iOS 9からiOS 8にダウングレードする方法

iOS 9からiOS 8にダウングレードする方法

[2016年09月19日]

残念ですが、「iOS 10」のリリースに伴い、「iOS 9.3.4」のSignature Hash(SHSH)の発行が終了しました。iOS 9.3.5以前のバージョンは署名が停止されているのでダウングレードができないということになります。

そのため、現在は「iOS 9」から「iOS 8」へのダウングレードは不可能になりました。「iOS 10」から「iOS 9.3.5」へのダウングレードだけができるので、ご注意ください。

AppleはiOS 9を正式にリリースしました。最新バージョン「iOS 9」では、Apple公式のニュースアプリ「News」の登場や、公式のマップアプリでの乗換案内機能のサポート、iPadでの画面分割マルチタスキングなど、さまざまな新機能が追加&強化されます。しかし、iOS 9にアップデートした後、一部分のユーザーの間で「前バージョンのiOS 8に比べてiOS 9の動作が遅くなる」「アプリがちゃんと動かないことがある」などのバグが報告されています。

上記のような不具合を解消するには、以前のバージョンのiOS 8に戻したい人が多いでしょう。ここでは、iOS 9からiOS 8にダウングレードする詳細な方法をご説明します。すでにiOS 9へアップグレードしてしまった人は、以下の手順でダウングレード可能です。そのほか、iOS 9にアップグレードしないでその不具合を解消したい方は、以下のチュートリアルを参照してください: iOS 9で最もよく見られる不具合と対処法まとめ >

iOS 8にダウングレードする前の事前注意  必要なツール iOS 9からiOS 8へスムーズにダウングレードする方法

iOS 8にダウングレードする前の事前注意

iOS 9からiOS 8にダウングレードする

 iOS 9からiOS 8にダウングレードする

iOS 8にダウングレードした後、iOS 9バックアップからデバイスを復元したり、バックアップを直接使用したりすることができなくて困っていますか?そういう時、iOSバックアップ抽出ツール - PhoneRescueを使えば、iTunesやiCloudのバックアップから写真、メッセージ、連絡先、メモ、カレンダーイベントなどほとんどのデータをエクスポートできます。

iPhone/iPadの紛失したデータは、PhoneRescueで簡単に復元できる!

  • バックアップを取っていない場合 - 「iOSデバイスからリカバリー」モードで復元可能
  • バックアップを取っていた場合 - 「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」モードで復元可能
  • 「iOS修復ツール」 - iPhone/iPad/iPod touchの黒い画面、白い画面、クラッシュ画面、リンゴループや再起動を繰り返す症状を修復
  • iPhone・iPad内に直接復元 - PCだけでなく、データを直接iOSデバイスに戻すこともできる
  • 多種多様なデータ - メッセージ/連絡先/メモ/写真/カレンダー/Safariブックマーク/通話履歴などに対応
  • 個別復元 - 復元したいデータをピンポイントで選べる
  • プレビュー - 復元可能なデータやiTunes/iCloudバックアップデータが一覧で表示

ダウンロード詳細を見る

必要なツール 

iOS 9からiOS 8へスムーズにダウングレードするには、次のものが必要です:

iOS 9からiOS 8へスムーズにダウングレードする方法

まず自分のデバイスのiOSはiOS 9か確認してください。

ステップ1: iPhone、iPadのデータを完全にバックアップします。

このガイドにしたがって、お使いのデバイスから音楽、ビデオ、ムービーやメッセージなどすべてのコンテンツをバックアップしましょう!

ステップ2: 次の手順で「iPhone/iPadを探す」をオフにする:「設定」 > 「iCloud」 > 「iPhone/iPadを探す」をオフにします。

ステップ3: このウェブサイト上からiPhoneやiPad用最新バージョンのiOS 8.4.1のファームウェアをダウンロードします。次の図が示すように、このウェブサイトであなたがダウングレードしたいiOSバージョンはまだ「署名」しているかとすぐ分かります。

iPhone/iPad用ファームウェアをダウンロードする - iOS 9からダウングレード

iPhone/iPad用ファームウェアをダウンロードする - iOS 9からダウングレード

ステップ4: USBケーブルでiPhone/iPadをコンピュータに接続します。それから、コンピュータ上のiTunesを起動します。

ステップ5: 一旦接続されると、お使いのiPhone/iPadをDFUモードにします:電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す > AppleロゴがiOSデバイスの画面上に表示されたら、電源ボタンを解除 > 「iTunesはリカバリモードのiPhone/iPadを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」と書いたiTunesウインドウが表示されるまで、ホームボタンを続けて押します。

iPhone/iPadをDFUモードにする - iOS 9からダウングレード

iPhone/iPadをDFUモードにする - iOS 9からダウングレード

ステップ6: 「OK」をクリックします。iPhone/iPadの画面が黒いままになります。

ステップ7: iTunesで、「概要」タブをクリック > 「iPhoneを復元」ボタンをWindowsであれば「Shift」を押しながらクリック、MacであればAlt/Optionを押しながらクリックします。

ステップ8: ダウングレードした「IPSWファイル」を選択します。

ステップ9: 「復元」ボタンをクリック > ダウングレードプロセスが開始します。

ステップ10: ダウングレードが終了したら、自動的に再起動されます。

ご注意: 現在ダウングレードできるのはiOS 8.4.1までとなっています。

iOS 9アップデートについて - 関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください

iOS 9にアップデートする

1. 概要

2. iOS 9とiOS 8どちらがいいのか

3. iOS 9アップデート前のやるべきこと

4. iOS 9にアップデートする方法

5. iOS 9にアップデートしたらすべきこと

6 iOS 8にダウングレードする方法