

7. 初期化したiPhoneをもう一度パソコンと接続してiTunesを開きます。

8. 「このバックアップから復元」にチェックを入れて最新のバックアップを選択して続ける」をクリックします。

バックアップからiPhoneデータを復元

バックアップからiPhoneデータを復元

9. 復元が完了したら、iTunesでもう一度確認してみてください。すると、「その他」の一部が削除され、空き容量を増加できます。

iTunesでもう一度確認

iTunesでもう一度確認

そうすると、iPhoneストレージの「その他」の大部分を削除することができます。

しかし、iTunesでデータを完全復元する場合に、「その他」の一部も復元しますので、ここで、バックアップから必要なデータだけを選択して復元できる方法をご紹介します。

追加:iTunesバックアップからデータを選択して復元する方法

バックアップからデータを選択して復元したいなら、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト – AnyTransを利用する必要があります。

写真をはじめ、ムービー、カレンダーや着信音など12種類のデータを個別に復元でき、「その他」の削除に役立っています。しかし、iPhone設定を復元することはできませんから、ご注意ください。

選択復元の手順

1. 初期化したiPhoneをパソコンと接続して、AnyTransをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2. 「バックアップ管理」項目に入って、「バックアップ履歴」項目でバックアップしたデータを確認します。

バックアップ履歴を確認

バックアップ履歴を確認

3. 復元したいバックアップデータを選択して右にある「開く」ボタンをクリックします。

「開く」をクリック

「開く」をクリック

5. 確認画面の左側でデータ種類を選択して右側で確認できます。

6. 復元したいデータを選択して右上の「デバイスへ」ボタンをクリックします。

復元したいデータを選択

復元したいデータを選択

すると、iTunesバックアップからデータを個別に復元することができ、「その他」データを同時に復元することがありません。

もしバックアップのデータを確認して個別に復元したいなら、今すぐこのソフトをダウンロードして使ってみてください。

方法3、アプリに溜まった不要ファイルを削除

「その他」にはインストールされているアプリ内のキャッシュデータや不要ファイルもたくさんありますから、その他を削除したいなら、iPhoneアプリの使用容量を確認して整理する必要があります。

「おすすめ」の提示によってアプリを整理

「iPhoneストレージ」に「おすすめ」項目があり、ストレージを最大限に節約するための方法が提示されて、アプリの整理に迷っています場合に、それを参考になります。

手順:「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」>「おすすめ」項目で「非使用のAppを取り除く」を有効にします。

「おすすめ」の提示によってアプリを整理

「おすすめ」の提示によってアプリを整理

手動でアプリの使用状況を確認して整理

手順:お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップします。アプリの使用状況を確認します。

不自然に容量の多いアプリなら、削除して再インストールします。

使っていないアプリなら、状況によって「Appを取り除く」や「Appを削除」をタップして消します。

すると、アプリ内のキャッシュデータを削除でき、「その他」も消します。

iPhoneアプリを整理する

iPhoneアプリを整理する

  • 「Appを取り除く」をタップしたらアプリ本体だけを削除します。
  • 「Appを削除」をタップしたらアプリ本体以外、書類とデータなどすべてのデータを削除します。

しかし、もしお使いのiPhone/iPadでアプリがいっぱいで、1つずつで確認するのは面倒ですから、AnyTransなら、アプリを自由に選択してアンインストールできますから、おすすめします:AnyTransでアプリを管理する方法>

選択されたアプリがiPadから削除

選択されたアプリがiPadから削除

iPhoneの容量を増やしたいなら、「その他」を削除するだけでなく、他の方法もありますから、次の記事を参考にしてください: 10の方法でiPhone&iPadの容量不足問題を解消>

ビデオで手順を参考には:

最後に

以上はiPhoneストレージから「その他」の確認と消し方のまとめです。いかがでしょうか?もしiPhoneを使っている皆さんは同じ問題にあったら、ぜひ上記の方法を使ってみてください。そして、「その他」を徹底的に削除したいなら、iPhoneを初期化してから、AnyTrans をダウンロードしてデータを個別に復元することをおすすめします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。